クレンジング剤の中でも、油分が多めで肌への負担が少ないのがクレンジングクリームです。

乾燥肌や40代以降の肌のエイジングケアとしても役立ちます。

クレンジングクリームのメリットやデメリット、正しい使い方について見ていきましょう。

 

クレンジングクリームとは

クレンジングクリームは油分が多く、肌への刺激が少なく使えるクレンジング剤です。

界面活性剤の量も、オイルタイプやジェルタイプに比べると控えめで、肌への負担が少なく済みます。

テクスチャーが硬めで滑りがよく、うるおいを残しながら洗えるため、乾燥肌や敏感肌の人、さらに小じわやハリの低下に悩む40代以降の世代におすすめです。

また、生理前や妊娠中など、肌が敏感な時期に使ってもいいでしょう。

 

種類の違い

クレンジングクリームには、洗い流すタイプと拭き取るタイプがあります。

違いは含まれる界面活性剤の量です。

界面活性剤は、クリームに含まれる油分と水分を乳化させる目的で配合するほかに、洗浄剤の役割も果たしています。

洗い流すためには必然的に界面活性剤の配合量が多くなるため、その分肌への刺激も強くなります。

そのため、拭き取りタイプのクレンジングクリームのほうが肌には優しいと言えるのです。

しかし、拭き取る過程が手間になったり、拭き取りの摩擦が肌への負担になったりすることも。

購入時は自分の使いやすさや優先したいことを考えて選ぶ必要があります。

 

 

クレンジングクリームのメリット

それでは、クレンジングクリームのメリットを見ていきましょう。

摩擦による刺激が少ない

クレンジングクリームには粘性があり、適度な硬さがあります。

肌の上でクッションの役割を果たすため摩擦を起こしにくく、肌への刺激になりにくいのが特徴です。

 

適度に保湿ができる

クレンジングクリームには油分が多いため、洗い上がりがしっとりとした使用感で、乾燥肌の人にぴったりです。

また、界面活性剤の配合量が控えめで、肌に必要な皮脂や保湿成分を適度に残すことができます。

 

 

クレンジングクリームのデメリット

続いては、クレンジングクリームのデメリットについてです。

洗浄力は弱め

オイルタイプと比べると界面活性剤の配合量が少なく、洗浄力は弱めです。ただし、油分が多い分メイクとの馴染みはいいです。

 

ベタつきを感じることも

油分が多いクレンジングを使うと、使ったあとにベタつきを感じることがあります。

これは界面活性剤の配合量が少なく肌に優しいという証拠でもあるのですが、このベタつきを敬遠する人も多いようです。

 

 

クレンジングクリームの正しい方法

それでは、ミルククレンジングの正しい使い方について見ていきましょう。

1、手を洗う

先に手を洗って雑菌や汚れを落としておきます。

 

2、ポイントメイクを落とす

マスカラや口紅など、部分的にしっかりメイクをしている場合は、先にポイントリムーバーで落としておきましょう。

 

3、手のひらの上で温める

クレンジングクリームを手にとったら、両手で包み込むようにして温めます。

先にお湯で手を洗って温めておくといいですね

こうすることで油分が表面に出てくる転相という現象が起き、メイクの油分とクレンジング剤がなじみやすくなります。

 

4、皮膚の厚い部位からつける

クリームを頬や鼻、おでこなど皮膚の厚い部位にぽんぽんと置き、くるくると3本の指でなじませていきます。

目元は最後に行いましょう。

クリームが硬いとはじめは指先に抵抗感がありますが、ふっと指先が軽くなり、滑りがよくなる瞬間があると思います。

これが乳化の合図で、メイクとクリームがなじんだという証拠です。

 

5、乳化させながら洗い流す

しっかりなじんだら、ぬるま湯を少しずつかけながら洗い流します。

ここで水とクリームをなじませることで再び乳化が起き、今度は油から水へとなじみやすい状態になります。

一気に流そうとしても油がなじみにくいので注意しましょう。

 

6、洗顔する

クレンジングクリームは油分が多いため、これだけではベタつきが残ります。

毛穴に詰まった不要な油分を落とすためにも、必ずダブル洗顔を行いましょう。

 

7、タオルドライする

タオルで顔を拭くときも、ゴシゴシとこすらず優しく押さえるように拭き取ります。

 

 

クレンジングクリームの注意点

クレンジングクリームを使う際は、以下の点に注意しましょう。

量はたっぷりと

使用量が少ないと、肌の上で摩擦が起きやすくなります。

1回につき500円玉程度を目安にし、たっぷりと使うようにしましょう。

 

乾いた手で使う

水分があると、メイクとの馴染みが悪くなります。

入浴中に使う場合は、顔や手のひらの水分を拭き取ってから使いましょう。

マッサージは専用のクリームで

クレンジングクリームの場合、マッサージクリームとしても兼用できるというタイプも市販されています。

しかし、界面活性剤を多少なりとも含んでいるクレンジング剤は、肌にのせる時間が長くなるほど肌に負担をかけてしまいます。

また、せっかく浮いた汚れをふたたび毛穴に戻してしまうことにもなりかねません。

マッサージには専用のものを使うのがおすすめです。

 

 

クレンジングクリームは乾燥肌におすすめ

こってりとしたクレンジングクリームはのびがよく、うるおいを保ったまま使える優秀なクレンジング剤です。

特に乾燥肌で悩んでいる人にはぴったりです。

肌にやさしいクレンジングを探している人は、ぜひ試してみてくださいね。