炭酸水を利用したダイエットが今、ひそかなブームになっています。

炭酸水はスーパーやコンビニで手軽に手に入れることができ、コスパがよく続けやすいのがメリット。

ただし、炭酸水でダイエットをするためには、飲み方にコツが必要です。

炭酸水とダイエットの関係や、飲み方のポイントをまとめました。

 

炭酸水とダイエットの関係


炭酸水とは、炭酸ガス(二酸化炭素)を含む飲料水のことを指します。

天然の炭酸水も存在しますが、ほとんどは人工的に炭酸ガスを加えたもの。

一般的に炭酸水と言えば無糖のものを言い、甘味のついたものはソーダやサイダーなどと呼ばれます。

では、炭酸水を飲むことで、ダイエットにどんな効果が得られるのでしょうか?

食べすぎを防ぐ

もっとも大きなメリットは、食べすぎを防ぐということです。

炭酸水を飲むと炭酸ガスでお腹が膨れ、空腹感がやわらぎます。

これを利用して、食前に炭酸水を飲むことで食べる量を減らすことができるのです。

カロリーや糖質がない炭酸水は、まさにダイエットに最適。

もちろん、おやつがわりに炭酸水を飲んで空腹を紛らわすことも可能です。

新陳代謝を高める

炭酸水を飲むと、血液中の二酸化濃度が高くなります。

すると血管の中は酸欠状態になり、酸素を取り入れようと血管が拡張します。

これによって新陳代謝が高まり、

  • 酸素や栄養素が運ばれやすくなる
  • エネルギーが燃えやすくなる
  • 消費カロリーがあがる

といった効果が得られるように。

代謝があがれば脂肪も燃えやすくなりますよ。

便秘解消効果

炭酸ガスは胃腸を刺激し、腸のぜん動運動を活発にしてくれます。

さらに便を柔らかくし、新陳代謝が高まることによって老廃物の排出が促され、総合的に便秘へのアプローチが可能です。

普段から便秘に悩んでいる場合は、寝起きにコップ1杯の炭酸水を飲めば効果テキメンですよ。

便秘が解消されれば、下腹ポッコリや水太りの解消にもつながります。

 

炭酸水の基本的な飲み方


それでは、ダイエットに効果的な炭酸水の基本的な飲み方について見ていきましょう。

1、食前に飲む

炭酸水は「空腹時」に飲むのが一番のキモです。

食後に飲んでもダイエット効果が下がってしまいます。

食事をする10分から30分前に、一気にではなく少しずつ時間をかけて飲むようにしましょう。

2、一回に500mlが目安

一回に飲む量にも注意が必要です。

コップ1杯の炭酸水はおよそ150ml〜200ml程度ですが、この量では満腹感が得られないどころか、かえって食欲がアップしてしまう恐れも。

炭酸水は少量だと胃腸を刺激してしまうためです。

そのため、一回に300ml〜500mlを飲むのがポイントです。

ただし多すぎても逆効果のため、1日に飲む量は2リットルまでに抑えるようにしましょう。

はじめは味のない炭酸水は飲みにくいという人もいると思います。

その場合は「夕食の前だけ500ml飲む」などと決め、少しずつ慣れていきましょう。

3、一日の中でこまめに飲む

炭酸水は、一度に大量に飲んでも効率がよくなるわけではありません。

それどころか、かえってお腹がゆるくなって下痢をする可能性もあります。

理想は

  • 寝起き
  • 毎食前
  • 寝る前

など4〜5回に分けて摂取することです。

小腹が空いたときに飲んでも効果抜群です。

 

炭酸水の飲み方のポイント


さらに、炭酸水の飲み方のポイントについても見ていきましょう。

ダイエット目的なら無糖タイプを選ぼう

炭酸水と炭酸飲料はまったくの別もの。

甘味料入りの炭酸飲料は、飲めば飲むほどダイエットから遠ざかってしまいます。

必ず裏の表記を見て、糖分が含まれていない炭酸水を選ぶようにしてください。

軟水と硬水の違い

水には軟水と硬水があり、日本で発売されている水のほとんどは軟水です。

そのため、日本人にとって飲みやすいのは軟水ですが、ミネラルが豊富な硬水は便秘解消に効果的。

ただし硬度が高いほど飲みにくくなるので、自分が飲みやすい硬度の水を探してみてもいいでしょう。

硬水を飲みすぎるとお腹がゆるくなることもあるので注意してくださいね。

飲みすぎに注意

炭酸水は、飲みすぎると逆効果になることもあります。

炭酸水は酸性のため、体が酸性に傾きすぎたり、酸が歯のエナメルを溶かしたりする恐れも。

炭酸水を飲む量は一日2リットルまでにし、寝る前に飲んだら歯みがき・うがいを忘れずに行いましょう。

味に飽きたらアレンジも可能

毎日炭酸水ばかりを飲んでいると、飽きてくることもありますよね。

その際はなるべく低カロリーな食材でアレンジをしてみましょう。

炭酸水で割るのにおすすめなのは以下の食材です。

  • レモン汁
  • グレープフルーツの絞り汁
  • トマトジュース
  • 赤しそジュース
  • しょうが
  • 紅茶

 

炭酸水で効果的にダイエットをしよう


空腹時に炭酸水を飲めば、ダイエットにぴったりの効果を得ることができます。

毎日決まった量を飲むだけなので続けやすいですが、必ず無糖タイプを選ぶことが大切です。

正しく飲んで、効率よくダイエットを実現させましょう。