かゆみやヒリヒリ、湿疹を引き起こしやすい敏感肌は辛いですよね。

なんとかならないかと思っている人も多いと思います。

実はなんとかなる場合も多いんですよ!

敏感肌の原因はいくつかあるのですが、自分で作ってしまっている場合もあるんです。

そこで、今回は自分で敏感肌を作っている原因とその対策をご紹介しますね。

こちらを参考に、ぜひ敏感肌を改善して下さいね!

 

敏感肌とは?

そもそも敏感肌とはどのような肌をいうのでしょうか?

実は敏感肌という医学的な言葉はなく、肌が敏感になっている状態を敏感肌と呼んでいるんです。

 

敏感肌ってどんな症状?

では敏感肌になるとどのような症状が出るのでしょうか?

  • かゆみ
  • 湿疹
  • 赤み
  • ニキビや吹き出物
  • カサカサ
  • 炎症
  • 腫れ

特に化粧品を変えたり、何か強い刺激があったわけでもない場合や、普段なら刺激にならないような汗や髪の毛などで上記のような症状が出る場合は敏感肌かもしれません。

 

敏感肌ってどんな状態?

では、正常な肌と敏感肌ではどのような違いがあるのでしょうか?

実はバリア機能の違いなんです。

もともと肌の表面には角質層があり、その中に水分を保持し、表面は皮脂で覆われ外からの異物の侵入を防ぎ肌を守っています。

これが敏感肌になると、水分量や皮脂量が減ることで表面にある角質もめくれ上がり、簡単に外からの刺激を受けてしまうようになります。

また、ターンオーバーが乱れることで未熟な肌細胞が表面に出てきてしまい、肌を守る力が弱くなってしまいます。

要するに敏感肌とはバリア機能が低下した肌ということになります。

 

 

敏感肌の3つのタイプ

このような敏感肌になるには大きく分けて3つのタイプがあります。

  1. アレルギー体質などで生まれつき
  2. 間違ったスキンケアなどの外からの刺激
  3. 睡眠や栄養不足、ホルモンバランスなどの内からの乱れ

これらの敏感肌のタイプの内、1番のアトピーなどのアレルギー体質の場合は生まれつき肌の防御機能が弱く、特定の物質に反応してしまうことがあります。

そのため、簡単に改善することは難しいのですが体質改善やスキンケアの仕方などで敏感肌をやわらげることはできると思いますのであきらめないで下さいね。

炎症がひどい場合には医師のアドバイスが必要な場合もありますので皮膚科などでみてもらうことも必要ですね。

その他の2番、3番のタイプの人は自分で敏感肌を作っているということになります。

その原因と対策を細かく見ていきましょう。

 

 

敏感肌の原因と対策


先に書いたように、敏感肌の原因は人によって様々ですが自分で敏感肌を作っている場合も多いんですね。

そんな誤って敏感肌を作ってしまっている原因と対策を5つにまとめてみました。

 

1、間違ったスキンケア

実はこれが最も多い原因かもしれません。

肌に良かれと思ってしているスキンケアが肌にダメージを与えているんですね。

例えば、

  • 強いクレンジングを使うことで必要な皮脂も取り去ってしまう
  • 毎日マッサージやパックなどでお手入れすることで肌を守っている角質を傷つけてしまう
  • 温度の高いお湯で皮脂やセラミドを洗い流してしまう
  • コットンに化粧水をつけて強くパッティングすることで角質を傷つけてしまう
  • 泡立てずにゴシゴシ洗顔したり、1日に何度も洗顔したり、ピーリングを頻繁にして角質を剥がしてしまう

などが敏感肌になりやすい間違ったスキンケアになります。

 

対策

まずは上記のスキンケアの改善ですね。

そしてやっぱり保湿が大切です!

正しい洗顔の後はセラミドなどの保湿成分が入った美容液で表皮の保湿成分を補います。

化粧水などで水分を補うだけでは保水力がないのですぐに蒸発してしまいます。

  • 刺激を与えない
  • シンプルなケア
  • 保湿

この3つをしっかりと守ることで着実に肌は強くなっていきます。

 

2、バランスの悪い食生活

肌は肌細胞からできていますが、その肌細胞はあなたが食べたものから作られています。

健やかな肌を作るには、肌細胞にしっかりと必要な栄養素を届けてあげなければいけません。

それどころかファーストフードやコンビニ弁当などで食事をとることで栄養不足の上に添加物などを体に取り入れ、その添加物を分解するために肌に必要な大量の栄養素が使われてしまいます。

バランスの悪い食生活は栄養不足になり健やかな肌が作れなくなるんですね。

 

対策

インスタントやレトルトなど添加物の入った食品や体に負担になるものをなるべく避けるようにし、

あとはお肉や魚などのタンパク質をしっかり摂り、野菜や果物などのビタミンミネラルを補い、

和食中心のバランスの良い食事をとりましょう。

 

3、睡眠不足やストレス

肌に必要な栄養素があるだけでは健康な肌は作られません。

それを活用して修復する力が必要なんですね。

そんな肌の修復をしてくれるのが睡眠中に分泌される成長ホルモンです。

睡眠不足になるとこの成長ホルモンの分泌が減り、肌の修復がしっかりとできなくなります。

ストレスも自律神経を乱すことによってホルモンバランスが崩れたり、

体の機能が正常に働かなくなることによって肌だけでなく体自体も影響が大きくなります。

 

対策

肌のゴールデンタイムと呼ばれる22時~26時ですが、なかなかこの時間には寝れないことも多いですよね。

最近では入眠した最初の深い睡眠で成長ホルモンが出ると言われています。

睡眠時間も大切ですが、何時に寝るかにあまりこだわらず質のよい深い睡眠をとるように心がけましょう。

また、ストレスは簡単になくせるものではありませんが、ためすぎないようにこまめに発散できる方法を持っておきましょう。

 

4、合わない化粧品や刺激のある薬剤

肌につける化粧品だけでなく、洗い流す洗顔料やシャンプーが合わない場合も敏感肌を作ってしまいます。

洗顔料やシャンプーには合成界面活性剤が含まれている場合があり、これによって角質が薄くなったり、皮脂が取られ過ぎたりすることで敏感肌を作ります。

無添加や自然派などと唱われているものでも、基剤に合成界面活性剤や合成香料など刺激の強いものが使われていることもありますので注意して避けるようにしましょう。

 

対策

敏感肌でお困りの場合は肌に触れる化粧品や洗顔料、シャンプーなどの全成分表示をチェックした方がいいでしょう。

http://www.slow-cosme.com

↑このようなサイトもありますので参考にしながら刺激の強い成分は避けるようにしましょう。

 

5、便秘などの腸内環境の悪化

腸内環境が悪化していると肌にも様々な悪影響を及ぼします。

毒素の排泄がうまくいかず肌から毒素を出したり(吹き出物)、

免疫力が弱まり少しの刺激でも反応したり、

消化吸収も悪くなるのでせっかく肌に良い食事をしても栄養素を吸収することができません。

このように腸内環境の悪化は肌にとっては良くないことばかりなんですね。

 

対策

腸内環境の改善のポイントは腸内の善玉菌を増やすことですね。

善玉菌を増やすのに有効なのは、

  • 発酵食品や食物繊維が含まれている食品をとる
  • 乳酸菌サプリメントで善玉菌を補う
  • 悪玉菌を増やす糖質や、インスタントやレトルトなど善玉菌の働きを弱めるものを控える

などがあります。

生活習慣の改善も腸内環境の改善につながりますね。

 

 

まとめ

敏感肌の原因は実は自分が作っていることも多いということがお分かり頂けましたか?

作っている原因を改善すれば敏感肌も改善されることになりますよね。

健やかで丈夫な肌作りは、体質の改善や健康にもつながりますのでぜひトライしてみてくださいね。