コラーゲンを口から食べても、本来お肌の持つコラーゲンに直接なることはありません。

それでは、コラーゲンを食べても美肌効果はないのか?

どうなのでしょう。

コラーゲンを口から食べるとまず、消化酵素でアミノ酸に分解され、体内に吸収されます。

それから、血液に入り全身をまわって各組織を形成する原料となります。

お肌ではこのような過程を経てコラーゲンが再合成されています。

コラーゲンを食べても美肌効果がない!という根拠


実は昨今の研究で、コラーゲンを食べることで、お肌が潤いプルプルになった、という結果が出ているのです。

これから、コラーゲンを口から食べることで美肌効果があるのか?

それはどういった根拠なのか、そしてコラーゲンをどのくらいの量をどのように摂取すればいいのか、お話いたしますね。

コラーゲンを形成するアミノ酸について

コラーゲンはタンパク質の一種でいくつものアミノ酸がつながってできています。

コラーゲンを形成するアミノ酸として、

  • グリシン
  • プロリン
  • アラニン
  • ヒドロキシプロリン

などがありますが、これらが全体の2/3の量を占めています。

このうちアラニンとヒドロキシプロリンはコラーゲンとは違うものに使われます。

一方、グリシンプロリンはコラーゲンの原料になります。

ですので、全てのアミノ酸がコラーゲンの原料とはならないということがわかりますよね。

コラーゲンには種類がたくさんある

体内には29種類のコラーゲンが存在します。

そして、Ⅰ型、Ⅱ型など19の型に分けられています。

コラーゲンは肌だけでなく、髪の毛にも存在しますし、関節に存在するのも有名かもしれませんね。

他にも、骨や軟骨、血管、筋肉などコラーゲンは体の中に多く存在します。

それぞれ、種類もちがってきますので、口から食べたコラーゲンがお肌のコラーゲンとして再合成されたとしても、食べたコラーゲンのうちの一部であることがわかると思います。

詳しくはコラーゲンとアミノ酸の関係性とは?その効果とは?の記事をご覧ください。

 

コラーゲンを食べると美肌効果がある!とする根拠


コラーゲンには多種類あり、コラーゲンを形成するアミノ酸も一部のアミノ酸でしかないことから、食べたコラーゲンがそのまま肌をプルプルにするとは考えにくいということが、コラーゲンを食べても美肌効果がないとする根拠になっています。

コラーゲンを増やす成分はコラーゲンペプチド

このように現在までコラーゲンを食べても美肌効果はないとされてきました。

しかし、コラーゲンペプチドという、コラーゲンの分子を小さくしたものが、お肌の真皮層に存在する、コラーゲンを作り出す細胞(繊維芽細胞)を増やす働きがあるということがわかってきたのです。

 

コラーゲンの美容効果


コラーゲンを口から食べることで、以下のような美容効果が期待できます。

  • 肌の弾力性がアップする
  • 肌の乾燥が改善される
  • 髪にコシがでる
  • 爪が健康的になる

などが挙げられます。

 

コラーゲンを沢山含む食品

  • 鳥の手羽先
  • 牛すじ
  • 鮭の皮
  • うなぎ
  • フカヒレ
  • スッポン
  • ゼリーやマシュマロなどのゼラチンそのもの

コラーゲンを沢山含む食品として、以上のようなものがありますので、是非試してみてくださいね。

コラーゲンの1日の摂取量

コラーゲンの1日の摂取量は5g~10gとされています。

コラーゲンはタンパク質の一種ではありますが、人間の身体にどうしても必要な栄養素ではありませんから、明確な基準はないのです。

美肌を目指すのであれば、加齢によるコラーゲンの減少を鑑みて、5g~10gがちょうどいい量でしょう。

コラーゲンはビタミンCと一緒に摂取すると効果的

ビタミンCにはコラーゲンの産生をサポートする働きがあります。

ですので、ビタミンCが豊富な果物や、サプリメントなどと一緒にコラーゲンを摂取するのが美肌に効果的です。

なお、ビタミンCは水溶性なので、取りすぎても容易く体外に排出されますので、積極的に摂取されても大丈夫ですよ。

ビタミンC以外にコラーゲンと一緒に摂ると良い成分

ビタミンC以外にもエラスチンも、美肌効果のある成分ですから、サプリメントなどで一緒に摂取すると良いでしょう。

コラーゲンと一緒にトリプトファンも一緒に摂ると効果的です。

トリプトファンとは人間に必要な必須アミノ酸のうちの一つです。

コラーゲンには必須アミノ酸のうち、このトリプトファンだけが含まれていないので、コラーゲンと一緒に摂取しましょう。

すると、体内で必要な多種類のアミノ酸が充足されるというわけです。

トリプトファンを多く含む食材として、豆類、魚、レバーなどがありますので、意識して食事に取り入れてみてくださいね。

 

コラーゲンを摂る時の注意点


コラーゲンを口から食べる際には、次のようなことにも意識して行いましょう。

脂肪の摂り過ぎ

脂肪の摂り過ぎは、体内でのコラーゲンの産生を妨げます

また脂肪は消化するときに、抗酸化物質を多く消費しますので、脂肪の老化につながります。

糖分の摂り過ぎ

甘いものを取りすぎると、体内で「糖化」が起こります。

糖化とは、糖分とタンパク質が結合することをいい、結果コラーゲンの「変性」が起こり、弾力性を失ってしまいます

毎日継続すること

コラーゲンペプチドの肌への効果は1日限りですので、毎日食べることが大切です。

コラーゲンを摂取するタイミング

コラーゲンを摂取する時間帯は、寝る前がいいとされています。

それはお肌が生まれ変わる夜の10時から深夜2時の時間帯にすっかり睡眠をし、その直前である寝る前の時間帯にコラーゲンを摂取すると効果的だと言われています。

なお毎日継続するためにも、生活のリズムをつくり、自分が摂取しやすい時間に、毎日摂取することも効果があります。

やはり、コラーゲンを経口摂取することには美肌効果がある!という結果になりましたね。

また、コラーゲンはカロリーが高いわけではないので、日頃から継続して摂取することができそうですよね。

身近なお菓子である、ゼリーなどからも簡単にコラーゲンを摂ることができ、コラーゲンはもはや特別な存在ではないのです。

日頃の食生活に取り入れて、美肌を自分のものにしてみてはいかがですか?

アスタリフト ドリンクコラーゲン10000がオススメ!

お肌にハリのある毎日をキープするには、コラーゲンを継続して補給しなければなりません。

気軽に摂取できるドリンクがおすすめですよ。

コラーゲンのパワーをさらにアップしてくれるオルニチンも配合されているので美人度がアップします!

富士フィルムが独自開発した高純度の低分子コラーゲン「ピュアコラーゲン」は独特の臭みや苦みが少なく、飲みやすいです!

ピーチヨーグルト味なので毎日続けられますね。

コラーゲンはドリンクで手軽に賢く補いましょう!

⇒アスタリフト公式サイト

アスコラ