小鼻の毛穴を塞ぐ白い角栓、べたっとテカってしまうTゾーンの皮脂、本当に嫌ですよね。

長年のお悩みになってしまっている方も多いのではないでしょうか。

間違ったケアでは余計に悪化してしまいます。

角栓と脂の関係とメカニズムを知って、正しいケア方法を身につけましょう。

鼻の角栓の正体とは?


角栓の正体をご存知ですか?

角栓は皮脂が固まった物だと思っている方が多いようですが、実は違います。

角栓の大部分は「角質」なのです。

もう少し詳しく説明すると、

  • 角質70%
  • 皮脂30%

です。

古い角質を核として、皮脂がそのつなぎ役となって固まってしまったものが角栓です。

良い角栓

角栓は悪いものだと思われがちですが、実は肌の機能にとって必要なものなのです。

角栓は肌のバリア機能を果たしています。

外的刺激から肌を守ったり、肌内部の水分が蒸散していかないように保湿を守ってくれています。

つまり、異常な状態にならない限り、角栓は良いもの・必要なものです。

悪い角栓

しかし、いくら肌に必要なものとは言っても、異常になれば問題があります。

では、角栓の異常とはどのような状態を言うのでしょうか。

一言で言えば肥大化です。

見た目としては、以下のような状態です。

  • 色が白や黄色に濁ったような色
  • 毛穴から角栓の頭が飛び出して見える
  • 角栓によって毛穴が押し広げられている
  • 角栓が詰まった毛穴から過剰な皮脂が出ている

このような状態になってしまったら、肌本来の機能を保つことは出来ません。

これは悪い角栓の状態です。

 

角栓と脂の関係とは?


角栓で気になる事と言えば、同時に過剰な皮脂が分泌され、部分的にベタ付いてしまうことです。

角栓と脂は関係があるのでしょうか?

見て行きましょう。

良い角栓と脂の関係

良い角栓、つまりは適切なバリア機能を果たしている角栓の場合、恐らく、見た目として毛穴が目立っていることは、まずありません。

肌性にもよりますが、この場合、Iゾーンの過剰な皮脂分泌やテカリも無いはずです。

毛穴・角栓・皮脂の関係は良好と言えます。

悪い角栓と脂の関係

問題は、悪い角栓の場合です。

肥大化してしまった角栓の大部分は古い角質です。

角質とは、本来は周期的なターンオーバーによって肌から取り除かれなければいけない物です。

しかし、これが、加齢や乾燥など色々な原因から、いつまでも肌に残って角栓になってしまうわけです。

つまり、角栓とは排出さるべき老廃物の塊なのです。

この老廃物の塊である角栓が毛穴に詰まると、皮脂の出口を塞いでしまうことになるので、狭い出口から分泌しようとする皮脂が、過剰にあふれ出したようになってしまいます。

正常であれば、分泌された皮脂は均一に肌表面に行き渡って皮脂膜となるはずなのです。

炎症、ニキビ、悪臭の原因に

さらに問題なのは、脂の雑菌繁殖です。

出口をふさがれて逃げ場が狭くなった皮脂は毛穴の中に残り、角栓と混ざります。

こうして長期化した角栓の周りには酸化した皮脂が溜まってしまい、次第に雑菌が繁殖します。

これは、毛穴の炎症、ニキビ、悪臭の原因になってしまいます。

 

正しいケア方法とは?


脂の対策には、

  • 角栓ケア
  • 皮脂ケア

の両面から攻める必要があります。

角栓はもとより、小鼻の脂も気になってしまう方は、是非、次にご紹介するケアを実践してみてください。

角質ケア

角栓が元で、脂も過剰に分泌してしまうので、先ずは悪い角栓を良い角栓へと生まれ変わらせてあげましょう。

角栓の70%は古い角質です。

つまり角質ケアが一番大事です。

まずは規則正しいターンオーバーのために、日々の保湿と定期的なピーリングがおすすめです。

manara ホットクレンジングがオススメ

肌を乾燥させずにメイク汚れや毛穴汚れをしっかり落とす」クレンジングです!

吸着力のあるゲルには美容成分が含まれています。

その美容成分が角質を柔らかくし古い角質や毛穴の汚れを取りやすくしてくれるのです!

  • 着色料
  • 合成香料
  • 鉱物油
  • 石油系界面活性剤
  • エタノール
  • バラベン
  • 紫外線吸収剤

7つの無添加!安心して使えますね!

今ならたっぷり2ヶ月分が2,990円(税込)で購入できるのでオススメです!

⇒manara公式サイト


保湿ケア

保湿ケアの目的は2つです。

ひとつはスムースなターンオーバーのため。

そして、もうひとつは水分不足による反射反応である過剰な皮脂分泌を改善するためです。

十分な保湿をして肌を柔らかく保つとターンオーバーがしやすくなります。

ターンオーバーが規則的であれば角栓はできにくくなります。

必要なら、

  • 蒸しタオルケア
  • スチーマーケア

取り入れると完璧です。

また、肌の中の水分が減少すると、肌を潤すために皮脂が過剰に作られ分泌します。

水分保湿ケアで皮脂分泌を正常に戻しましょう。

保湿によって、

  • ターンオーバー改善
  • 過剰皮脂分泌改善

を同時に行うことで角栓も過剰な脂もケアが出来ます。

保湿を侮ってはいけませんね。

洗顔ケア

洗顔で角栓が取れるわけではりませんが、脂のケアは出来ます。

角栓によって出口をふさがれた脂は、長く毛穴周辺に度々待ってしまい、毛穴の炎症や雑菌繁殖をも引き起こします。

毎日の洗顔で余分な脂を取り除き、清潔を保ちましょう。

ここでひとつポイントです。

洗顔は

  • 角質ケアができる酵素
  • 潤いを残して洗い上げるクレイ

配合のものがおすすめです。

代謝ケア

角栓や気になる過剰な脂は代謝力の低下や、そのコントロールが出来ていないことが原因です。

自然に代謝力を挙げるための方法をいくつかご紹介します。

  • 食生活:消化に良いものを摂る
  • 汗をかく:適度な運動や入浴の習慣
  • 睡眠:最低でも6時間以上の睡眠
  • 体を冷やさない:冷えた部屋に長時間いたり、冷たいものを好んで飲食しない

 

 

気になる小鼻の脂、正しいケア方法は?


角栓が気になるのは去ることながら、同時に小鼻の脂も目立って気になってしまう方は多いと思います。

この角栓と脂を別々のものと考えるのではなく、関連性のある物として同時にケアをしていくのがコツです。

毎日コツコツとケアをしていても、急には改善されるものではありません。

どうしても小鼻の脂が気になってしまった場合は、むやみに洗顔したり油取り紙を使うのではなく、軽くティッシュオフ程度で十分です。

一気に必要以上の脂をと除くと、肌はまた次の脂を分泌しようとします。

角栓・脂、どちらも肌のために必要な因子です。

正常を保てるよう、毎日のケアを見直していきましょう。