「敏感肌にはアルコールはよくない」とはよく言われることです。

多くの化粧品に含まれ、メリットも多いアルコールですが、敏感肌の場合は注意が必要になります。

アルコールをはじめ、敏感肌の人が気をつけたい化粧品の成分についてまとめました。

 

敏感肌とアルコールの関係

そもそも、化粧品に含まれるアルコールにはどんな働きがあるのでしょうか?

アルコールが敏感肌に及ぼす影響について見ていきましょう。

化粧品に含まれるアルコールとは

アルコールは、化粧品に配合される場合はエタノールとも呼ばれます。

表示名としてはエタノール・無水エタノール・セチルアルコールなどがあります。

注射を打つときに使う、消毒液を思い浮かべてみてください。

肌に塗るとスーッとした感覚がありますよね?

このようにすぐに蒸発することを揮発(きはつ)といいます。

アルコールは揮発性によって雑菌を死滅させる役割があるのです。

化粧品に含まれるアルコールは、このようなスーッとした清涼感が特徴で、肌の引き締め効果もあります。

また、殺菌・防腐効果が高く、水分と油分を混ぜやすくしたり、皮脂汚れを落としたりする作用があるため、多くの化粧品に配合されています。

濃度は化粧水では10〜15%程度ふきとり化粧水やニキビ用化粧水の場合は20〜40%程度です。

アルコール入りの化粧品はさっぱりとした使用感が得られるため、脂性肌肌が丈夫な人には人気があります。

敏感肌はこんな状態

敏感肌とは、外部からのちょっとした刺激にも肌が敏感に反応し、赤みかゆみなどのトラブルが起きやすい状態です。

敏感肌は肌のバリア機能が低下し、水分や皮脂量が足りず乾燥状態になっていることがほとんど。

ひどい場合は白く粉をふくこともあります。

敏感肌へのアルコールの影響

化粧品に含まれるアルコールは、蒸発するときに肌の水分を奪ってしまうため、乾燥しやすいという欠点があります。

これが敏感肌にとっては大きな刺激となり、ヒリヒリするなど肌荒れの原因になるのです。

また、もともとアルコールにアレルギーがあって反応することもあります。

アルコール濃度が高いほど反応しやすくなるため、選び方にも注意が必要です。

季節や体調によっても変わりますが、敏感肌の場合は「アルコールフリー」と表記された化粧品を選ぶと安心でしょう。

アルコールで敏感肌になる!?

もともと敏感肌であればアルコールを避ければ済みますが、普通肌の人がアルコール入りの化粧品を使って敏感肌になってしまう、というパターンもあります。

私たちの肌にはアクネ菌やブドウ球菌などさまざまな常在菌がいますが、アルコールの殺菌作用でこれらが死滅すると、肌の免疫力が低下してバリア機能が奪われてしまいます。

こうして少しずつ肌の水分が奪われていくことにより、気づいたら敏感肌になってしまうことも。

 

敏感肌の人が注意したい化粧品の成分

アルコール以外にも、敏感肌に影響を与える成分はたくさんあります。

アルコールを避けたとしても、他の成分に反応してしまうということが十分に考えられます。

そこで、敏感肌の人が注意したい化粧品の成分についてまとめました。

化粧品のボトルやパッケージに書かれている「成分表示表」は、配合量の多い順に並んでいます。

そのため、前の方に書かれている成分には特に注意が必要です。

パラベン

パラベンは防腐剤の一種です。

旧表示指定成分であり、アレルギーを引き起こしやすいとされています。

肌にダメージを与えやすいため、注意が必要です。

また、体内に蓄積されやすく、ホルモンバランスを崩す原因にもなります。

パラベンの種類は以下の通りです。

  • ブチルパラベン
  • プロピルパラベン
  • エチルパラベン
  • メチルパラベン

このうち、ブチルパラベンがもっとも刺激が強い成分です。

中には「パラベン」としか表示されていない化粧品もあるため、敏感肌の場合は「パラベンフリー」と表記されたものを選びましょう。

界面活性剤

水分と油分を混ぜ合わせたり、洗浄力を高めたりする界面活性剤は、どんな化粧品にも含まれています。

しかし、種類によっては注意が必要です。

  • ラウリル硫酸ナトリウム

もっとも注意が必要なのがラウリル硫酸ナトリウムです。

強い洗浄力があり、肌の奥まで入り込む上分子が小さいため肌に残留しやすいのです。

また、脱脂力が高く肌に必要な油分まで落としてしまう可能性があります。

スキンケア用品はもちろん、ファンデーションやアイライナーにも使われるためよく確認しましょう。

  • ラウレス硫酸ナトリウム

ラウリル硫酸ナトリウムの改良版で、刺激や残留性が抑えられていますが、敏感肌にはおすすめできません。

  • オルフィンスルホン酸ナトリウム
  • パレス-3硫酸ナトリウム

いずれも脱脂力が高く、刺激が強い成分です。

紫外線吸収剤

日焼け止めやファンデーションに使われる紫外線吸収剤は、紫外線を浴びると肌の上で化学反応を起こします。

これが大きな刺激となるため、敏感肌の人は避けるようにしましょう。

主な成分は以下の通りです。

  • サリチル酸オクチル
  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
  • テレフタリリデンジカンフルスルホン酸
  • t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
  • オキシベンゾン
  • オクトクリレン

ハイドロキノン

多くの美白化粧品に使われていますが、もともと医師の処方がないと使えなかったほど刺激の強い成分です。

敏感肌の人が使うと、炎症や白斑(はくはん)を引き起こすことがあります。

サリチル酸

主にピーリング用品や洗顔料に配合され、角質を溶かし出すため刺激が強い成分です。

肌に必要な油分や水分を奪ってしまうため、敏感肌の場合は避けましょう。

レチノール

サリチル酸同様、ピーリング効果のある成分です。

刺激が強く、かゆみ・赤みを引き起こす可能性があります。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は肌を乾燥させやすく、酸性で肌への刺激が強い成分です。

敏感肌の場合は炎症やかゆみを引き起こすことがあります。

PG・DPG

PG(プロビレングリコール)とDPG(ジプロピレングリコール)は、保湿成分として多くのスキンケア用品に配合されています。

特に安価なものに多く、刺激が強いため避けたい成分です。

合成着色料

ファンデーションや口紅など、色をつけるために使われます。

中でも石油から作るタール色素は注意が必要です。

刺激が強いだけでなく発がん性もあり、アメリカやヨーロッパでは一部の使用が禁じられているほど。

「○色○号」という表記はすべてタール色素なので避けましょう。

香料

香料には天然のものと合成のものがありますが、一般的には「香料」としか表記されません。

香りを楽しむのは化粧品以外にして、香料不使用のものを選ぶと安全です。

 

敏感肌の場合は化粧品の成分に気を配ろう

敏感肌にとってはアルコールはもちろんのこと、それ以外にも注意したい成分がたくさんあります。

知らずに使って肌荒れを起こしたり、敏感肌が悪化したりすることのないよう、化粧品を選ぶ際は成分をよく確認するようにしましょう。

敏感肌の方にはメディプラスゲルがオススメ

乾燥が気になる方にオススメのオールインワンゲルです!

これ一本で誰でもハリツヤ・もっちり肌になれますよ!

厳選された66種類の美容成分を惜しみなく配合。

低刺激なので敏感肌の方も安心して使えます!

オールインワンなので摩擦による肌への負担を最小限にしているので洗顔後はこれだけで完了!

お風呂上りはゆっくりしたいのでこれ一本だと、とても楽ちんですね!

定期初回申し込みだと3996円(税込)から1000円OFF!さらに30日間返金保証がついているので安心ですよ!

⇒メディプラスゲル公式サイト

メディプラスゲル保湿

敏感なお肌を保護&解消!保湿効果の高いおすすめ化粧水5選では敏感肌にオススメの化粧水を紹介しています。