コラーゲンを毎日摂取していますか?

20歳頃をピークに減少傾向にある美容成分で、60代では75%減少。

コラーゲンはお肌や体にいいと漠然と知っているものの、本来どんな効果・効能があるのか知らない人も多いのでは?

この機会にコラーゲンの効果・効能を知って日々の生活に役立ててください。

 

そもそもコラーゲンって一体?

コラーゲンは何なのか?コラーゲン摂取はなぜ必要なのか?

コラーゲンの基礎知識を蓄えて、コラーゲン摂取がいかに大切なのかを確認しましょう。

タンパク質の一種で加齢とともに減少する成分

炭水化物と脂質を含んだ三大栄養素のもう1つの物質がタンパク質です。

その中にコラーゲンは含まれています。

体の中で分解&生成されるコラーゲンですが、年齢とともに新陳代謝が衰えるのでコラーゲンの体内生成量も減ってきます。

それと比例して減少するのがコラーゲンの質なのです。

コラーゲン生成量が減り、体内やお肌に残るのは質の悪くなった硬くなったコラーゲン。

それが変質することでコラーゲン生成にも影響が及びます。

結局新しいコラーゲンを生み出せなくなってしまうため、お肌ではハリ弾力不足、体では関節痛が起きやすくなったり骨がもろくなったり、血管が硬くなってきたりするなど症状が出てくるようになります。

体内のあらゆる組織に存在

体内タンパク質の30%を占めているコラーゲン。

お肌だけに存在しているイメージが強い人もいるのではないでしょうか?

実はコラーゲンは体のあらゆる組織にあります。

骨や軟骨、皮膚、内臓内部などに含まれて、細胞と細胞とをつなぐ柱のような役割を担っています。

健康的な爪や髪の毛にするにも大切な物質なんです。

皮膚では70%がコラーゲン

皮膚全体の70%にコラーゲンがあったとは!

この事実知っていたでしょうか?

コラーゲンは繊維状の網目のようになっていて、お肌のハリ&弾力を他の美容成分とともにサポートする役割を担っています。

20歳をピークに減少するコラーゲン。

アラフォー頃から急に年齢肌を感じやすくなるのもわかります。

 

ハリ&弾力サポート以外にも!コラーゲンの効果・効能6つ

体のあらゆる組織にあるコラーゲンはお肌以外の組織でも大活躍です。

シワやたるみが解消される

シワやたるみなどのエイジングサインを解消したいですよね。

放置しておけばそのまま進んでいくだけですが、地道にセルフケアを行なっていくことで老化の進行を遅くできます。

肌浸透率の高い低分子化コラーゲン配合の化粧品を使ってお肌にうるおいを与えたり、低分子コラーゲンのコラーゲンペプチド配合のサプリメントやドリンク、コラーゲンたっぷりの食品を食べたりすることで、エイジングサイン解消へとつなげられます。

ハリや弾力がUPしてくる

あなたの見た目年齢はどのくらいですか?

体の中のコラーゲンが増えてくることで、お肌に変化が現れてきます。

低分子化され肌浸透率の良いコラーゲン配合の化粧品を使うことで、お肌にうるおいをチャージ。

ただしコラーゲンを塗れば肌内部の角層にまで浸透すると思っている人もいますが、使っているコラーゲンによっては必ずそうとはいい切れないのでご注意ください。

お肌にスッとなじみやすい低分子コラーゲン配合化粧品を使えばうるおいベールを肌表面に。

うるおいが戻ってくれば肌細胞も活発になり、ハリや弾力も次第にUPしてきます。

バリア機能の回復&強化

お肌のバリア機能が低下している場合に必要不可欠なのが保湿です。

うるおいが不足しているお肌は紫外線などの外部からの刺激を受けやすく、肌ダメージが出てしまいます。

コラーゲンはそんなお肌をサポート。

低分子コラーゲン配合の化粧品を使ったり、コラーゲンを多く含む食品などを摂ったりすると次第にうるおいが戻ってきます。

それによって細胞が元気になることでターンオーバーを正常化。

バリア機能が強化されてきます。

白髪や抜け毛&ゴワツキ髪の改善

コラーゲンはあらゆる組織にあります。

もちろん頭皮にも。頭皮は皮膚の一部なので70%のコラーゲンがあることになります。

コラーゲン不足に陥れば皮膚内部の水分量が減少、それによって血行不良に陥り頭皮全体に栄養が行き渡らなくなることで頭皮は硬くなってきます。

それが原因となり抜け毛や薄毛、白髪を引き起こしてしまいます。

また髪の毛のパサつきゴワツキもコラーゲンが不足している可能性が高いです。

コラーゲン摂取で髪の毛に関するお悩みも解決できるでしょう。

血流をよくする

骨や血管、内臓などにも多くあるコラーゲン。

何を基準で不足しているのかを見極めたらいいのでしょうか?

その1つに見た目に若々しさが感じられるかどうかがあります。

あなたの見た目をチェックしてみてください。

コラーゲンの効果を得るにはコラーゲンを化粧品だけでなく、コラーゲン生成に必須のタンパク質ビタミンCも食品から補ってあげることも重要なんです。

体内でコラーゲンが作られるようになれば、細胞に活力が戻ってきて血流が促進され、新陳代謝もアップしてきます。

脆かった爪を透明感ある美しい爪にする

あなたの爪、割れやすかったり脆かったりしていませんか?

もし縦じまの線が出ていたら、それはコラーゲン不足のサインかもしれません。

爪の主成分はタンパク質の一種ケラチンです。

コラーゲン不足になっていると、ケラチンに影響が出て爪が脆くなるんです。

過去に爪の脆い人を対象にコラーゲン摂取を一定期間継続的に行なったところ、爪が丈夫になり割れにくくなったという研究報告があります。

コラーゲン摂取によって爪のコンディションも良好にできるといえるでしょう。

 

おわりに:コラーゲン不足に陥らないように普段から適量摂取しましょう

「コラーゲンはお肌にいいだけではなかった!」私たちの体を構成する上でも欠かせない存在コラーゲン。

理想は毎日摂取することにあります。

肌効果には5,000㎎関節効果には10,000㎎必要です。

効果・効能を知るとコラーゲン摂取をスタートしたくなりますね。

効率よく摂取するために体内吸収のいいサプリメントやドリング、ゼリーなどの食品を利用していきましょう。

アスタリフト ドリンクコラーゲン10000がオススメ!

お肌にハリのある毎日をキープするには、コラーゲンを継続して補給しなければなりません。

コラーゲンのパワーをさらにアップしてくれるオルニチンも配合されているので美人度がアップしますよ!

富士フィルムが独自開発した高純度の低分子コラーゲン「ピュアコラーゲン」は独特の臭みや苦みが少なく、飲みやすいです!

ピーチヨーグルト味なので毎日続けられますね。

コラーゲンはドリンクで手軽に賢く補いましょう!

⇒アスタリフト公式サイト

アスコラ