角栓が気になる人の中には、

「化粧をすると逆に角栓が目立つ」

という人が多いと思います。

このファンデーションで際立ってしまうぽつぽつ角栓、どうしたらよいのでしょうか?

そんなお悩みを持つあなたに、角栓が目立たないファンデーションの仕方、うまくごまかす方法などをお教えします!

またメイクはクレンジングしても毛穴に残ってしまいます。

熊野筆を使ったリファクリアなら、毛穴に毛が入り込んでくれるので毛穴のメイク残りや角栓をかき出してくれますよ!

 

角栓を目立たなくするための「とりあえずの角栓カバーメイク」

すでにできてしまった角栓は仕方がないので、今日のメイクで角栓を目立たなくする

「とりあえず角栓をカバーするメイク」

の方法をお教えします。

 

下地を変える

化粧下地には

  • パウダータイプ
  • リキッドタイプ
  • クリームタイプ

などがありますが、あなたはどのタイプの下地を使っていますか?

ファンデの上から角栓が目立つということは、肌に凹凸ができてしまっているということ。

化粧下地は、そんな肌の凹凸に入り込んでくれる「リキッドタイプ」や「クリームタイプなどの液体タイプが適しています。

液体タイプの下地をしっかりお肌に塗りこんで肌の凹凸を隠すことで、角栓は目立ちにくくなりますよ。

リキッドタイプとクリームタイプのどちらがより良いかということですが、

肌により密着しやすく濃度が高い「クリームタイプ」の方がおすすめです。

 

パール感のあるファンデで光の乱反射を利用

肌の凹凸を目立たなくするためには、光の乱反射を利用するのが王道です。

肌の上で光を乱反射させることで、肌の凹凸はあまり気にならなくなります。

そのために使いたいのが「パール感のあるファンデ」。

マットなファンデは肌の凹凸をそのまま見せてしまいますが、パール感があると光の乱反射によって肌の凹凸を目立たなくさせる視覚効果があるのです。

 

ファンデを塗るときは優しく乗せる

ファンデーションを塗るときには、伸ばすのではなく優しくとんとんと乗せるようにしましょう。

ファンデーションを刷り込むように伸ばしてしまうと、肌の凹凸を際立たせてしまいます。

それに、塗り込むことで肌に摩擦が起きて、肌を痛めてしまうことも。

とんとんと優しくたたくようにファンデを乗せてくださいね。

 

 

角栓改善のための「肌改善メイク」

角質を「とりあえずカバーメイク」でカバーするだけではなく、

毎日のメイクの中でちょっとだけ気を付けることで、角質を改善することができるかもしれません。

 

肌の乾燥を防ぐ

角栓が多い人がさらに肌を乾燥させてしまうと、角栓を悪化させてしまうことになります。

肌は乾燥すると柔軟性がなくなって強張ってしまい、毛穴も硬くなってしまいます。

そうすると、頑固な角栓を作り出しやすくなってしまうのです。

そのため、お肌の乾燥は禁物です。

メイク前にしっかり保湿し、

メイク直しの際にも、

  1. 保湿
  2. 下地
  3. ファンデ

の順番でメイクを直すようにしてください。

 

厚塗りしすぎない

角栓があるということは、毛穴に汚れやメイクが詰まっているということ。

その上さらに毛穴を詰まらすような厚塗りメイクをしてしまえば、角栓は悪化する一方です。

角栓がしっかり取れて正常な肌に戻るまでは、厚塗りメイクは控えましょう。

 

肌をこすらない

肌をこすると肌にダメージを与えてしまいます。

まして乾燥して弱っている肌をこすってしまうと、乾燥によるダメージにさらに摩擦によるダメージが加わって肌を弱めてしまいます。

肌が弱まると肌の修復力も弱まり、肌のターンオーバーが正常に行われなくなります。

そして、古い角質がたまる一方になり、角栓はさらに悪化してしまうのです。

このように、肌をこすってもなにも良いことはありません。

ファンデーションを塗るときに、こするように塗ると肌を痛める原因になりますので、優しく肌の上に乗せるように塗ってくださいね。

 

 

メイクだけでなく普段のスキンケアで角栓を改善して!

とりあえず角栓カバーメイク、肌質改善メイクについてお話ししましたが、やはり、角栓を改善するためにはメイク方法を改善するだけではだめです。

普段のスキンケアをしっかり行わなければ、角栓は改善されないのです。

とりあえず角栓カバーメイクのところで、リキッドタイプやクリームタイプの化粧下地をおすすめしましたが、しっかり下地を塗った後はしっかり落とさなければなりません。

ファンデや下地が肌に残ることで、角栓はさらに悪化してしまいます。

メイク落としは肌の乾燥を防ぐためにオイルタイプを使い、メイクをしっかり浮かして取ります。

そしてその後は、角栓落とし対策としてクレイ(泥)や炭、スクラブが配合された洗顔料を使うのがおすすめです。

しっかり洗顔をしてメイクを落としたら、開いた毛穴を冷やした化粧水でしっかり引き締め、保湿対策を怠りなくしましょう。

先ほどもお話しした通り、乾燥は角栓肌の大敵です。

  • 洗顔
  • 引き締め
  • 保湿

までをセットで毎日しっかり行うことで、角栓のないつるつる肌がよみがえるはずです!

 

洗顔ブラシを活用しよう!

洗顔のときに洗顔ブラシを活用してみましょう。

洗顔ブラシの中でもおすすめなのが、熊野筆を使っているリファクリア。

毛穴に入り込んでくれるので、メイク汚れや角栓をかき出してくれますよ!

洗い上がりもつっぱらないので、かなりおすすめです。