「なんだかお肌がピリピリする」「かゆくて赤みがある」それってもしかしたら敏感肌になっているのかもしれません。

「自分は敏感肌だ」と感じている人は全体の約70%というあるデータがあります。

そもそも敏感肌ってどんな状態のお肌なのでしょうか?また対策方法とは…。

 

これってもしかして敏感肌?まずは敏感肌かどうかチェック

いつもと違ってお肌がピリピリする、かゆみが止まらないなど敏感肌になると特有の症状が現れてきます。

多ければ多いほど敏感肌の傾向が強いですので、対策をしていきましょう。

☆敏感肌かどうかチェック!

  • 冬などの寒い季節には乾燥がひどくなる
  • お肌がをふく
  • 普段のスキンケアでかゆみや痛み、赤み、腫れが出てきたことがある
  • お肌が乾燥しているとピリピリしたりかゆくなったりする
  • アトピー性皮膚炎の診断を受けたことがある
  • 原因のよくわからない湿疹に悩まされたことがある
  • 睡眠不足に陥っている
  • 化粧品にかぶれた経験がある
  • 日光で赤い湿疹ができたことがある
  • 外食が多く、栄養のバランスに偏りがある
  • 季節の変わり目になるとゆらぎ肌になって不安定になる
  • をかくと決まってお肌がかゆくなる

 

どんなお肌の状態なの?そもそも敏感肌とは

敏感肌とは一言でいうと外部からの刺激を受けやすくなっている肌状態のことです。

保湿成分セラミドが減少!お肌が乾燥気味

生まれつきの肌質が敏感肌の人もいますが、大抵の場合毎日の間違ったスキンケア生活習慣の悪さなどによって引き起こされています。

私たちの肌表面には潤いのベールで外部刺激からお肌を守る保湿成分セラミドがあります。

でもこのセラミドが何らかの原因で減少し、潤いのベールが不足状態を起こしてお肌を砂漠化、敏感肌となって外部刺激を受けやすくしてしまいます。

加齢によってもセラミドは減ってくる美容成分の1つだということも知っておきましょう。

セラミドは外から補ってあげないといけない成分なんですね。

バリア機能が低下!外部刺激からお肌を守れない

今まであった潤いのワンクッションがセラミドでした。

お肌に潤いのベールを張ることで外からの刺激をガードしてしたそのセラミドが減少することで、ダイレクトに紫外線花粉などの刺激を受けることとなります。

お肌のバリア機能が低下してしまった敏感肌に直撃なので、当然肌ダメージを受けて肌トラブルが増えてきてしまいます。

 

ピリピリを解消したいなら実践あるのみ!敏感肌対策4つの方法.

ピリピリしたりかゆくなったり、敏感肌になっているだけでストレスを感じてしまいますね。

だからこそ対策をして敏感肌から脱出しましょう。

保湿を充分に!美容成分セラミド配合の化粧品を使う

「もしかして敏感肌になっているのかもしれない」と思ったらセラミドが使われている化粧品に注目してみてください。

敏感肌を解消するには、お肌の表面に潤いの膜を作ることで外からの刺激をシャットアウトする、保湿成分セラミドの存在は欠かせません。

中でもヒト型セラミドと呼ばれる人の肌になじみやすく、刺激の少ないセラミドを配合している化粧品がベストです。

コストが多少かかりますが、ライン使いでしばらく使用して肌質を改善していくのもいいのではないでしょうか?

また高保湿成分としてヒアルロン酸の約2倍の保湿力、1g当たり12リットルの保水力を持つリピジュアや、保湿成分ヒアルロン酸の1.3倍の保水力、抗酸化作用や抗炎症作用も期待できるプロテオグリカンも注目度が高いです。

ヒト型セラミドと一緒に使えばよりみずみずしいお肌を実現できますね。

肌刺激与えていない?洗顔やスキンケアの方法を見直す

敏感肌になってしまったときの原因の1つで考えられるのがゴシゴシ洗顔です。

どのようにしていつも洗顔していますか?

余分な皮脂や汚れを落とそうと力を入れてゴシゴシ洗顔していると、取らなくてもいい皮脂まで取ってしまいます。

またピーリングを頻繁に行なうことでもお肌がダメージを受けやすく、乾燥を招く結果となります。

お肌に古くなった角質があるのはよくありませんが、肌ケアのやり過ぎも同様によくありません。

敏感肌の肌バリア機能低下を回復してくれる洗顔石鹸もおすすめです!

睡眠不足ではない?生活習慣をチェックする

お肌と睡眠は切っては切り離せない関係にあります。

睡眠不足に陥ってしまうことで自律神経の乱れが出てきてめぐりが悪くなり、それがお肌にも影響します。

乾燥しやすくなったり、皮脂が多く出たり、毛穴が詰まりやすくなったり、ニキビや肌荒れに悩まされることも増えてきてしまいます。

ライフスタイルの見直しや時間の使い方の見直しをしていくことも敏感肌ケアには必要なことです。

栄養のバランスはいい?食事ではビタミン類を多く摂る

普段からどんな食生活を送っているでしょうか?

栄養のバランスに偏りがあり、炭水化物や脂っこいものを多く摂る生活や、アルコールやカフェインなどの嗜好品の過剰摂取も肌コンディションを悪化させてしまいます。

もしお肌の状態がダウンしてしまったら、ビタミンを豊富に含む野菜や果物を意識して食べてみましょう。

体の中から変えることができ、お肌にも反映されやすくなってきますよ。

数多くあるビタミンのうち、特に摂取したいのが肌再生のサポートをするビタミンA抗酸化力が強く肌老化を遅らせ、コラーゲン生成にも一役買ってくれるビタミンCの2種類です。

ビタミンAもビタミンCもどちらもお肌を守ってくれる重要な成分です。

 

まとめ:ピリピリやかゆみから解放されたいなら敏感肌対策を実践しよう♪

敏感肌のお肌は潤い不足に陥っていてとにかくデリケート。

一番すぐにできる対策は充分な保湿です。

ヒト型セラミドが使われている化粧品で肌ケアをして潤いのベールをお肌に張ってあげてください。

まず外部からの刺激からお肌を守ることが、今以上に肌ダメージを与えないためには重要だと言えます。

それをした上で生活習慣や食事などの見直しも行なっていきましょう。

「敏感肌かも…」と思った時点から対策ですよ。

敏感肌の方にはメディプラスゲルがオススメ

乾燥が気になる方にオススメのオールインワンゲルです!

これ一本で誰でもハリツヤ・もっちり肌になれますよ!

厳選された66種類の美容成分を惜しみなく配合。

低刺激なので敏感肌の方も安心して使えます!

オールインワンなので摩擦による肌への負担を最小限にしているので洗顔後はこれだけで完了!

お風呂上りはゆっくりしたいのでこれ一本だと、とても楽ちんですね!

定期初回申し込みだと3996円(税込)から1000円OFF!さらに30日間返金保証がついているので安心ですよ!

⇒メディプラスゲル公式サイト

メディプラスゲル保湿