肌がくすむと肌色がワントーン暗くなって、老けて見えたり疲れて見えたりしがちです。

そんな嫌なくすみはどうすれば解消できるのでしょうか?

 

顔のくすみタイプ別チェック

肌のくすみの原因には様々なものがあります。

次の表の中で、あなたの肌に当てはまるのはどれでしょうか?

乾燥しがちな人
【タイプ】乾燥くすみ
【解消法】保湿ケア

 

日に焼けることが多い人
【タイプ】メラニンくすみ
【解消法】美白ケア

 

肌色が黄色や茶色の人
甘いものや炭水化物をよく食べる人
【タイプ】糖化くすみ
【解消法】食生活の改善

 

メイクが濃い目の人
肌をよくこする人
【タイプ】メイクや肌をこすったダメージによるくすみ
【解消法】地道なスキンケア

 

ストレスや睡眠不足で目の周りがくすみがちな人
【タイプ】血行不良によるくすみ
【解消法】マッサージ

あなたのくすみのタイプがわかったら、それに対応する解消法を試してみましょう。

中には複数のくすみのタイプが当てはまる人もいます。

その場合は、それぞれの解消法を試してみてくださいね。

 

 

乾燥くすみは「保湿ケア」

乾燥くすみとは、乾燥によってくすむことです。

肌が乾燥すると肌の防衛機能が低下し、紫外線が肌の奥まで入り込んでしまいます。

そうするとメラニンが沈着してしまい、くすむ原因になるのです。

また、肌が乾燥することでデコボコになり、光が当たると陰影ができることでくすみになります。

乾燥した肌には、うるおいを与える保湿ケアが何よりも重要です。

セラミドやコラーゲンが配合された保湿剤をたっぷり使いましょう。

乾燥した肌の人は、化粧水だけでは保湿になりません。

化粧水だけでいいのでは?と思いがちですが、実は化粧水だけではダメなのです。

化粧水だけだとすぐにまた乾燥してしまうので、化粧水の上から保湿効果のある保湿剤をたっぷり塗ることが大切です。

また、洗顔フォームによる洗顔を朝晩の2回行っている人は、夜だけにするのもおすすめです。

メイクを落とした後はクレンジングや洗顔フォームによる洗顔が必要ですが、朝起きた時は洗顔フォームによる洗顔は必要ありません。

お湯か水だけの洗顔にして自然に分泌された皮脂を大事に守ることで、肌の乾燥を解消できるでしょう。

 

 

メラニンくすみは「美白ケア」

メラニンくすみとは、紫外線によってメラニンが大量につくられたために、くすみが起こった状態のこと。

この場合は、美白成分が含まれた化粧品を使って、美白ケアをするのが良いでしょう。

ビタミンC誘導体、プラセンタエキスなどが配合された美白化粧品を使うのがおすすめです。

また、美容皮膚科などの医療機関を受診すれば、ハイドロキノンやレチノイン酸などが配合された、美白効果が高い美容液を処方してくれるでしょう。

もちろん、これ以上メラニンを増やさないためにも、UVケアはしっかりとしておくことが重要です。

 

 

糖化くすみは「食生活の改善」

肌が黄色、または、茶色くくすんでいる人は、糖化くすみが原因です。

糖化とは、血液中に過剰に存在する糖質がタンパク質や脂質と結びついて、糖化生成物(AGEs)を生成してしまったことにより起こります。

肌が糖化すると黄色っぽくなり、糖化が酷くなると茶色くなっていきます。

そして、肌が固くなり、老化のような現象が起こるのです。糖化してしまった肌を元に戻すことはできません。

ですから、肌のターンオーバーによって新しい肌に生まれ変わるのを待つしかありません。

糖化の原因は、過剰に糖質を摂取してしまうことです。

甘い物や、ご飯やパンなどの主食、イモ類などを食べ過ぎると、糖質の摂りすぎになります。

ですから、ケーキやお菓子などの甘い物や主食を食べるのを控えましょう。

あまりにひどい糖化が進んでいる場合は、美容皮膚科でCO2フラクショナルレーザーの施術を受ければ、ある程度は改善します。

 

 

メイクや肌をこすったダメージによるくすみは「地道なスキンケア」

肌のくすみを隠すためにメイクを厚塗りしてしまうと、メイクによって肌にダメージが起こります。

メイクがなぜ肌に悪いかといえば、メイクに使うファンデーションなどには合成界面活性剤やシリコン、防腐剤など刺激の強い成分が含まれているからです。

またアイメイクは女性にとって重要なメイクですが、目の周りの皮膚は特に弱いので、さらにダメージを受けやすくなります。

そして、メイクが濃いと、メイクを落とす際にもこすったり強い洗浄力のクレンジングを使ったりすることで、肌を傷めてしまいます。

ダメージによりくすんでしまった肌は、地道なスキンケアで修復するしかありません。

こまめに保湿をし、ビタミンC誘導体配合の化粧品などを使いましょう。

 

 

血行不良によるくすみは「マッサージ」

睡眠不足やストレスによる血行不良が起こると、目の周りなどが特にくすみやすくなります。

血行不良を解消するためには、マッサージが有効です。

オイルを肌にすり込むことで、マッサージをする時になめらかに指が滑り、肌にダメージを与えることがなくなります。

ここで一工夫として、アロマオイルを少し加えてみて下さい。

オイルの作用に加えアロマの香りが体をリラックスさせてくれます。

こめかみあたりをぐるぐると指で押しながら回したり、目の周りを押したりすることで、顔周りの血行が良くなります。

また、マッサージ店でプロにマッサージをしてもらうのもおすすめです。

また、

  • 適度な運動
  • ぬるいお湯に長時間浸かる
  • 生姜湯やスープなどを飲む

も体を温める効果があります。