今、あなたが利用しているのは飲むタイプのコラーゲン、それとも塗るタイプのコラーゲンどちらでしょうか?

コラーゲンドリンクやサプリメント、そしてコラーゲン配合の化粧品、今や豊富なラインナップでコラーゲン入りの商品が出ていますよね。

費用をそれほどかけることなくできるコラーゲンの摂取方法として、大きく分けて飲むタイプと塗るタイプの2種類ありますが、それぞれの効果はどのくらい持続できるのでしょうか?

今回は効果の持続時間に焦点をあてて解説していきます。

それぞれにメリットあり!飲むコラーゲンと塗るコラーゲン


コラーゲンドリンクやサプリメント、コラーゲン配合の化粧品、ドラックストアやネットサイトなどいろんなところで見かけるようになりましたね。

コラーゲンを手軽に摂取する方法としては飲むか塗るか、この2種類が定番です。

人間の体内タンパク質の30%を占めるコラーゲンとは

コラーゲンはお肌だけに必要な成分のように思われますが、実はわたしたちの体を構成する上でお肌だけでなく、内臓や骨など様々な器官を形成するために必要不可欠な成分です。

ここでコラーゲンについて簡単におさらいしましょう。

コラーゲンは体内生成できる成分です。

ただし、食品で摂取したコラーゲンはそのままコラーゲンとして吸収されず、最終的には分子を細かくして吸収率を高めたコラーゲンペプチドとなり、体内に吸収されます。

コラーゲンが体内で作られるときに必要なのが原料のアミノ酸を作り出すタンパク質と、最終的にコラーゲンを完成させるのに必要なビタミンC。

この2つがあってこそ、体内でコラーゲン合成が上手くいき安定します。

手軽に摂取するなら飲むか塗る

普段の食生活の中で

  • うなぎ
  • 牛すじ
  • 手羽先
  • 豚足

などコラーゲン入りの食品を摂るにも量に限界がありますよね。

大量に摂取することが難しく、一日の摂取目安量5~10gに届かないのが現実です。

そこでいつもの食事にプラスしてぜひ利用したいのがコラーゲン入りのドリンクやサプリメントの飲むコラーゲンです。

また外からのアプローチとして塗るタイプのコラーゲン配合の化粧品もぜひ一緒に使い、コラーゲンを摂取しましょう。

 

どのくらい持つ?飲むコラーゲンの効果の持続時間


飲むコラーゲンには2種類、

  • ドリンクタイプ
  • サプリメントタイプ

とがあります。

どのくらい効果を持続するのでしょうか?

飲むコラーゲンの効果の持続時間とは

ドリンクタイプとサプリメントタイプ、この両方の飲むコラーゲンに含まれているコラーゲンはコラーゲンペプチドと呼ばれるもの。

低分子コラーゲンの別名を持ち、分子を細かくし体内への吸収率をアップさせたコラーゲンです。

このコラーゲンペプチドの効果が保たれるのはわずか1日程度。

コンスタントに毎日摂取してあげるのが理想で、毎日継続して摂取することでコラーゲンの効果を実感しやすくなります。

いつ飲むのがいい?飲むタイミング

コラーゲン入りのドリンクやサプリメントは食品なので基本的にはいつ飲んでもOKですが、最大効果を期待するのなら寝る前がベストです。

「お肌にはゴールデンタイムが存在する」

一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

眠りについてからの3時間、この間に成長ホルモンの分泌量が最も多くなります。

成長ホルモンは成長期にだけ分泌されるものではなく、大人になってからも分泌されている物質。

炎症を鎮めたり、ダメージを受けた細胞の修復をしたりしてくれる大切な役割を果たします。

このお肌のゴールデンタイムを有効利用しない手はないでしょう。

ただし、この時間帯にいかに質の良い睡眠が取れるかが勝負どころです。

質の良い睡眠を取る方法

・寝る3時間前までには食事を済ませておく

・体を冷やさない

・寝室の照明を暗めなものにする

・スマートフォンやPC、TVなどの使用は最低でも寝る1時間前までとする

・ゆっくりと湯船に浸かって体の芯まで温めておく

・寝る前はリラックスしたムードで過ごす

より効果を引き出すには?飲むコラーゲンの飲み方

分子を細かくして体内吸収率をアップさせたコラーゲンペプチド。

ドリンクやサプリメントで使われているコラーゲンです。

そのまま単体で飲むよりも、体内でのコラーゲンの生成をスムーズに行なうために欠かせないのが

  • タンパク質
  • ビタミンC

この2つを飲むコラーゲンと一緒に摂ってあげるのが理想的です。

コラーゲンの原料となるアミノ酸を作り出すのに必要なのがタンパク質。

コラーゲンは三重らせん構造でできていて、この構造を作り出すのに一役買ってくれるのがビタミンCです。

ビタミンCがないと最終的にコラーゲンを作り出すことができません。

タンパク質は食品から摂取し、ビタミンCは食品から摂取するのがおすすめです。

おすすめは【FUJIFILM】アスタリフト ドリンクコラーゲン10000

ハリのある毎日をキープするには、コラーゲンを継続して補給しなければなりません。

実はドリンクで簡単に補給できるのです!

コラーゲンのパワーをさらにアップしてくれるオルニチンも配合されているので美人度がアップしますよ!

富士フィルムが独自開発した高純度の低分子コラーゲン「ピュアコラーゲン」は独特の臭みや苦みが少なく、飲みやすいです!

ピーチヨーグルト味なので毎日続けられますね。

コラーゲンはドリンクで手軽に賢く補いましょう!

 

効果の持続時間はどのくらい?塗るコラーゲン


手っ取り早くお肌にコラーゲンをチャージするなら、飲むよりも塗るタイプのコラーゲンがいいように思いますよね。

塗るタイプのコラーゲンの効果も気になります。

塗るコラーゲンの効果の持続時間は?

コラーゲンと一言でいってもその分子の大きさはそれぞれ。

塗るタイプの一般的なコラーゲン配合化粧品ではコラーゲン分子のサイズが大きいため、お肌の角質層にまで浸透しないものがほとんどです。

ただし、お肌の表面が潤い、保湿効果は見込めるので乾燥やシワからお肌を守れます。

もし、低分子サイズにまで細かくしたコラーゲンが配合されている化粧品を使うなら、お肌の角質層にまでコラーゲンを浸透させられることが期待できるでしょう。

クレンジングや洗顔することを考えれば、塗るコラーゲンも毎日の利用がベストといえます。

使用するならいつがベスト?塗るタイミング

塗るコラーゲンを使うなら、飲むコラーゲンと同じように寝る前がオススメです。

理由は飲むコラーゲンと一緒で眠りについてから3時間の間に最大分泌量となる成長ホルモンの働きを利用するため。

お肌のゴールデンタイムを利用しない手はないでしょう。

寝る前に適量のコラーゲン配合化粧品をよくすり込むように塗ってからお休みください。

「飲む&塗る」の両刀使いでコラーゲンを体内に効率よく摂取しよう♪

飲むコラーゲンも塗るコラーゲンも効果の持続時間はだいたい1日程度です。

ドリンクタイプのコラーゲンは商品によって味に違いがあります。

お試し購入できるものもあるので、いろいろ試してから本格購入するのもオススメ。

お財布と相談しながらできる限り毎日、インそしてアウトの両方から体にWアプローチして、効率よくコラーゲンを摂取していきたいですね。