イチゴの季節になりましたね。

今回は「スーパー」で買いやすいイチゴを7種類全て買ってみて

食べ比べてみました!

百貨店や高級スーパーのイチゴは同じブランドでも「ピンキリ」なので

今回は「あえて」スーパーで買いやすいイチゴをスーパーで買って食べ比べました!!

  

採点の付け方


 

■甘さ
食べてみて感じる甘さを5点満点で採点。点数が高い方が甘い。

 

■酸味
食べてみて感じる酸っぱさ5点満点で採点。点数が高い方が酸っぱい。

 

■硬さ
食べた食感を採点。
点数が高いほど歯ごたえがあり、しっかりしている。
低いほど柔らかい。

 

■深み
甘さとは別の「しっかりした味」「深い味かどうか」
点数が高いほど「味が濃い」「深い」
点数が低いほど「あっさり」「すっきり」

 

  

【とちおとめ】日本人が考えるTHEいちご!

 

採点表

甘さ:★★★★☆
酸味:★★★☆☆
硬さ:★★★★☆
深み:★★★☆☆

 

コメント

日本人が想像するTHEいちごに近いいちごです。

甘さ、酸味、深みと非常にバランスが良く、好き嫌いはなさそう!
失敗しないイチゴと言えます。

甘さ、酸味、硬さ、深みだけでなく「サイズ感」「色」もTHEイチゴです。

関東の大学「GMARCH」、関西の大学「産近甲龍」みたいなイメージです。笑

※今回スーパーで手に入った「とちおとめ」は栃木県産ではなく愛知県産です。

  

【ゆうべに】高級感があり、とっても甘い!

 

採点表

甘さ: ★★★★☆
酸味:★☆☆☆☆
硬さ:★★★★☆
深み:★★☆☆☆

 

コメント

見た目は非常に高級感があり、手土産にもってこいです。

非常に甘いですが、あっさりしているのが特徴。

深い味わいが好きな人には物足りないかもしれません。

またすっぱいイチゴが苦手!という人には「ゆうべに」がオススメです。

  

【さがほのか】ストロベリーの風味でジューシー!


 

採点表

甘さ: ★★★★☆
酸味:★☆☆☆☆
硬さ:★☆☆☆☆
深み:★★☆☆☆

 

コメント

他のイチゴでは感じられない「いちご」の香りがするいちごです。

ストロベリー味のお菓子のような香りがします。
この香りは食べた時の「風味」に直結します。

深みが少し弱いので味が薄く感じられるかもしれませんが
非常にジューシーです。

ストロベリーのような風味を味わえるイチゴは珍しいので、新しいイチゴに出会ってみたい人にオススメです。

  

【さぬきひめ】桃やすもものようなイチゴ!


 

採点表

甘さ: ★★★★☆
酸味:★★☆☆☆
硬さ:★★☆☆☆
深み:★☆☆☆☆

 

コメント

とちおとめに次いで「THEイチゴ」を感じることができるイチゴです。

味はももとイチゴを足したようなイメージです。

もしくは甘いすももをあっさりさせたような味を想像してみると良いでしょう。

想像しているイチゴなので、こちらも失敗しないイチゴと言えるでしょう。

  

【さちのか】すっぱくて美味しい小粒の神様!


 

採点表

甘さ: ★★☆☆☆
酸味:★★★★☆
硬さ:★★★★☆☆
深み:★★★☆☆

 

コメント

見た目が小さくスイーツの飾りに使うことができそうです。

また今回食べ比べた中で一番酸っぱいイチゴでした。

しかしこの酸っぱさは嫌な感じがしません。

しっかりと深みがあるので、「酸味と深み」の融合を感じることができますす。

年配の男性で甘いものが苦手な人でも
食後に「シャンパンとさちのか」という組み合わせなら満足できそうです。

  

【ゆふおとめ】白ワインに合うイチゴ!


 

採点表

甘さ: ★★★★☆
酸味:★☆☆☆☆
硬さ:★★★☆☆
深み:★★☆☆☆

 

コメント

「さがほのか」で感じるストロベリー感を感じることができるイチゴです。

また粒も大きく手土産にも良さそう。

青臭い感じがないので、スムージーに使うのも良さそう!

また白ワインにもあいそうなイチゴです。

  

【あまおう】誰でも知ってるメジャーないちご!


 

採点表

甘さ: ★★★★★
酸味:★★★☆☆
硬さ:★★☆☆☆
深み:★★★★☆

 

コメント

非常に甘く、程よい酸味があり、深みがある。そして硬すぎず柔らか過ぎず。

という非常にバランスのとれたイチゴです。

そしてそのバランスも平均を上回っていて、非常に美味しかったです。

「あまおうって有名だけど、今では他に美味しイチゴが開発されてるでしょ!?」

という「あえて好き」な人は是非、色んないちごと食べ比べてみてください。

なぜあまおうが人気なのか分かると思いますよ!

  

手土産に持っていきたいランキングTOP3

  1. あまおう
  2. ゆうべに
  3. ゆふおとめ

やはり手土産に持っていくなら王道のあまおうがオススメでしょう。

非常にバランスよく、そしてその平均値を上回っているので喜ばれること間違いなしです。

またゆうべにも粒が大きく高級感があり、甘いのでオススメです。

酸っぱくないので小さいお子様のいる家庭に持っていくならオススメです。

ゆふおとめも高級感があります。

また普通のイチゴでは感じられないストロベリー感を味わえるので

「このイチゴ普段のいちごとは違うね!」と思われない人はゆふおとめがオススメです。

  

ジャムやスイーツに使いたいランキングTOP3

  1. さちのか
  2. とちおとめ
  3. さぬきひめ

ジャムやスイーツに使う時は「程よい酸味」と「程よい味わい」が必要です。

さちのかは深い赤なので、ジャムにしても見た目がキレイになりますし

パンケーキなどの上に載せれば映えるでしょう。

  

スムージーに使いたいランキングTOP3

  1. さがほのか
  2. ゆふおとめ
  3. さぬきひめ

スムージーに使う時、普通のイチゴだと「青臭さ」「水臭さ」が出てしまいます。

ですが「さがほのか」と「ゆふおとめ」はストロベリーの風味がするので
スムージーを作る時に入れるとストロベリー感が出て非常にオススメです。

またさぬきひめは「桃」と「いちご」を両方入れたお得感を味わえるでしょう。

  

「甘さ」ランキングTOP3

  1. あまおう
  2. ゆうべに
  3. さがほのか

甘さのダントツトップは名前の通り「あまおう」でした。

すっきりしたイチゴが好きなら「甘くてスッキリ」のゆうべにがオススメです。

さがほのかもストロベリー感が強く甘いのが特徴です。

なおゆうべに、さがほのかは酸味がほとんどないので、酸っぱいのが苦手な人にオススメです。

  

「すっぱさ」ランキングTOP3

  1. さちのか
  2. とちおとめ
  3. あまおう

さちのかは小粒なのにパンチ力のある酸っぱさがあります。
酸っぱいと言っても嫌な酸っぱさはありません。

「とちおとめ」と「あまおう」の酸味は同じくらいですが、とちおとめの方が甘みが少ないのですっぱく感じるでしょう。

酸っぱいのが大好きな人は「さちのか」、ほどよいバランスのとれた酸っぱさが欲しい人は「とちおとめ」が良いでしょう。

  

意外な味ランキングTOP3

  1. さがほのか
  2. ゆふおとめ
  3. あまおう

やはり「さがほのか」と「ゆふおとめ」の普通のイチゴとは違うストロベリーのお菓子から漂うような風味は意外性抜群です。

一度普通のイチゴと食べ比べたいですね。

また「あまおうってメジャー過ぎない?」と思っている人も他のイチゴと比べると
「王道に美味しい」と逆に意外性がありそうです。

  

当サイトの独断総合ランキングTOP3

  1. あまおう
  2. さちのか
  3. さがほのか

あまおうはバランスもよく、いうことのないイチゴでした。

甘いイチゴが好まれる時代ですから、いちごも「いかに甘くするのか」と改良されているので甘いイチゴが多いです。

そんな中「さちのか」は決して甘くないのですが、酸味と深みが強く、小粒なのでパクパクと止まらないイチゴです。
完全に独断ですが、さちのかが2位です。

そして「さがほのか」。ストロベリー菓子のような風味とジューシーすぎるほどの柔らかい口当たりが個人的に好きでした。

あまおうは赤ワインと
さちのかはシャンパンと
さがほのかは白ワインと

一緒に食べたいイチゴです。

ちょうどこの時期たくさんの種類のイチゴがスーパーに並んでいます。

そんな時、この記事が役に立てばうれしく思います。