毛穴の黒ずみで、肌が汚く見えて困っているという人も多いのではないでしょうか?

毎日ていねいに洗顔してはいるし、これといった原因がわからずに困っている人もいるでしょう。

間違ったケア方法で、毛穴の黒ずみをさらに拡大や悪化させているかもしれません。

どうすれば毛穴の黒ずみをきれいにできるのか、顔全体に広がる黒ずみを、早くきれいに治したいと考えている人に、原因と解決策をご紹介します。

 

毛穴の黒ずみができる原因

毛穴の黒ずみはずばり肌の乾燥によって起こります。

乾燥した肌ではどんなことが起きているのでしょうか?

乾燥肌になると、単純に肌から水分が抜けていきます。

ということは、肌がどんどんしぼんでいき、隠れていた毛穴が見え始めるのです。

毛穴が広がっていき、そこへ古くなった極小の角質が毛穴にどんどん詰まっていきます。

それが毛穴のなかで黒ずんでいくのです。

毛穴の中に入り込んだ剥がれ落ちた角質は通常の洗顔では流れ落ちていきません。

そのうえに、さらに角質がたまっていき、どんどん黒ずんでいきます。

上記に関連したことなのですが、夏場で良く汗をかくので乾燥をしていないと勘違いしやすいのですが、それは間違いです。

汗=水分ではないので、汗をかく夏場だから保湿は必要ないと思うかもしれませんが、季節を問わず乾燥肌には気を使わないといけません。

 

間違ったケア方法!

毛穴の黒ずみをなくそうとやってしまいがちな失敗例を挙げてみました。

万が一やっているとすれば、毛穴の黒ずみを増やすだけなので、即座にやめてくださいね。

毛穴用のパック

毛穴の汚れを落とすためのパックはさまざま出ていますが、大抵のものは大切な角質までもごっそり落としてしまう危険なものが多いです。

角質は肌を守る大切なものなので、使用するのはやめましょう。

  • 洗浄力の強い洗顔剤を使用

こちらも肌を傷つけるので使用するのはやめましょう。

肌に強い刺激を与え、角質を剥がしてしまう原因となります。

強い洗浄力で汚れを落とすのは、肌を守る大切なものまで落としてしまいます。

  • 毛穴汚れを落とすクレンジング

化粧を落とすためのクレンジングですが、化粧をしている状態というのは、常に肌にダメージを与えていることと同じです。

一日中ダメージを受け続けたあとに、さらに強い刺激のあるクレンジングでダメージを与えたうえに、大切な角質まで落としてしまいます。

洗顔ブラシ

洗顔ブラシでマッサージすれば、毛穴の汚れがしっかりと落ちそうですよね?

こちらも汚れと一緒に大切な角質や保湿成分まで落ちてしまいます。

より一層乾燥肌が進む原因です。

 

毛穴の黒ずみには十分な保湿が重要

乾燥肌がいかにいけないことかわかっていただけたでしょうか?

乾燥肌がいけないということは、常に肌に潤いを与え、しっかりと保湿しなければなりません。

そのための解決策をご紹介します。

クレンジングはクリームタイプを

化粧を落とすクレンジングですが、保湿成分入りのクリームタイプを使用しましょう。

効果があるからと付け過ぎはNGです。

必ず適量を守ってください。

手のひらにのせて、少しずつやさしく肌の上に延ばしていきます。

全体に行き渡るように、指の腹でやさしくマッサージしていきます。

目の周りや小鼻など、くぼんでいるところはとくにていねいにマッサージが必要です。

そのあとはていねいに洗顔します。

毛穴ケアにはピーグレンがオススメ!

マイナスイオンの泥洗顔で毛穴の中まで汚れを落とします!

泥の主成分「モンモリロナイト」は、毛穴の直径の約2,000分の1の大きさ。

そのため、するすると毛穴の中に入り込み、汚れを取り除けるのです!

美肌に必要なビタミンでテカリを防ぎ、保湿成分が入ってるので肌にハリを与え、引き締めてくれます!

  • 毛穴にファンデーションがつまる・・・
  • 至近距離でみられるのが怖い・・・

という悩みをもった方にはオススメのアイテムです!

今だとトライアルセット1週間分が1,800円(税抜)で購入できます。

1週間あればお肌の変化に気づけますよ!

⇒ピーグレン公式サイト



洗顔後には必ず保湿ケア

洗顔後は必ず保湿性の高い、化粧水、乳液、美容液を付けてください。

美容液は洗顔後に毎回必須ではありませんが、化粧水と乳液は必須です。

けがをしたときに、消毒してから薬を塗りますよね?

それと同様に洗顔したあとは、必ず化粧水と乳液をつけてください。

保湿性の高い乳液を付けたあとにベタベタして気持ち悪い場合は、やわらかいガーゼで気になる部分を押さえてみると、少しは我慢できます。

室内の湿度はこまめにチェック

さらに保湿に気を使いたいひとは、部屋の湿度にも気を付けましょう。

とくに秋から春にかけては湿度の調節がとても大切です。

肌の保湿を考えると、60%以上は必要です。

9月以降は60%以下になる日も増えます。

部屋の湿度をあげたくない場合は、ぬれたタオルで肌を押さえたり、美容機器でスチームを充てるなどで対応してください。

冬になるとより一層の乾燥が進むので、そのときには加湿器を使用しましょう。

これらのことを考えると、きちんと計測できる湿度計が必要です。

長くいる場所には設置してくださいね。

 

すぐに実践して毛穴の黒ずみを予防しよう!

肌への保湿は、すぐにでも実践できるものばかりです。

毛穴の黒ずみを悪化させるアイテムの使用をやめて、保湿に気を付けてあげれば、毛穴の黒ずみは少しずつきれいになっていきます。

自宅で簡単にできることばかりですので、こちらを参考にしてぜひ試してみてください。

参考URL:http://skimanote.com