黒ずみと言えば、顔や腕にできることが多いのですが、脚にもできることがあります。

黒ずみが気になって、丈の短いズボンやスカートをはけずに悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。

脚(足)が黒ずんでいるのであれば、普段の生活に問題があるかもしれません。

生活を見直すだけで、脚の黒ずみができにくくなる可能性があります。

ちょっとしたことで悩みを解消できるかもしれないので、ぜひ実践してください。

ここでは、脚にできる黒ずみの原因と解消方法をご紹介します。

黒ずみの原因

肌が刺激を受けると黒ずむことがあります。

この場合の黒ずみの原因は、メラニン色素の沈着です。

メラニン色素は、肌の奥にあるメラノサイトから分泌される色素で、シミやくまなど様々なトラブルの原因になります。

しかし、メラニン色素は必ずしも悪いものとは言い切れません。

なぜなら、メラニン色素は紫外線や摩擦などの刺激から肌を守る役割を果たしているからです。

例えば、紫外線を受けると肌の奥深くにある細胞のDNAが悪影響を受け、がん細胞の生成が促されてしまいます。

メラニン色素によって紫外線の肌内部への侵入が防がれることで、皮膚がんのリスクが大きく上がることがなくなるのです。

白色人種は皮膚がんにかかる人が多いとされているのですが、これはメラニン色素の分泌が少ないためといわれています。

肌や髪の色は、メラニン色素の比率によって決まるのです。

このように、メラニン色素は健康を守るために必要なものですが、ターンオーバーが乱れていると自然に排出できず、肌に沈着してしまうことがあります。

ターンオーバーは

  • 加齢
  • 生活習慣の乱れ
  • 偏食

など様々な原因で乱れるため、シミや黒ずみ、くまなどに悩む方が多いのです。

 

脚の黒ずみの原因

脚は、顔や腕と比べて紫外線を受けにくい部位です。

短いスカートなどをはいている場合は、スネやふくらはぎに黒ずみができることがありますが、紫外線よりは摩擦による黒ずみの方が起こりやすいです。

例えば、あぐらをかいていると、くるぶしが床に摩擦されて刺激を受けます。

また、正座をしているとスネが床に摩擦されます。

このように、床に座ることが多い方は脚が黒ずみやすいと考えられるのです。

仕事上、どうしても床に座らなければならないのであれば、少しでも黒ずみができにくくなるようにタイツや長ズボン、長いスカートをはくようにしましょう。

 

脚の黒ずみの解消方法

脚の黒ずみの解消方法は、他の部位の黒ずみとほとんど同じです。

肌のターンオーバーを促してメラニン色素が排出されやすい状態を作りましょう。

ターンオーバーを整えるために

  • 十分な睡眠
  • 栄養バランスのとれた食事
  • 適度な運動習慣

などを心がけてください。

特に睡眠は肌の調子と大きく関わっているので、夜更かしは避けましょう。

睡眠不足になると、黒ずみだけではなくニキビや湿疹などもできやすくなります。

これは、肌のターンオーバーに関わる成長ホルモンの分泌が低下することで起こります。

成長ホルモンは、入眠から3時間のうち熟睡しているときに分泌が増えるので、快適な睡眠環境を作ることが大切です。

暑かったり寒かったりすると、眠りが浅くなってしまいます。

室温や湿度は適正に保ちましょう。

そして、騒音で眠れないのであれば、耳栓をすることをおすすめします。

食事は

  • ミネラル
  • ビタミン
  • タンパク質

が不足しないよう緑黄色野菜とたんぱく源をバランスよく摂りましょう。

タンパク質は

  • 肉類
  • 魚類
  • 大豆類

に多く含まれています。

肉類の摂り過ぎは脂質の摂り過ぎに繋がるので、大豆でタンパク質を補うことをおすすめします。

運動については

  • ウォーキング
  • ジョギング
  • 水泳
  • サイクリング
  • ヨガ

など好きな有酸素運動を行ってください。

日ごろから運動していないのであれば、手軽なウォーキングやヨガから始めるとよいでしょう。

 

美白成分やレーザーを活用する

メラニン色素を還元する美白成分が含まれた

  • 洗顔料
  • 化粧水
  • 乳液
  • クリーム
  • 美容液
  • ファンデーション

などを使用しましょう。

美白成分には

  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタエキス
  • エラグ酸
  • コウジ酸

などがあります。

このような化粧品で外側からメラニン色素にアプローチをかけると共に、生活習慣を整えて身体の内側からアプローチをかけることで、黒ずみを効率よく解消できるでしょう。

また、クリニックでレーザー治療やイオン導入を受けるのもおすすめです。

レーザー治療は、レーザーでメラニン色素を破壊することで黒ずみを薄くする治療です。

照射するときに痛みを伴いますが、麻酔をしてもらえるので心配はいりません。

ただし、レーザーは複数回の照射が必要であるため、通院の手間がかかります。

費用も1回あたり2~4万円と高額なので、できるだけ黒ずみを作らないようにしましょう。

イオン導入は、微弱電流を利用して美白成分を肌に浸透しやすくする方法です。

どれだけ効果が高いとされる美白成分でも、肌に浸透しなければ効果を発揮できません。

なかなか黒ずみが消えずに悩んでいるのであれば、クリニックで治療を受けましょう。