口コミで洗顔料を泡洗顔にしてみたら、角質の黒ずみまで綺麗に消えた!

という話がありますが、本当に泡洗顔はよい洗顔方法なのでしょうか?

個人の使用感によって感想が異なる泡洗顔。

どういった点に注意したらよいのかをご紹介していきましょう。

 

洗顔は角質の汚れを取り除くもの


毎日顔を洗顔する時、どんな洗顔方法を行っていますか?

洗顔はそもそも顔や毛穴にもぐりこんだ汚れを掃除して、角質が溜まっていかないようにするものですよね。

洗顔は美肌を作るための基本中の基本です。

ところが、多くの方は、洗顔の時に肌をゴシゴシして擦ってしまい、肌に傷をつけていることがあります。

汚れどころか、肌の表面を大切に保護して欲しい皮脂成分まで、洗顔で落としきってしまうので、洗顔方法はとても重要です。

もし皮脂を取りすぎてしまったら、肌は逆に乾燥肌に傾いてしまいます。

そこで肌に摩擦を加えにくい、泡洗顔というものが流行りだしました。

 

泡洗顔の効果を上げるにはどうしたらいい?


泡洗顔を行う時は、摩擦がかかりにくいから泡洗顔を行うのです。

でも誤った認識をしていると、泡洗顔をしても逆効果になることがあるのです。

泡洗顔で肌の負担を減らし、美肌効果をねらうには、やはりやり方に工夫が必要です。

泡をたてる

泡洗顔の最も大切な、泡をたてるというやり方は、ブクブクと泡がでればでるほど良いというわけではありません。

泡がたっぷりでようがでまいが、じつは洗浄力は同じなのです。

また、泡を立てれば立てるほど、洗浄力は劣ってくるそうです。

きめの細かい泡ができると、肌の毛穴部分にはいって、角質まで洗浄してくれます。

確かにそれはよいことなのですが、洗顔料が合成界面活性剤を使っていると、洗浄力が強すぎて、皮膚を乾燥させたり、荒らしたりしてしまうのです。

合成界面活性剤というものは、石油からできています。

また合成界面活性剤は、人工的に泡立ちをよくする成分が含まれていることが多いです。

日常でいえば、

  • 台所用せっけん
  • 浴用石鹸
  • シャンプー

等に使われている成分です。

これらと同じ成分で、顔を洗いたいと思いますか?

できればせっけんをつかった洗顔料で、顔をあらうようにしましょう。

せっけんでも泡だてネットを使うと、泡がたちます。

せっけんは動植物からの油脂でできているアルカリ性です。

肌は弱酸性なので、アルカリ性の洗顔料を使うと、汚れが非常に良く落ちます。

しかしこれも洗いすぎないことが大切です。

このせっけんをつかった適度な泡を使って、洗顔を行うと、皮脂や外部からのほこりや汚れなども自然に落ちていきます。

泡タイプの洗顔料をつける

泡タイプの洗顔料は、ポンプ式になっていて初めから泡が出てくるタイプで、泡立てる手間がなく、均一化して泡がでてくるので便利ですよね。

泡タイプの洗顔料をつけるのもおすすめですが、これも合成界面活性剤がつかわれていることが多いので、含まれていないタイプを選んで使用しましょう。

 

泡洗顔でよくない効果がでてしまう場合は?


泡洗顔でよくない効果が出てしまう場合は、

  • 泡をモコモコたて過ぎ
  • 合成界面活性剤をつかった洗顔料
  • 泡でゴシゴシ擦り洗顔

などが挙げられます。

肌は角質層でできていて、さらに皮脂、天然保湿因子(NMF)、角質細胞間脂質の3層でなりたっています。

この角質層が外からの刺激から肌を守るバリア機能を持っており、皮膚から水分が蒸発しないように、バリアをしています。

合成界面活性剤はタンパク質を溶かしてしまう働きがあるので、角質層を傷つけてしまうことがあるのです。

だから泡洗顔が本当に良いのか悪いのかは、やり方次第になります。

洗顔ブラシを使ってお肌を傷つけずに洗顔もオススメです!

洗顔ブラシの中でもオススメなのがリファクリア!

毛穴に5本もの毛先が入る極細仕様の熊野筆を使っているため、毛穴に入り込んで角栓をかき出してくれます。

イオンの力で汚れを浮かせて、3Dに振動させて洗顔するため、肌への負担をかけずに洗顔できますよ。

洗い上がりもつっぱらず、肌もワントーンアップ!

毛穴の汚れによるくすみに悩んでいる方にはピッタリのアイテムですよ!

⇒リファクリアの公式サイト

 

口コミで人気のおすすめ泡洗顔料

豆腐の盛田屋 豆乳せっけん自然生活

「豆腐の盛田屋 豆乳せっけん自然生活」は成分が

  • カリ含有石けん素地
  • クエン酸
  • 乳酸桿菌
  • 豆乳発酵液

をはじめとする安心な成分を配合したせっけん洗顔料です。

「豆乳せっけん」は天然の湧水から作られた昔ながらの釜炊き枠練り製法を使った丁寧なてづくりせっけんです。

機械でつくったせっけんだと、美容成分の9割以上が石けん素地なので、美容成分が入れ込めませんが、豆乳石鹸では、てづくりなので美容成分を3~4割もアップさせて配合することができ、泡立ちがよい泡洗顔ができます。

⇒商品のご購入はこちら

ENHANCIAL(エンハンシャル)洗顔粉

「ENHANCIAL(エンハンシャル)洗顔粉」は、パウダータイプの洗顔料です。

新聞やメディアにも登場した口コミ№1の商品です。

特殊な製法を使い、防腐剤の添加がないのに、商品のもちは3年あまりと優れた保存性をもっている洗顔粉です。

成分は

  • 石ケン素地(パームやし油)
  • マグマ塩
  • ヨモギエキス
  • シソエキス
  • ビワ葉エキス
  • モモの葉エキス
  • 烈香杜鵑(レッコウトケン)

と天然成分を配合しただけ。

もちろん合成着色料無着色で合成香料無香料です。

温泉のような香りがして、癒し効果も抜群。

肌もつるつるになりリピートしたいと口コミが多い商品です。

⇒商品のご購入はこちら

 

まとめ

泡洗顔というと、きめ細やかな泡で角質の奥のよごれまで取り除いてくれるような気がしますが、実はやり過ぎると逆に肌のバリア機能が低下して、皮脂が多くなり角栓が増えてしまうのです。

そしてバリア機能を失った肌は乾燥肌になってしまいます。

こうならないように、日頃から泡を使った洗顔の時には、泡を立てすぎない、せっけん素地の洗顔料を使う、擦り洗いをしないということを守って洗顔すれば、美肌を保つことができますよ。