季節の変わり目になると「最近なんだか肌がくすみがちで…」とため息をついている方もあるでしょう。

お肌は環境の変化ひとつで非常に影響を受けやすいものですよね。

お肌のくすみがあると、お化粧ののりも悪くなり、顔色も何となく優れなかったりと、第一印象が悪くなってしまったりするもの。

この機会に、お肌に透明感を戻してみたいと思いませんか?

そんな方におすすめする、お肌のくすみ対策についてご紹介していきます!

肌のくすみってどんな状態をいうの?


若い時は、肌が肌色の明るいトーンでプルプルだったのに、年齢を重ねると一見して肌にくすみが起こってきます。

こうした肌がくすんで見えると言う状態は、肌がいつもより黒ずんで沈んだ色に見えたり、透明感がなくなりした時によく起こりますね。

肌のくすみになるのは、いろんな原因があるからです。

肌のくすみの原因と対策は?

1.紫外線

太陽が照りつける夏に多い肌のくすみが「夏ぐすみ」です。

夏ぐすみの原因は強い紫外線が肌にあたり、肌あれを起こしてごわごわしているから。

肌が茶色くくすんでいたり、ごわついたりしているのが特徴です。

肌は紫外線が当たったり、摩擦を生じるとメラニンを産生し、肌表面を以前より茶色く変化させていきます。

肌表面が紫外線でごわごわしてキメが荒くなった状態であると、光が当たった時に乱反射をおこし、くすみの原因になるのです。

対策

紫外線による肌のくすみをなくすには、外出する時には必ず紫外線防止対策をしてくことが大切

紫外線をカットする日焼け止めには、必ず紫外線をどれだけカットできるのかが記載されています。

SPFや PAが高ければ紫外線のカットする力は強いのですが、実は強すぎると逆に肌あれの原因になることもありますので、注意しましょう。

SPFや PAが低くても、こまめに2時間おきに付けなおせば、通常の紫外線は十分カットできます。

ご自分に合った日焼け止めを付けて、紫外線をカットしましょう。

また、できてしまったメラニンを還元させるため、ビタミンCを豊富に含む食材を摂取するのもおすすめです。

 

2.血行が悪い

肌のくすんでしまう場合、肌が血行不良を起こしていることがあります。

多いのが

  • 睡眠不足
  • 運動不足
  • 冷え

などが原因になります。

肌の色はグレーっぽくなり、艶もなくなります。

また血行が悪くて、ターンオーバーが遅れている場合にも、肌がごわついてくすみが生じてきます。

対策

血行不良でおこる肌のくすみタイプには、血行促進をはかるために、湯船には必ずつかり、できればぬるめのお湯で半身浴をして血行促進をしましょう。

そして一日20分以上継続して歩いたり、軽いストレッチ運動でも構いませんので、普段の生活で動かさない部分をしっかり伸ばして血行の促進をしてあげましょう。

また、肌のターンオーバを促進するために肌をマッサージするのも良いでしょう。

マッサージする時は、あまりゴシゴシと強くマッサージするのではなく、クリームをぬるときに軽く指先でくるくると優しくマッサージしていくのがポイント。

やりすぎは肌のくすみを助長しますので、力加減には注意しましょうね。

 

3.栄養不良

毎日の食事が、日々の身体を作っています。

ご自分の食事が偏っているのか案外わからない方も多いようです。

肌にくすみが起こっている場合、栄養不良が原因のことがあります。

栄養素が十分足りていなかったりしませんか?

毎日同じものを食べていたりしませんか?

対策

食事は3食きちんと食べるようにして、野菜や果物を豊富に摂取しましょう。

高たんぱく低脂肪を心掛け、甘いものや油もの摂取を控えるようにすると、偏りの少ない食事になり健康的に過ごせます。

肌荒れには、ビタミンB,C、Eなどを摂取すると、改善しやすくなります。

 

ビタミンCが多い食材

  • レモン
  • パセリ
  • ケール
  • ゴーヤ
  • 赤ピーマン
  • 黄ピーマン
  • ピーマン
  • 明太子

など

ビタミンBが多い食材

  • 豚肉
  • ナッツ
  • うなぎ
  • たらこ
  • 牛乳
  • かつお
  • まぐろ
  • レバー
  • バナナ
  • あさり
  • にしん

など

ビタミンEが多い食材

  • アーモンドなどのナッツ類
  • 植物油
  • うなぎ
  • たらこ等の魚介類
  • 西洋かぼちゃ
  • アボカド

など

4.貧血

血液中の鉄分が不足すると貧血になり、血行が悪くなることで肌のつやが悪くなっていきます。

鉄分は身体全体に酸素をめぐらせる働きがあるため、鉄が不足すると肌が乾燥したり、肌色がくすんできたりします。

さらに鉄不足で水分を排出させる機能が低下すると、むくみやすくなっていきます。

対策

貧血で肌がくすんでいる場合は、鉄分の補給が一番です。

女性なら一日に12mgの鉄分が必要になります。

食事で吸収する場合、野菜などの植物性食品に含まれる「非ヘム鉄」と、動物性食品に含まれる「非ヘム鉄」とがあり、それぞれ吸収の度合いや胃にかかる負担が異なります。

「非ヘム鉄」が多い食材

  • ほうれん草
  • ひじき
  • 小松菜

など

「ヘム鉄」が多い食材

  • 豚や鶏のレバー
  • しじみ
  • あさり

などです。

「ヘム鉄」だと胃壁に負担が少なく、食物繊維やタンニンなどの吸収阻害も受けにくく効率よく吸収されます。

「非ヘム鉄」になると、食事でとる程度ならよいのですが、お薬やサプリメントで摂取する場合は、摂りすぎると胃壁に負担がかかりやすくなりますので、胃の弱い方は摂取する量には注意して、胃薬を同時に飲んだりする工夫が必要です。

 

5.保湿不足

肌のくすみの原因で多いのが、肌表面の保湿が基本的に足りていない場合です。

肌がつるんとしてキメ細やかな肌だと、光が均等に当たって反射するのでひずみがありません。

ところが、肌表面が乾燥して凸凹していると、光が当たっても乱反射して一部に影ができてしまい、全体的に肌のトーンが下がり、くすんだ感じに見えるのです。

これは肌が乾燥していて起こることが多いです。

対策

肌が乾燥していてくすんだ感じになる場合は、保湿対策を十分に行いましょう。

自分ではしっかり保湿しているつもりでも、肌は年齢とともに水分の保湿力が低下しますから、思っている以上に保湿が必要です。

保湿する時は、角質層にたっぷり水分をしみこませなければいけません。

その後の乳液は肌の水分の蒸発を防ぐ程度にまんべんなくつけると効果的。

さらに年齢肌には、

  1. セラミド
  2. ヒアルロン酸
  3. リピジュア

などの角質層までしっかり保湿するタイプの成分で保湿すれば、より保湿効果が高いです。

 

 

まとめ

肌のくすみが気になる方に、くすみの原因と対策方法をご説明しました。

肌がくすむ状態は、様々な原因があるため、それに応じた対応が必要になります。

ご自分の肌のくすみは、どれが原因なのかを判断して、適切な対策方法で肌ケアを行ってみてくださいね。