毛穴の黒ずみが気になって、いろんな方法を試したけれど、もっと簡単でリーズナブルにできる方法はないのかな?

と、思ったことはありませんか?

毛穴の黒ずみは、オイルクレンジングなどが有名ですが、この他にさまざまな方法があります。

その一つが重曹を使ったものです。

重曹は食用やお掃除用など用途が幅広くありますが、美容でも活躍できると口コミでも評判ですが、本当に毛穴の汚れが取れて、弊害などないのでしょうか?

重曹はアルカリ性の万能アイテム


重曹が多くの人に知られたのは、ナチュラルクリーニングと言われ、お掃除の万能アイテムとして広がっていきました。

重曹は弱アルカリ性で、主に油汚れを落とすことで知られていますね。

その他には消臭効果、研磨作用など、あらゆるところに利用できるお掃除に欠かせないものです。

害がないので、皮膚についても問題がなく、手についた重曹を洗いながしたら綺麗になったことから、美容にも効果があるのではと使われるようになりました。

重曹はとても細かい粒子なので、美容に使うと毛穴の奥まで入りこんでいきますから、毛穴のそうじをするのに、大変重宝するアイテムです。

重曹は弱アルカリ性なので、肌にもなじみやすく、アトピーの方も使えるほど肌に優しい成分なのです。

 

重曹を使った洗顔方法


ではここで、重曹を使った洗顔方法をご紹介しましょう。

1.重曹パック

重曹を使ってパックをしてみましょう。

<重曹パックの材料>
・重曹 大さじ2
・水  重曹と同量か少し少な目にする(練って肌になじむ程度のゆるさにする)

たったこれだけの材料で、毛穴掃除ができるパックが仕上がります。

パックする時は、肌にたれない程度の重曹パックを付けます。

皮膚に乗せる前に、必ず腕の内側などでパッチテストを行って下さい。

人によっては、弱アルカリ性の成分が、合わない方もあります。

顔に付けたら、初めは2~5分以内のパックに留めておきましょう。

慣れてきたら、少しずつ分数を上げていき、長くても10分で終わるようにしましょう。

洗い流す時は、ゴシゴシと肌にこすり付けるのではなく、ぬるま湯で優しく洗い流します。

途中でピリピリすることがあれば、時間がきていなくても、洗い流すようにしましょう。

肌の弱い方は少しでもおかしいなと感じたら、中止して洗い流すのが安全です。
 

2.重曹洗顔

こちらはパックではなく、重曹を使って直接洗顔するというもの。

方法は簡単です。

お手持ちの洗顔フォームに、小さじ1杯くらいの量の重曹を混ぜて泡立てます。

スクラブのような洗顔になりますが、それよりは重曹の方が、粒子が細かいので安心なのですが、皮膚の弱い方や傷を持っている方、重曹がもともと合わない方などは、洗顔する時にゴシゴシ擦らないように、優しく包み込むように洗ってあげましょう。
 

効果はどれだけあるの?


重曹パックや重曹洗顔。

どちらもどれだけの効果があるのでしょう。

口コミでは重曹パックをしたら、パックを肌に乗せただけで、肌が白くなったとか、すべすべになったなどの効果があったようです。

また、重曹洗顔では、毎日の洗顔に使用すると、研磨作用があって刺激が強いため、週に1回程度、または月に一回程度に留めておき、肌への負担が少なくなるようにしたいですね。

うまく使えば肌の黒ずみがとれて、肌自体もすべすべし、スッキリした印象になります。

もちろん肌の古い角質もとれて、毛穴の汚れも一時的に落ちます。
 

重曹を使った洗顔で注意したいこと


家庭内に一つ置いておけば便利に使える重曹。

お掃除用と食用とがありますが、美容に使う時は必ず食用にしましょう。

食用の重曹は、ベーキングパウダーといってお菓子やパンを作る時などで生地を膨らませてくれるタイプ。

食べても安全なので、肌にも優しく使えます。

このほか薬用の重曹もあります。

こちらの重曹も粒子が細かいので、美容に使うのに適しています。

重曹は市販のピーリング剤に比べたら、化学薬品といった添加物がたくさん入っていないので、とても安心です。

ですが決してやりすぎないことが大切です。

肌にやさしい弱アルカリ性だからといっても、どの方にも肌にやさしい成分になっているわけではありません。

人によっては、塗ったらすぐに肌荒れを起こしたり、赤くかぶれてしまう方もあるので、必ずパッチテストをすることをおすすめします。

長時間の塗布もやめておきましょう。

肌荒れしない方でも、10分以上顔の上で放置するのは肌に負担がかかります。

重曹を何度も使った洗顔をしていると、肌に負担が来て摩擦を起こしてしまうことがあります。

こんな風に肌と摩擦が起きると皮膚が慢性炎症を起こしてしまい、逆に色黒くなってしまうこともあるようです。

これは刺激が強いと、皮膚がメラニンを産生して、そこを守ろうとするから。

重曹を使う時は、何度も使うのはやめておいた方が無難です。

 

まとめ

重曹を使った毛穴の汚れを取る方法は、簡単でリーズナブルですが、様々な難点もあるようですね。

毛穴の汚れがひどい時、一時的に使用するにはとても便利でお値段もかからないものですから、たまに行うには良い方法かもしれません。

しかし、肌に合わない方もあるようなので、くれぐれも無理をして使用することがないようにしましょう。

また、重曹で洗顔はやっぱり抵抗がある。。。

という方におすすめなのが洗顔ブラシのリファクリア!

イオンの力で汚れを浮かせて、3Dに振動させて洗顔するため、肌への負担をかけずに毛穴の汚れをかき出してくれるので、

毛穴の黒ずみ解消に一躍かってくれますよ!

⇒リファクリアの公式サイト