コラーゲンと言えば、肌に弾力を与えるプルプルとしたものというイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。

コラーゲンは、肌だけではなく

  • 軟骨
  • 血管
  • 内臓

など全身に分布しており、それぞれで重要な役割を果たしています。

加齢と共にその数は減少していき、全身に様々な症状をきたすようになります。

ここでは、重要な役割を果たしているコラーゲンがどのような形をしているのか、わかりやすく解説します。

 

コラーゲンとは

コラーゲンは、肌や骨、軟骨などに存在しているタンパク質の一種で、身体を作っているタンパク質のうち実に約30%も占めます。

体内にあるコラーゲンの40%は肌、20%は骨や軟骨にあるとされており、残りの40%は内臓や血管など様々な部位にあります。

構造は、アミノ酸が連結して作られる3本のポリペプチド鎖がらせんを作っています。

なお、コラーゲンと同じような性状をしているゼラチンは、3本のポリペプチド鎖をばらばらにしたものです。

コラーゲンを40℃以上に加熱することで生成できます。

また、コラーゲンペプチドは、ゼラチンを加水分解することで、分子量を少なくしたものです。

コラーゲンには、次のような種類があります。

I型

肌や歯、骨などに含まれているコラーゲンで、サプリや化粧品に含まれていることが多いです。

II型

関節や軟骨に存在しています。

また、角膜や硝子体にも含まれています。

III型

血管や内臓に存在し、柔軟性を与える役割を果たしています。

IV型

表皮を構成する4つの層のうち、最も下にある基底層に存在しています。

肌の表皮と真皮を結合させる役割を果たしています。

V型

血管や胎盤に存在します。

 

コラーゲンの働き

コラーゲンは

  • 血管

など分布している部位に応じて役割が異なります。

肌のコラーゲンは肌の奥深くにある真皮層に存在しており、網目のように張り巡らされています。

イメージとしては、ベッドのスプリングのように張り巡らされており、肌の弾力を保つ役割を果たしています。

しかし、コラーゲンは加齢と共に減少するため、次第に肌の弾力を保つことができなくなり、しわやたるみなどのトラブルが起こるようになるのです。

また、加齢と共に関節痛を訴える人が増えますが、これもコラーゲンの減少が関わっています。

関節のコラーゲンは、関節をスムーズに動かすために存在しています。

加齢によってコラーゲンが減少すると、関節の軟骨が摩擦ですり減ってしまい、関節痛が起こりやすくなるのです。

関節の軟骨が大きくすり減ることで、正常な関節の動きができなくなる場合があります。

そうなる前にコラーゲンをしっかり摂って、関節の健康を守ることが大切です。

コラーゲンは、血管の構成材料でもあります。

コラーゲンが適切な弾力を保つことで、強い血管を維持できるのです。

また、血管がダメージを受けたときに、修復のサポートをする役割もあります。

 

コラーゲンの摂取方法

コラーゲンは、牛すじや鶏軟骨などに多く含まれています。

食品からコラーゲンを摂ることで、コラーゲンの減少によって起こるトラブルのリスクを下げることができます。

ただし、摂取したコラーゲンがそのまま肌や骨などに届く訳ではありません。

コラーゲンは、胃でペプシンという酵素によってオリゴペプチドに分解されます。

次に、小腸でトリプトシンなどの酵素によってアミノ酸に分解されます。

アミノ酸は小腸で吸収され、血液中に移行します。

そして、血流に乗って全身へと運ばれてコラーゲンの生成に使われるのです。

ただし、摂取した全てのコラーゲンが最終的に体内のコラーゲンの生産に使われるとは限りません。

アミノ酸の他に必要なコラーゲンの材料が不足していると、使われずに排泄されてしまうのです。

また、アミノ酸へと分解できずに排泄されることもあります。

なお、サプリメントに含まれているコラーゲンペプチドは、半分がアミノ酸まで分解されて、残る半分がペプチドのまま体内に吸収されることがわかっています。

コラーゲンをしっかりと体内に吸収するためには、小腸の機能を正常に保つ必要があります。

内臓に負担をかけるタンパク質の摂り過ぎや野菜不足などに注意しましょう。

そして

  • 生野菜
  • 果物
  • 発酵食品

などから酵素を摂取して、小腸の酵素が使われ過ぎないようにしてください。

 

コラーゲンと一緒に摂りたい成分

ビタミンCには、コラーゲンの合成を補助する働きがあります。

そのため、コラーゲンを含む食品やサプリと一緒にビタミンCを摂ることが効果的とされています。

ビタミンCが一緒に含まれているサプリを選ぶことで、より高い効果が期待できます。

逆に、脂質を多く含む食品は、コラーゲンの合成を阻害するので注意が必要です。

また、糖質の摂り過ぎもコラーゲンの変性を招き、機能を低下させてしまいます。

脂質や糖質の摂り過ぎは生活習慣病にも繋がるので、日ごろから注意しておきましょう。

サプリはちょっと飲みにくいな・・・という方にはドリンクタイプがオススメです!

アスタリフト ドリンクコラーゲン10000がオススメ!

お肌にハリのある毎日をキープするには、コラーゲンを継続して補給しなければなりません。

実はドリンクで簡単に補給できるのです!

コラーゲンのパワーをさらにアップしてくれるオルニチンも配合されているので美人度がアップしますよ!

富士フィルムが独自開発した高純度の低分子コラーゲン「ピュアコラーゲン」は独特の臭みや苦みが少なく、飲みやすいです!

ピーチヨーグルト味なので毎日続けられますね。

コラーゲンはドリンクで手軽に賢く補いましょう!

⇒アスタリフト公式サイト

アスコラ