妊娠中や産後に肌のトラブルが出るようになって困っていませんか?

  • 「今まで使っていた化粧品でかぶれた」
  • 「シミや黒ずみが目立ってきた」
  • 「肌の乾燥がひどくなった」
  • 「吹き出物やニキビが出るようになった」

など、妊娠中や産後に敏感肌になる人は多いんです。

そこで今回は、妊娠中や産後に敏感肌になる理由と女性なら知っておきたい産前産後のスキンケア方法をご紹介しますね。

正しいスキンケアで産後の敏感肌はちゃんと落ち着いてきますので安心して下さいね。

妊娠中や産後に敏感肌になる理由

今まで肌トラブルがなかった人にとっては、妊娠して突然肌がかぶれたり荒れたりすると不安になりますよね。

でも安心して下さいね。

妊娠時は体が大きく変化する時なので、ほとんどの人が経験することなんですよ。

まずは妊娠中や産後に敏感肌になってしまう理由を知って不安を取り除きましょう。

 

1、ホルモンバランスの変化

妊娠中に増える女性ホルモンにプロゲステロンとエストロゲンがあります。

妊娠初期にはプロゲステロンが増えることによって皮脂量を増やし、メラニンの生成も活発になります。

同時に水分をコントロールしたりコラーゲンの増加を促す美肌作用のあるエストロゲンを抑えてしまうことによって肌荒れが起きやすくなるんですね。

どちらも分泌量が増えることによって普段よりも肌が刺激に過剰に反応してしまうようになります。

産後はこれらのホルモンが急激に低下することにより、肌への影響が大きくなります。

 

2、栄養不足

妊娠初期にはつわりで食事が偏ったり、食べる量が減ったりして栄養不足になりがちです。

また、胎児が育つにつれ母体よりも胎児に栄養が送られるため、母体の栄養不足にもなります。

産後も母乳を通して栄養が送られるため、肌はもちろん体に必要な栄養素が不足してしまうんですね。

 

3、体の浄化作用

妊娠中は体の浄化作用が高まります。

胎児に毒素が運ばれないようにするためですね。

そのため、体にかゆみが出たり、吹き出物が出たりしやすくなります。

 

4、睡眠不足・ストレス

妊娠中の体の変化や、産後の忙しい育児で睡眠不足やストレスが大きくなってしまいます。

睡眠不足になると肌の修復がしっかりと行えないため、丈夫な肌が作られにくくなります。

ストレスも自律神経を乱し、体の機能がうまく働かなくなってしまいます。

 

5、便秘

妊娠中はホルモンの作用や、お腹が膨らむことから便秘になりやすくなります。

便秘になると栄養素がうまく吸収されなかったり、毒素の排泄がうまくいかず肌に悪影響が出るようになります。

このように、妊娠することによって様々な体の変化が起こるので肌がゆらいでしまうのは仕方がないことなんですね。

これらの変化は時期が来ると落ち着いてくるものばかりなのであまり不安にならずゆったりと過ごすことが大切です。

 

 

時間がなくてもスキンケアは必要です!

このように妊娠することによって心身ともに変化のある時はついスキンケアもさぼりがちになりますよね。

ましてや産後には赤ちゃんのお世話で自分の肌を気にする時間なんてない!

なんてことにもなってしまいます。

さらに妊娠中に敏感肌になったことで、スキンケアをどうしたらいいのかわからないという人もいると思います。

でも、時間がない、余裕がないからといって放っておいたら後々の肌にトラブルが起こってしまいます。

敏感肌が回復しないことにもなりかねません。

こんなときだからこそ、正しいスキンケアをして不安定な時期を乗り越えましょう!

 

これだけはしておきたい!妊娠中と産後のスキンケア

そこで、余裕のない妊娠中や産後でもこれだけはしておきたいスキンケアのポイントをお伝えします。

丁寧に時間をかけるよりも、「刺激が少なく、シンプルなケア」が大切です。

 

1、クレンジング

1番肌に負担をかけてしまうのがクレンジングです。

合成界面活性剤が多く含まれているオイルクレンジングやリキッドクレンジングは避けて、クリームやミルククレンジングにしましょう。

ミネラルパウダーやフェイスパウダーだけのメイクならクレンジングを省いて洗顔だけでも落とすことができます。

クレンジングをする際も手早く時間をかけずに済ませるようにしましょう。

 

2、洗顔

洗顔料よりも固形石けんがおすすめです。

肌に負担になる余分なものが含まれていないため刺激が少なくなります。

しっかりと泡立てた泡をふわふわと円を描くように顔に広げ、32度程度のぬるま湯でしっかりとすすぎます。

 

3、化粧水

洗顔の後はすぐに化粧水をつけるようにします。

敏感肌用の刺激が少なく、合成物質が含まれていない化粧水を選びましょう。

肌につける時もコットンなどでパッティングはせず、手のひらで包んで押さえるようにつけていきます。

 

4、美容液

敏感肌は乾燥肌でもあります。

バリア機能が低下している肌にはセラミドなどの保湿成分の入った美容液をしっかりと塗るようにします。

肌によい美容成分がたくさん入ったものよりも、敏感肌に必要な保湿成分が入ったシンプルな美容液がおすすめです。

また、化粧水と美容液がひとつになったオールインワンゲルなども余裕のない妊娠中や産後にはおすすめのアイテムですね。

 

5、メイク

リキッドファンデーションやクリームファンデーションなどは油分が多く刺激もあり、落とす時も肌に負担をかけてしまいます。

敏感肌の時期にはパウダーファンデーション、フェイスパウダーなどの油分の少ないものがおすすめです。

下地には紫外線がカットできるものを選び、その上にフェイスパウダーをつけるだけでも肌を優しく保護することができますよ。

 

 

妊娠中に避けたい精油成分

妊娠中のスキンケアで注意したいのがエッセンシャルオイルです。

敏感肌用や、天然を唱っている化粧品には天然のエッセンシャルオイルで香りをつけているものも多くあります。

その中には妊娠中は避けたいものもありますので注意して下さいね。

特に排卵刺激があったり、通経作用(子宮の中のものを出す)があったり、神経毒性が強いものを載せておきますので参考にしてください。

  • シナモン
  • スペアミント
  • ペパーミント
  • ユーカリ
  • ローズマリー
  • カモミール
  • ラベンダー

これらのエッセンシャルオイルは使ったからといってすぐに悪影響が出るわけではありませんが、

安全のためになるべく避ける方がいいでしょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

妊娠中や産後の敏感肌の理由とスキンケアのポイントがお分かり頂けましたか?

時期が来たらホルモンバランスも元に戻り、敏感肌も落ち着いてきますので安心して下さいね。

だいたい月経が再開するころが目安になります。

敏感肌の時期にしっかりと正しいスキンケアをすることでその後の肌に違いがでてきますので、ぜひゆったりと楽しく肌をいたわってあげて下さいね。