みなさんは『バナジウム』というワードは一度には目にしたことはあるのではないでしょうか。

「そういえばコンビニやスーパーでよく目にする飲料水に『バナジウム』という言葉が書いてあったかもしれない」と思うくらいではないでしょうか。

いったいバナジウムとはなんでしょうか。

バナジウムについていろいろ調べてみたので是非参考にしてみてくださいね。

 

バナジウムってどんなもの?


バナジウムとは、カルシウム、マグネシウム等と同様のミネラル成分です。

バナジウムは、体をつくる成分として必要不可欠なものとなっております。

主に

  1. 心臓
  2. 腎臓
  3. 肝臓
  4. 脊髄

などに作用しています。

またバナジウムは体の中でインスリンと同じ働きをします。

バナジウムを摂取することによる一番のメリットは、コレステロール値を下げる効果があります。

肥満や運動不足、ストレスから引き起こす動脈硬化の予防にも効果的です。

また体の中で血糖値をコントロールする働きがあるため、糖尿病予防にも効果があります。

日々コレステロール値を気にされている方、健康促進を積極的に考えている方は意識してバナジウムを摂取することをオススメします。

 

 

バナジウムがたくさん含まれている食品は?

どんな食品にバナジウムが多く含まれているか頭に入れておけば食卓で意識して摂取できますよね。

アサリ

アサリにはたくさんのバナジウムを含み、他にも

  1. カルシウム
  2. カリウム
  3. 亜鉛

等体に必要な栄養分がたっぷりと含まれているのです。

効果的に栄養を摂取する方法を知っておきましょう。

アサリは水から徐々に温めることで旨味がよく出ます。

加熱した時に旨味成分が出てきます。

その中には先程ご紹介した栄養分がたっぷり含まれています。

そのため、煮汁は捨ててしまってはもったいないです。

煮汁も炊き込みご飯、お味噌汁、酒蒸し、クラムチャウダーに入れることでしっかりと栄養を摂取することができます。

是非試してみて下さい。

またアサリに含まれる栄養分は

  1. タンパク質
  2. ビタミンC
  3. ビタミンD

一緒に摂取することで効果を十分に引き出してくれます。

トマト煮込みやトマトとアサリのパスタもオススメです。

 

乾燥わかめや昆布などの海産物

昆布やわかめはいろんな料理に入れることができますよね。

昆布は、豊富な栄養成分を効率よく摂取できる料理方法は王道の味噌汁の出汁として調理する方法です。

また、おでんに入っている煮込み昆布を食べることでも効果は得ることができます。

わかめは酢の物と調理することによってわかめの中に含まれる食物繊維が柔らかくなり、より血圧やコレステロールを下げる役割が高まります。

乾燥わかめや昆布は内蔵脂肪を減らす働きもしてくれます。

バナジウムも含み、かつダイエットも一緒にできてしまうなんて嬉しいですよね。

 

マッシュルーム

マッシュルームは選び方が重要です。

少し指で押したときに弾力があるものや色が変色していないものを選びましょう。

マッシュルームは加熱しすぎると栄養分が損なわれてしまいます。

加熱時間は短めで調理するようにしましょう。

また、香りのごま油と調理すると体にも良いしおいしく仕上がります。

 

パセリ

良くハンバーグなどの横にそえられているパセリですが食べずに捨ててしまいがちではないでしょうか。

飾るだけじゃもったいないですよ。

パセリはバナジウムが含まれているだけではなく鉄分も豊富に含まれています。

パセリは独特の風味がありますよね。

パセリを加熱してもバナジウムが損なわれることはありません。

苦手だという方は天ぷらにして召し上がってみてはいかがでしょうか。

 

 

バナジウムがたくさん含まれている商品は?


食品以外でもバナジウムが摂取できるのです。

そちらもご紹介します。

ミネラルウォーター

飲み水はスーパーで購入して飲むというご家庭が一般的になりました。

いろんな種類の水が販売されているけどどれを買ったらいいかわからないと迷ってしまいますよね。

これからは健康促進を意識してバナジウム天然水やバナジウムという表示のものを購入してみてはいかがでしょうか。

最近はウォーターサーバーも人気があります。

いろんなメーカーかがありますが、せっかくウォーターサーバーを取り入れるならバナジウム入りかどうか確認してから契約することをオススメします。

おすすめウォーターサーバーはキララ!




ウォーターサーバーでおすすめなのがキララ!

キララの水にはバナジウム以外にも、美のミネラルといわれているシリカが入っています。

シリカとコラーゲンを同時に摂取することでお肌のコラーゲン量があがることも分かっており、ぜひ美容に興味のある人は摂取したい成分なんです!

赤ちゃんのミルクにも使える安全なお水なので家族みんなで飲むことができますよ!

⇒キララ公式サイト

 

バナジウムサプリメント

中にはバナジウムを食品やミネラルウォーターから摂取する機会がない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方にオススメなのがバナジウムサプリメントです。

気軽に効率よくバナジウムを摂取することができます。

ですが過剰に摂取してしまうと肝機能に負担をかけてしまうので用法容量は守って服用すつとよいでしょう。