コラーゲンと相性の良い成分としてビタミンCが有名ですが、実は酵素もまたコラーゲン生成のメカニズムに欠かせない大切な要素です。

最近ではコラーゲン×酵素を売りにした美容サプリも増えてきました。

コラーゲンと酵素の関係、きになる相乗効果についてご紹介します!

酵素に関する基礎知識


酵素は食べ物の消化、吸収、輸送、代謝、必要な成分の合成、排泄など生命活動に欠かせない生体内の化学反応を行う仲介人=職人さんです。

体内酵素は仕事の内容によって持ち場がそれぞれあり「消化酵素」と「代謝酵素」の2つに分類されます。

例えば食事を分解して加工できる状態にするのが消化酵素(アミラーゼ、ぺプシン。リパーゼなど)、そして体内の栄養素を使って、体作りやあらゆる生命活動に関わるのが代謝酵素です。

現在分かっているだけでも体内に約2万種類以上の異なった酵素が存在し、それぞれの酵素に専門分野があります。

例えば、炭水化物の分解を担当するのはアミラーゼ、脂肪分解の担当はリパーゼ酵素といった感じです。

 

潜在酵素なんて本当はないってホント?


「一生の間に作られる酵素の量は決まっていて、その酵素貯金(潜在酵素)を使い切った時=命が終わる時だ」と言われていた時期もありましたが、実は潜在酵素などありません

もし本当だとしたら、つまり酵素が消耗品ならば大食いで有名なギャル曽根さんの命は大丈夫なのか?ということになりますよね。

だって消化酵素を大量に使うワケですからね。

さらに「潜在酵素をムダにしないために食品から酵素を取ると良い」という説に関しまして、酵素はたんぱく質の一種です。

たんぱく質は消化されてアミノ酸に分解されますから、酵素を摂取したからと言って、そのまま酵素になるとも考えられません。

一部は酵素に再合成される可能性はもちろんあるでしょう。

こうした背景から酵素の数に限りはなく、体内で必要な時に必要なだけ作り出せるという考えが一般的になりつつあります

じゃあ、なぜ酵素ドリンクがダイエットや美容に良いのか?

  1. 酵素を摂取することで体の中でのたんぱく質再合成(例:酵素やコラーゲン)などに必要な材料を不足させないこと
  2. 置き換え効果により総摂取カロリーが減ることでダイエットや美容に繋がるのだと考えて良いかと思います。

 

コラーゲンと酵素の関係と相乗効果について


コラーゲンと酵素を同時に摂取することで、相乗効果を発揮するというのは本当なのか?

結論として、本当だと考えて良いでしょう

コラーゲンはたんぱく質の一種なので消化されてアミノ酸になりますが、コラーゲンペプチドを始めとした低分子コラーゲンでは、一部はアミノ酸に分解されずコラーゲンペプチドの状態で血中に吸収されることが分かってきています。

まだ研究段階ではありますが、血中に吸収されたコラーゲンペプチドはコラーゲン・エラスチンの生成をしている綿繊芽細胞の活動を促進させてコラーゲン量アップに貢献すると言った報告も!

コラーゲン×酵素の相乗効果の流れを見ていきましょう。

  1. コラーゲンを摂取する
  2. 一部コラーゲンペプチドとして、一部はアミノ酸に分解される
  3. 酵素はアミノ酸を材料に、ビタミンCを道具にしてコラーゲンを組み立てる

つまりビタミンCだけを摂取してもダメですし、アミノ酸を沢山摂取しても道具であるビタミンCがなければダメ、さらにコラーゲンを組み立てる酵素という職人が不足すればコラーゲンは作れないというワケなんですね。

コラーゲンと酵素には深い関係があると言えます。

引用:https://style.nikkei.com

 

酵素・コラーゲンの理想的な摂取方法は?


酵素やコラーゲンを摂取してもアミノ酸に分解されるので、即効で酵素としての働きを求めることは難しいでしょう。

ですが、酵素やコラーゲンとなる合成材料(アミノ酸)を不足させない目的で摂取するのであれば意味はあると思います。

酵素を摂取する時には50度を超えてくると効果がなくなってしまうので、加熱していない新鮮な野菜や果物からの摂取を心掛けてみてください。

さらに!すりおろすことで酵素の量が何倍にも増すのだとか

コラーゲン生成率を高めるのであれば体の修復が行われる就寝時に栄養素が届くよう、就寝前の摂取がおすすめです。

酵素ドリンク+コラーゲン+ビタミンCでコラーゲンの摂取で合成に欠かせない原料と道具を揃えてあげて、美肌・健康効果を高めていきましょう!

コラーゲンとアミノ酸の関係性についてはコラーゲンとアミノ酸の関係性とは?その効果とは?の記事をチェック♪

アスタリフト ドリンクコラーゲン10000がオススメ!

コラーゲンのパワーをさらにアップしてくれるオルニチンが配合されているので美人度アップします!

富士フィルムが独自開発した高純度の低分子コラーゲン「ピュアコラーゲン」は独特の臭みや苦みが少なく、飲みやすいです!

ピーチヨーグルト味なので毎日続けられますね。

コラーゲンはドリンクで手軽に賢く補いましょう!

⇒アスタリフト公式サイト

アスコラ

 

まとめ

酵素とコラーゲンのちょっと難しい関係・相乗効果についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

コラーゲンも酵素も摂取したからと言って全てがそのまま即効で働くとは考えにくいです。

体の中で一度アミノ酸に形を変えてから(低分子コラーゲンの場合、一部はコラーゲンペプチドのまま吸収される)再度コラーゲンや酵素に変換されて、相乗的に働いていくんですね。

コラーゲンの生成のためにはビタミンCを不足させないことも重要になるので、コラーゲン、酵素、ビタミンCの3要素をバランス良く摂取できると理想です

食事からの摂取が難しい方はサプリやドリンクなどを役立ててみても良いかも知れませんね。

コラーゲンが多く含まれている食材ランキングトップ7で紹介されている食材を参考にしてみましょう。