プルプルした肌を実現させてくれるコラーゲン。

でも本当にコラーゲンを摂取したから肌がきれいになる?

と疑問に思っている方は多いと思います。

もし効果があるなら続けて使いたいけれど、効果がないなら、飲むのはやめようかなと思っている方必見です。

今回は、食べるタイプのコラーゲンについてご紹介していきましょう。

食べるコラーゲンはもしかして無意味だったりするの?

コラーゲンはタンパク質の一種なので、これが胃に入ると

  1. 胃酸によってコラーゲンがバラバラに。
  2. 全てアミノ酸に変化

そして従来では、“コラーゲンは一般的なタンパク質と同じように「血や肉の元」になったり「エネルギー」に変換されるので、コラーゲンを食べたからといって、美肌効果があがったり、関節痛がなおったりといったことはない”といわれていました。

ところが最近の研究では、

  • コラーゲンは全てアミノ酸に分解されるのではなく
  • 一部はコラーゲンペプチドといって低分化した状態になって、身体の中に吸収される

ということがわかってきたのです。

そして研究によって、

  • このコラーゲンペプチドを食べた人
  • 一般のコラーゲンを食べた人

との間では、肌への作用が明らかに異なるそうです。

研究ではコラーゲンペプチドを摂取すると、

  • 加齢によって増え続けるシワの増加
  • 肌表面の均一性
  • 赤味といった肌トラブル

が改善していくと報告されています。

ですから食べるコラーゲンを摂取するのは、全く無意味ではなく、摂り方によっては、肌トラブルを改善する非常に頼もしい成分だといえます。

参考文献:http://www.nippi-inc.co.jp/biomatrix/tabid/172/Default.aspx?itemid=306

 

 

グミのコラーゲンがあるけど、これも無意味?効果はあるの?

グミはどんなものからできているかご存知ですか?

グミは果汁などをゼラチンで固めたお菓子で、ほとんどがゼラチンでできています。

ゼラチンの成分は主に

  • 牛骨
  • 牛皮
  • 豚皮

を原料としていて、構成比としては牛皮と豚皮をつかったものがおよそ70%、牛骨がおよそ30%でできています。

こうした原料でできたものが変化してコラーゲンになっていくのです。

ですからゼラチンは主にコラーゲンからできています

そしてコラーゲングミに使われるものは、分子が大きいコラーゲンを小さな分子にするために

  • 加熱
  • 精製

したものなのです。

さらに消化吸収しやすいように、ゼラチンをこまかくしたものが、コラーゲンペプチドになります。

だからグミのコラーゲンも、吸収しやすいコラーゲンになっていて、摂取してうまく体内に吸収することができれば、いくらかの効果は期待できるのです。

 

 

グミを毎日食べるとどうなる?たくさん食べるのはどうなの?

グミもコラゲーンが入っているので、たくさん食べたらそれなりに効果が上がるのでは…。

と思われると思います。

ところが注意したいことがあるのです。

それはグミに含まれている

  • 食品添加物
  • 糖分

といったものです。

確かにグミはコラーゲンが含まれていますが、たくさん食べすぎると

  • 食品添加物
  • 糖分

を多く摂取することになるので、注意が必要です。

 

 

コラーゲングミの食べ過ぎはカロリーオーバー

コラーゲンを一日にどれだけ食べたらいいのか知っていますか?

目安は

  • 関節

に効果を期待したい場合は、一日に10,000mgが必要で、肌の場合は一日5,000mgが必要だといわれています。

コラーゲングミは多くは糖分でできていますから、一日分のコラゲーン量をコラーゲングミで補おうとすると、思いのほか糖分をとりすぎることになってしまいます。

  • 糖分
  • 食品添加物

を摂り過ぎてしまうと、アレルギー体質をお持ちの方は、

  • 皮膚が肌あれを起こして痒みを生じたり
  • 逆にニキビ・吹き出物が増えたり
  • さらには肥満や糖尿病といった生活習慣病になる

可能性もありますから、コラーゲングミの摂り過ぎには充分注意したいですね。

コラーゲングミを一日にどれだけ食べればよいのかというと、だいたい「一日に1~2粒」程度が適量のようです。

なかには

  • 糖分
  • 食品添加物

が少ないコラーゲングミもあるかもしれませんが、それだと味のない、ただのコラーゲンになってしまいますから、グミだけで一日のコラーゲンを摂取しようと思うのは、やめたほうがよいです。

 

 

グミのコラーゲンの吸収率はどうなの?肌に塗った時との違いは?

コラーゲングミには、もともとコラーゲンが少量なので、吸収しやすい低分子のコラーゲンが入っていたとしても、吸収率は低めです。

もしコラーゲンの吸収率をあげたいときには、ビタミンCと一緒にとりましょう。

コラーゲングミの中には、ビタミンCも一緒に配合されているものもありますね。

こうした商品なら、同じ量のコラーゲングミを摂取しても、ビタミンCが配合されているので吸収率は多少多くなりますよ。

ではコラーゲングミを食べた時と、コラーゲンを肌に塗った時との違いは、どうでしょう。

コラーゲンを肌に塗ると、肌の奥まで浸透して、あたかもコラーゲンが皮膚内にはいったものだと思いますよね。

しかし、実際はコラーゲンが肌の奥まで浸透して、保湿効果をもたらしているから、乾燥やターンオーバをうながしてぷるぷる肌になっているような気がしているのです。

だから、食べるコラーゲンと肌に塗るコラーゲンでどちらが良いのかというと、難しいですね。

どちらも口コミでは効果がある方にはあるし、ない方にはないという感じです。

しかし、肌に塗るタイプのコラーゲンは、塗ったその場所だけに効果がありますが、食べるコラーゲンの場合は、全身に効果があるので、若干お得感がありますね。

 

 

おすすめコラーゲンランキング

ではここで体内に摂取するタイプでおすすめのコラーゲンをご紹介しましょう。

おすすめはリファコラーゲン エンリッチ

リファ コラーゲンエンリッチ
なかでもおすすめなのがリファコラーゲンエンリッチ!

ほかのコラーゲン商品と比べて

  • コラーゲンの濃度が高い
  • 純度の高いコラーゲンを使用
  • 分子量がベストな大きさ

を実現しているので、効率的に体内のコラーゲン量を増やすことができます!

今だと定期で申し込めば、1日当たり253円、一杯あたり24カロリーで必要なコラーゲンを摂取できちゃうので試してみる価値アリですよ!

⇒リファコラーゲン エンリッチ公式ページ

 

ニッピコラーゲン

ニッピコラーゲンはコラーゲン原料シャア第一位の大手コラーゲンメーカーです。

だから純度100%の高品質な食べるコラーゲンが手に入ります。

コラーゲンの配合はなんとおよそ5000mgです。

たったスプーン一杯で、高品質なコラーゲンがたっぷり取れます。

⇒ニッピコラーゲンの公式ホームページはこちらから!

 

アスタリフトコラーゲン10000

「アスタリフトコラーゲン10000」は、従来のものより飲みやすさを追求したタイプです。

不純物を80%以上カットして、コラーゲン独特の

  • 臭み
  • 苦味

を取り除きました。

「アスタリフトコラーゲン10000」は、わずか30mlのボトルになんとコラーゲンを10000mg配合。

独自の技術で開発した、高純度、高濃度の低分子コラーゲンだけを使っています。

⇒「アスタリフトコラーゲン10000」の公式ホームページはこちらから!

 

天使のララ

「天使のララ」は、高純度な質の高いコラーゲンをたっぷり配合。

もちろん

  • 香料
  • 保存料
  • 着色料

すべて無添加なので、安心です。

しかもカロリーは一袋わずか4キロカロリーと非常に低カロリーだから、ダイエット中の方でも安心して召し上がれます。

⇒「天使のララ」の公式ホームページはこちらから!

 

まとめ

コラーゲンは肌に付けるとプルプルとして、美肌効果があるのですが、それ以上に食べるコラーゲンは、付けるコラーゲンとは違い、身体全体に効果があります

ですから選ぶなら、

  • 高品質なコラーゲンで
  • 添加物が入っていないもの

を使うようにしましょう。