日本には、よく見る苗字から読み方さえ分からない苗字までいろんな名前があります。

ランキング上位の苗字の人や何人もの同姓同名の人に
会ったことがある人は、もっと珍しい苗字が良かったな~

と思うこともあるのではないでしょうか。
今回は、思わず二度見してしまうほど珍しい苗字をご紹介します。

 

一文字の苗字

では、まず一文字の珍しい苗字からご紹介しましょう。

 

塩(しお、えん)

福島県、鳥取県、東京都に多いと言われる苗字です。
全国に約1,000人いると言われていますが、私はまだ1人も会ったことがありません。

いるらしいですよ!

現福島県東半と宮城県南部である磐城国石城郡塩村が起源(ルーツ)
引用:https://myoji-yurai.net

 

 

鉄(くろがね、てつ)

茨城県、福島県、兵庫県、東京都に多いと言われています。
「くろがねさん」って、何かかっこいいですね!

↑Re:私も「ほほ~う」となりました。笑

漁業従事者が漁具を鉄で製造したことからと伝える。
引用:http://blog.livedoor.jp

 

 

髭(ひげ)

大阪府や石川県に多いと言われる苗字です。
関西に住んでいれば、いつか出会えるでしょうか?
とくに和泉市に多いそうです。
あだ名で「ヒゲ」と呼ぶことはありましたが、近くにこの苗字の人が
いたら困るのでこれを機にあだ名を「ヒゲさん」に変更します。

現京都府北西部と兵庫県東部である丹波国多紀郡の有名氏族。
引用:https://myoji-yurai.net

 

 

意味を考えてしまう苗字

次に、思わず“どういう人なの!?”と考えてしまう苗字をご紹介します。

 

二股(ふたまた)

よく考えれば、三股さんがいるんだから
二股さんがいたっておかしくないですよね。
京都府、長崎県に多い苗字と言われています。
ルーツを知れば立派な苗字なのですが、改名したいと願う人もいるのではないでしょうか。

桓武天皇の子孫で平の姓を賜った家系である平氏(桓武平氏)三浦氏族。
引用:https://myoji-yurai.net

 

浮気(うき、うわき、ふけ、うきげ)

これもまた驚きの苗字です!
調べてみると、地名がルーツだということが分かりました。
浮気さんは、ルーツである滋賀県に多いようです。

滋賀県守山市浮気町(ふけちょう)が起源(ルーツ)である。
引用:https://myoji-yurai.net

でも、やっぱり「うわき」という読み方はイヤなんじゃないでしょうか…。

 

官能(かんの、かんのう)

岡山県や大阪府に多いと言われています。
私は岡山の出身ですが、この苗字に出会ったことはありませんでした。
由来は不明ですが、漢字だけを見ると元々の官能さんは
立派な人だったのではないかという気がしますね。
実際に、教授職の官能さんもいるようです。

 

 

幸せになれそうな苗字

次は、その苗字になったら幸せになれそうな苗字をご紹介します。

 

幸福(こうふく)

ズバリそのままの読み方ですが、こんな幸せそうな苗字の人がいるなんて羨ましいです。
兵庫県、鹿児島県、東京都に多いと言われています。
そのルーツは「幸福寺」というお寺の名前だという説もありますが、
貧乏だったから名前だけでも幸福に、というご先祖様の願いが込められているという説も。

祖先は農民。家は貧乏だったから、名前でも幸福に
引用:http://j-town.net

 

 

微笑(ほほえみ、びしょう)

こちらも読み方はそのまんま。
佐賀県や長崎県、埼玉県に多いと言われています。
「ほほえみさん」なんてほんわかした苗字だと、気の優しい人に見えそうですよね。

起源(ルーツ)は長崎県松浦市の臨済宗僧侶による明治新姓。
引用:http://www2.myoji-yurai.net

↑Re:全国に20人ほどしかいないと言われる「微笑さん」に会うなんて、
座敷童に会うくらい奇跡的な話かもしれませんね!

 

無敵(むてき)

もしマリオなら、永遠にピカピカしていられるということです☆笑
山口県、熊本県、大分県に多いと言われています。
名前の由来は戦の功績を称えられたことだそうで、
何と最初の「無敵さん」はお餅屋さんだったという説も。

山口県下関市の餅屋が1866年(慶応2年)の長州征伐での
長州軍と幕府軍の戦いに参戦して石を投げて奮戦したことにより、
高杉晋作からその功績を称えられ「無敵幸之進勝之」の名前を賜ったとされる。
引用:http://www2.myoji-yurai.net

 

 

犬と猫が入った苗字

最後に、馴染みの深い「犬」と「猫」の字が入った苗字をご紹介します。

 

犬(いぬ)

何と!北海道のある1世帯のみですが、
そのまんまの「犬さん」が存在しているようです!!

名前の由来は犬を神聖的な扱いをした事によって誕生した名字とも言われるとのこと。
引用:http://www2.myoji-yurai.net

 

猫がつく苗字

猫さんはいませんでしたが、猫がつく苗字は結構あります。
猫島(ねこしま)さん、猫田(ねこた、ねこだ)さん、猫塚(ねこづか)…
何と20個以上の苗字が存在しているようです。

 

おわりに

いかがでしたか?
調査していると、「貴」という苗字や「何」という苗字の人が
飲食店で店員に名前を呼ばれたときの面白エピソードもありました。
さらに、苗字の歴史を調べると意外と面白いことが
たくさん分かるので興味のある人はぜひ調べてみてくださいね!