コラーゲンと言えば、肌の弾力を保つ成分というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。

実は、コラーゲンは肌だけではなく、骨や関節の軟骨などにも含まれているのです。

このコラーゲンが不足すると、骨粗しょう症などの病気になる可能性があります。

ここでは、骨に含まれているコラーゲンの役割や割合などについてご紹介します。

 

コラーゲンとは

コラーゲンは、肌や骨などに含まれる物質で、弾力を与える役割を果たしています。

コラーゲンが不足すると、様々な障害が起こる可能性があります。

加齢と共にコラーゲンが減少していくため、コラーゲンの生産を促すよう対策することが大切です。

 

骨に含まれるコラーゲン

骨はカルシウムでできているものと思っている方は多いのではないでしょうか。

確かに、カルシウムが多くを占めますが、骨の65%がカルシウムやリン、10%が水分、25%がコラーゲンなどの有機質で、そのうち90%がコラーゲンです。

これが示すことは、骨はコラーゲンにカルシウムが付着してできているということです。

加齢と共にコラーゲンは減少していきます。

そうすると、コラーゲンの密度が低下して、カルシウムやリンなどとしっかり結合することができなくなり、骨の密度が低下するのです。

このような状態を骨粗しょう症といいます。

 

コラーゲンを補う方法

コラーゲンは食事から補えるとされています。

ただし、これには賛否両論あり、コラーゲンを摂取してもタンパク質としてしか吸収されないという意見もあります。

また、コラーゲンとしては吸収できないものの、結果的にコラーゲンの生産が促されるともいわれているのです。

実際にコラーゲンを継続的に摂っている方は、肌がきれいな傾向があります。

しかし、コラーゲンを意識的に摂る人は美容に対する意識も高い場合があるため、コラーゲンを摂取しているから肌がきれいだと断定できません。

コラーゲンの摂取がコラーゲンの生産を促すという意見もある以上は、日々の食事から意識的に摂るようにすることをおすすめします。

コラーゲンは、ゼラチン質の食品に含まれています。

牛すじには、100gあたり4,980mg、鶏軟骨には4,000mg、鶏の手羽先には1,550mgものコラーゲンが含まれているのです。

さらに、うなぎのかば焼きには5,530mg、フカヒレには9,920mgも含まれています。

コラーゲンの1日の摂取量の目安は、5~10gとされています。

ただし、摂取量の目安については具体的な根拠がないため、あくまでも目安となります。

欧米では1日あたり10gの摂取が必要ともいわれているので、まずは5gを目標に摂るとよいでしょう。

しかし、5gものコラーゲンを摂るのは困難です。

毎日コラーゲンが含まれるものばかり食べていても、5gには届かないでしょう。

うなぎのかば焼きを毎日1kg食べることは到底不可能なことと言えます。

そのため、コラーゲンのサプリがおすすめです。

コラーゲンのサプリであれば、5~10gを容易に摂ることができます。

ただし、タンパク質でもあるので、摂り過ぎに注意しましょう。

また、コラーゲンの合成に必要なビタミンCや鉄分が含まれているサプリを選ぶことが大切です。

そうすることで、より高い効果が期待できるでしょう。

また、関節の痛みに対しては、コラーゲンとグルコサミンやコンドロイチンを一緒に摂るのがおすすめです。

コラーゲンは、体内でアミノ酸に分解されます。

そのため、アミノ酸の補給としても適しています。

ただし、体内で作ることができる非必須アミノ酸であるため、食品などから摂取する必要がある必須アミノ酸を補うことができません。

アミノ酸を摂っているから大丈夫と考えずに、必須アミノ酸を摂るようにしましょう。

必須アミノ酸は

  • 動物性タンパク質
  • 乳製品
  • 穀物類

に多く含まれています。

 

コラーゲンサプリの選び方

コラーゲンは、魚の皮から採取されたものの方が、肉類のものよりも吸収率が高いといわれています。

特に、天然の魚から採取されたコラーゲンの吸収率が高いとされています。

そのようなコラーゲンを使用したサプリを選びましょう。

また、その際には、原産地や魚の種類、部位などが明記しているサプリを選んでください。

このような情報が不明瞭なサプリには注意が必要です。

スッポンサプリ

スッポン!?と驚かれるかもしれませんがコラーゲンとアミノ酸が多く含まれる「肉」、「エンペラ」部分のみを使用しています。

日本国内で作られているので安心して飲めるサプリです!

⇒公式サイトはこちら

すっぽんの恵み

天使のベビーコラーゲン

卵殻膜・ベビー乳酸菌・コラーゲンペプチドの成分配合で艶やかなお肌に!

コラーゲンペプチドには皮膚や骨、軟骨、腱など、コラーゲンに関連した組織を選んで取り込まれるという画期的な性質があります。

さらに、体内で新しいコラーゲンやヒアルロン酸をつくる能力も活性化させる事や、骨や腱を上部にするなどの様々な働きも続々と確認されていうので、お肌だけでなく骨などにも効果があるのでお得感があります!

⇒公式サイトはこちら

天使のベビーコラーゲン

 

コラーゲンサプリの飲み方

コラーゲンサプリはいつ飲んでも構いません。

吸収が高まる食後に飲むのがおすすめですが、アルコールやコーヒーなどを飲んだ後は避けましょう。

カフェインによって効果が低くなる可能性があります。

コーヒーに限らず、玉露や緑茶にも多量のカフェインが含まれているので注意しましょう。

また、アルコールを摂取すると、肝臓がアルコールの代謝に追われて、コラーゲンの代謝に手が回らなくなる場合があります。

それにより、コラーゲンの効果が正常に現れなくなる可能性があるので、サプリは水やぬるま湯で飲むことをおすすめします。

これまでコラーゲンサプリについて紹介してきましたが錠剤飲むのは苦手だな・・・もっと手軽にコラーゲン摂取したいな・・・という方には

コラーゲンドリンクをオススメします!

アスタリフト ドリンクコラーゲン10000がオススメ!

お肌にハリのある毎日をキープするには、コラーゲンを継続して補給しなければなりません。

実はドリンクで簡単に補給できるのです!

コラーゲンのパワーをさらにアップしてくれるオルニチンも配合されているので美人度がアップしますよ!

富士フィルムが独自開発した高純度の低分子コラーゲン「ピュアコラーゲン」は独特の臭みや苦みが少なく、飲みやすいです!

ピーチヨーグルト味なので毎日続けられますね。

コラーゲンはドリンクで手軽に賢く補いましょう!

⇒アスタリフト公式サイト

アスコラ