20代をピークに徐々に減少傾向になってくるのがコラーゲンです。

今ではコラーゲン配合のドリンクやサプリメント、ゼリーなど様々な種類の食品が出されていますよね。

その中で気になるのが「コラーゲンペプチド」の文字ではありませんか?

コラーゲンペプチドにはどんな魅力があり、1日のベスト摂取量はどのくらいなのか気になりますね。

 

コラーゲンとの違いは?コラーゲンペプチドとは


コラーゲンペプチドには「コラーゲン」の文字がついているからコラーゲンの仲間であることには間違いありません。

どんな存在なのでしょうか?

コラーゲンとコラーゲンペプチドの違いとは

コラーゲンと言ってもその性質は大きく3つに分類されます。

1つ目は三重らせん構造になっているコラーゲンです。

魚の皮や動物、骨などに豊富に含まれていて、カレイや手羽先などの煮物をしたときに煮凝りができますよね。

それこそがコラーゲンが溶けだしたものなんです。

2つ目はゼラチンです。

コラーゲンを加熱抽出してキレイに精製したもので、三重らせん構造になっていたコラーゲン繊維がそれぞれバラバラになった状態です。

ゼラチンゼリーで使うあのゼラチンです。

温かい水などに溶けやすく8~18時間かけて固まります。

そして3つ目のラストがコラーゲンペプチドです。

ゼラチンを酵素分解してもっと分子を小さくしたものです。

分子が小さいので体内の消化吸収率が大幅にアップしています。

水に溶けやすい性質があり、15℃以下でも固まりません。

コラーゲンペプチド摂取のメリット

ゼラチン状態のサプリメントとコラーゲンペプチドのサプリメント、それぞれの吸収率を比較したところ、その差が1.8倍になったというデータがあります。

吸収力の高いコラーゲンペプチドにはより効果が期待できると判断していいでしょう。

コラーゲンペプチドを摂取し続けることでお肌の水分量や弾力、ハリがアップしてきます。

これはコラーゲンペプチドがコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成のもとになる線維芽細胞に刺激を与えて活性化させることができるからなんですね。

コラーゲンと言えば関節の痛みを緩和させることでも知られています。

コラーゲンペプチドは吸収力が高いので、軟骨の10~20%を占めるコラーゲンの生成を素早くサポートします。

他にもコラーゲンペプチドは髪の毛にコシやなめらかさを取り戻したり、すぐに割れていたもろい爪を強化したりします。

また血管の若返りや骨粗しょう症対策にも効果が期待できます。

コラーゲンペプチドの効果的な摂取方法

コラーゲンペプチドは食事でコラーゲン摂取するよりもグッと体内消化&吸収率がいいのですが、せっかく摂取したとしてもそれを無駄してしまうこともあります。

コラーゲンペプチドを摂取するときに次の効果的な摂取方法を行なってみてください。

  • コラーゲンペプチドの吸収率を上げるためにも、コラーゲン生成に欠かせないビタミンCを摂る。
  • コラーゲンは蓄えておけない物質なので毎日摂取する。
  • 若返りホルモンの別名を持つ成長ホルモンの分泌もコラーゲン生成に大切。適度な筋ドレや良質な睡眠を心がける。
  • コラーゲン生成には女性ホルモンの1つエストロゲンもサポート役として必要。エストロゲンと似た働きをする成分やエストロゲンの分泌を促す働きのある成分を含む食品も摂取する。

 

過剰摂取はNG?コラーゲンペプチド1日ベスト摂取量とは


あるデータによれば20代~50代女性のコラーゲン平均摂取量は1,900㎎なんです。

あとでわかりますが、この量は圧倒的に不足しています。

コラーゲンそのものよりも消化吸収率のよいコラーゲンペプチドにはベストな摂取量があります。

それぞれの目的で量が異なるので参考にしてみてください。

1日5,000㎎を摂取!肌弾力&水分量アップを狙う

美肌効果を目的としてコラーゲンペプチドを摂取するなら毎日最低5,000㎎がベスト摂取量です。

この量のコラーゲンペプチドを摂取していけば、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの生成を行なう線維芽細胞が活発になり、代謝がアップします。

それに伴ってコラーゲンの合成が盛んに行われるようになってくるので、お肌にハリや弾力なめらかさが戻り、シワやたるみの解消へとつながってきます。

加齢とともに減少していくコラーゲン、それでいて平均摂取量が1,900㎎では追加補給しない限りお肌もどんどん衰えていってしまうのはうなずけますね。

1日10,000㎎を摂取!関節や骨へのアプローチ

関節の痛みの緩和や骨の強化を狙うなら1日当たり最低10,000㎎のコラーゲンペプチドを摂取していきましょう。

軟骨に含まれているコラーゲン代謝が衰えてくると古くなったコラーゲンが残ってしまいます。

古いコラーゲンは当然弾力性に欠けているので、軟骨が擦り減りそれが痛みとなって現れてきます。

吸収力の高いコラーゲンペプチドを摂ることで次第に軟骨のコラーゲン量が増えて、痛みが緩和される効果が期待できます。

 

コラーゲンペプチドの過剰摂取は危険?


コラーゲンは私たちの体内にあるタンパク質の約30%を占めています。

お肌だけでなく、血管や内臓、骨、関節、髪の毛、爪などあらゆるところに存在している必須成分なので、多く摂取した方がいいのではないかと錯覚に陥ってしまいますね。

でも過剰摂取はNGなんです。

コラーゲンペプチドの消化や吸収率が高いので特に注意する必要があります。

コラーゲンを過剰に摂取すると肝臓に負担をかけてしまうことがあります。

またコラーゲンを豊富に含む食品はたいてい脂肪分も多いです。

食品から多くのコラーゲン摂取をすることで脂肪もたくさん摂ることになるのでニキビや吹き出物、セルライトの原因を作り出してしまうこともなります。

コラーゲンペプチドの摂取目安量は5,000~10,000㎎なので注意しましょう。

 

まとめ:コラーゲンペプチド配合の健康食品を利用して効率よくコラーゲン摂取しよう♪

食品でコラーゲンペプチド5,000~10,000㎎を摂取しようとなると相当な量の食事をする必要があります。

現実的に考えて無理があるんですね。

そこでオススメしたいのがコラーゲンペプチド配合のサプリメントやゼリー、ドリンク、スムージーなどの健康食品です。

低カロリーでそれでいてコラーゲンペプチドの摂取目安量を手軽に簡単に摂ることができます。

コラーゲン摂取を食事でも楽しみつつ、さらに健康食品を有効利用して効率よくコラーゲンを摂取していきましょう。

アスタリフト ドリンクコラーゲン10000がオススメ!

お肌にハリのある毎日をキープするには、コラーゲンを継続して補給しなければなりません。

コラーゲンのパワーをさらにアップしてくれるオルニチンも配合されているので美人度がアップしますよ!

富士フィルムが独自開発した高純度の低分子コラーゲン「ピュアコラーゲン」は独特の臭みや苦みが少なく、飲みやすいです!

ピーチヨーグルト味なので毎日続けられますね。

コラーゲンはドリンクで手軽に賢く補いましょう!

⇒アスタリフト公式サイト

アスコラ