コラーゲンが美肌に効果があることは知られていますよね。

コラーゲンサプリメントやドリンクなども多くなり、摂取している人も多いですが、コラーゲンはタンパク質と同じだから、タンパク質を摂ればいいのではないかと思っている人も中にはいます。

この辺りの真相も含めてコラーゲンタンパク質の関係性について調査してみました。

 

コラーゲンとタンパク質の関係性って一体?

タンパク質の一種にコラーゲンが存在しています。

私たち人間の体にあるタンパク質は炭水化物と脂質を含む三大栄養素の1つとしても知られていて、体を形成する上で欠かせない栄養成分であり、水分の次に多く存在しています。

そのタンパク質の30%はコラーゲンでできているんです。

コラーゲンはお肌だけでなく、軟骨、骨、腱、血管、内臓、目、髪の毛、爪などあらゆる器官に必要な重要成分です。

細胞と細胞の間では柱のようにつなぎ合わせる役割をしているのでタンパク質の一種コラーゲンが不足してくれば、痛みや荒れなどの何らかのSOS信号として送られてきます。

 

コラーゲン生成に必須!重要成分タンパク質とコラーゲンの関係性

コラーゲン生成をするためにもコラーゲンをそのまま摂取した方がいいのかどうか、この辺りを含めてタンパク質とコラーゲンの関係性をチェックしていきます。

タンパク質は2種類に分類される

知っていたでしょうか?一言でタンパク質と言っても大きく2種類に分けられるんです。

1つは他の物質を運ぶ役割があり、水に溶けやすくそれでいて壊れやすい性質を持つ球状タンパク質、もう1つは骨格などの構造の形成や保護する役割と持ち、球状と真逆で水に溶けにくく壊れにくい繊維状タンパク質です。

コラーゲンは後者の繊維状タンパク質に含まれています。

コラーゲン生成にはタンパク質の摂取が欠かせない

コラーゲン生成にはやっぱりコラーゲンそのものを摂るのがいいのでは…と考えがちですよね。

実はコラーゲンを生成するならコラーゲンの原料となる牛乳や卵、肉、魚、大豆製品などタンパク質の摂取をした方がいいんです。

もっと綿密に言うとタンパク質を構成するアミノ酸ということになります。

またコラーゲン生成にはもう2つ、ビタミンC女性ホルモンエストロゲンの存在は必要不可欠なんです。

この2つが不足していると最終的にコラーゲンが順調に生成されません。

ビタミンCは熱に弱い成分なのでできるだけ生で摂取するようにし、エストロゲンは40歳を過ぎた辺りから急激に減ってくるので、エストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンを多く含むお豆腐などの大豆製品を積極的に摂ることを心がけるのが大切です。

 

タンパク質の30%を占めている!そもそもコラーゲンとは

コラーゲンは加齢とともに減少していく体内成分の1つです。

だからこそ補給してあげる必要があります。

私たちの体になくてはならない成分コラーゲンにはどのような効果があるのでしょうか?

コラーゲンの効果1:美肌にする

ハリ弾力シワたるみ解消に力を発揮してくれるのがコラーゲンです。

コラーゲンの原料となるタンパク質を摂ることで体の内側からケアすることと、化粧品を使ってお肌に潤いを与えるアウターケアすることのWアプローチをしていきます。

コラーゲンはお肌に塗ることでお肌にコラーゲンが補給できるというわけではなく、あくまでも潤いを与える役割を果たします。

これによって低下していたバリア機能が回復してきたり、シワたるみが徐々に目立たなくなってきたりします。

皮膚の真皮に70%あるコラーゲンの減少を抑えるには、日々の食事とスキンケアの両面からの地道な努力は必須と言えます。

コラーゲンの効果2:関節痛の改善

コラーゲンの働きはお肌だけに留まりません。

軟骨の構成に関わっているコラーゲンの割合は50%なので、コラーゲンが不足してくれば代謝が悪くなり、コラーゲン生成が上手くいきません。

そのため古いコラーゲンが残り、新しいコラーゲンが増えないので関節痛が起こりやすくなります。

でも体の中のコラーゲン量を増やせれば、コラーゲンの生成が活発化され関節痛が改善へと向かいます。

コラーゲンの効果3:白髪や抜け毛の改善

シャンプーやコンデショナー、トリートメント剤に気をつけているのに、なぜか髪の毛にゴワツキパサつきを感じていませんか?

実はそれもコラーゲン不足が関係しているんです。

頭皮も皮膚の一部です。

コラーゲンは皮膚の真皮に70%存在するのでコラーゲンが不足してしまえば、お肌と同じように頭皮も水分不足に陥って血行が悪くなり、頭皮に栄養が充分に行きわたらなくなってきます。

これが白髪や抜け毛、薄毛の原因になっているんですね。

パサつきなどの髪のコンディションに関する悩みも含めて、コラーゲンを増やしてあげると解消されてきます。

コラーゲンの効果4:骨を丈夫にする

骨を構成している成分の代表格はカルシウムですが、20%はコラーゲンを含むタンパク質が占めているのは知っていたでしょうか?

骨粗しょう症の原因となっているのが、コラーゲンが減少することでコラーゲン繊維が古くなり、骨そのものがもろくなってしまうことにあるとされています。

骨を構成する上でまずコラーゲン繊維がベースとなり、その周りにカルシウムやミネラルなどの骨を構成する他の成分がくっついています。

真ん中にあるコラーゲン繊維を常に丈夫にして骨の強度を上げておくためには、日々からコラーゲンの量を増やしていくことが重要だとわかりますね。

コラーゲンの効果5:透明感のある美しい爪に修復

近頃爪がもろくなっていたり、縦じまの線が出てきたりしていませんか?

こんなときにもコラーゲンは有効的なんです。爪はタンパク質の一種でできています。

そこでコラーゲンを増やすことでもろかった爪が丈夫になり、透明感のある爪とへさせることができます。

爪は健康状態を見るバロメーターにもなるのでチェックしてみてください。

コラーゲンの効果6:動脈硬化を予防する

血管や内臓などにも多く存在しているコラーゲン。

体内に増やしていくと新陳代謝がよくなってきます。

血液のめぐりも改善されてきて、血管の柔軟性や強度も高くなるので動脈硬化などの血管に関する病気を予防することができます。

その他のコラーゲンで注目すべき効果とは

筋肉量アップや歯周病改善、血圧調整、血糖値の調整などもコラーゲン効果として見逃せません。

 

まとめ:コラーゲンの生成のためにタンパク質の摂取は必須です♪

コラーゲンはタンパク質の一種で体内にタンパク質が減少してくるとコラーゲン生成が上手くいきません。

またコラーゲン生成にはビタミンC女性ホルモンエストロゲンも必要です。

コラーゲンの効果を見る限り、体内にコラーゲンを増やしたくなりますね。

食事でコラーゲンに必要な成分を摂ることができるので、毎日食べる食事内容に気を遣ってみてはいかがでしょうか?

アスタリフト ドリンクコラーゲン10000がオススメ!

実はドリンクでも簡単に補給できるのです!

コラーゲンのパワーをさらにアップしてくれるオルニチンも配合されているので美人度がアップしますよ!

富士フィルムが独自開発した高純度の低分子コラーゲン「ピュアコラーゲン」は独特の臭みや苦みが少なく、飲みやすいです!

ピーチヨーグルト味なので毎日続けられますね。

コラーゲンはドリンクで手軽に賢く補いましょう!

⇒アスタリフト公式サイト

アスコラ