生理前になると心身ともに不調になってきませんか?

特に肌の調子が不安定になり、肌トラブルも起きやすいのでもうすぐ生理が来ることも分かるくらいですよね。

そんな生理時になる敏感肌の原因とスキンケアのポイントをご紹介します。

原因を知って対策をとれば毎月来る生理時の敏感肌もスムーズに過ごせますよね♪

 

生理と女性ホルモンの関係

その前に、生理と女性ホルモンの関係を知っておいて下さいね。

生理に関係している女性ホルモンにプロゲステロンエストロゲンがあります。

 

プロゲステロン

生理前に多く分泌される女性ホルモン。

妊娠するためには欠かせない大切なホルモンですが、このホルモンの作用に、

  • 脂肪や水分をためこむ
  • 皮脂を多く分泌する
  • メラニン色素の生成が活発化する

などがあります。

精神面でもイライラしたり不安定になるのはこのホルモンの作用によるものなんですね。

 

エストロゲン

生理が終る頃から多く分泌される女性ホルモン。

女性らしさを作るホルモンといわれるエストロゲンは水分を保持し、新陳代謝を高め、コラーゲンの生成を促進する作用があります。

別名美肌ホルモンと呼ばれています。

生理前にはプロゲステロンが多く分泌され、生理が始まるとどちらのホルモンも減少し、生理が終るとエストロゲンが多く分泌され、排卵日を境にエストロゲンは減少しプロゲステロンが増え始めます。

このような周期で女性ホルモンは分泌されているんですね。

 

 

生理時に敏感肌になるのはなぜ?

ではなぜ生理時は肌トラブルが起きやすく、敏感肌になるのでしょうか?

先に述べた女性ホルモンの作用が関係しているんですね。

  • 生理前はプロゲステロンが増え、皮脂を多く分泌、メラニン色素も活性化するため紫外線の影響を受けやすくなる
  • 生理前はエストロゲンが減少するため、乾燥しやすく、ターンオーバーが衰えてしまう
  • 生理中はどちらのホルモンも減少するため、水分と皮脂のバランスが崩れ、乾燥も進みバリア機能が低下してしまう
  • 生理時はプロゲステロンの影響で精神的に不安定になり自律神経を乱しやすく、質のより睡眠が取れなかったり、肌の修復機能が正常に働かなくなる

このような理由から、生理時には敏感肌になりやすく、肌荒れも起こしやすくなるようです。

 

 

生理前、生理中に気をつけたいスキンケアのポイント

生理時の敏感肌は女性であれば避けられないことが分かりましたね。

でも、「じゃあ、肌が荒れるのは仕方ないのね・・・。」なんてあきらめないで下さいね。

そんな生理時のゆらぎ肌に気をつけたいスキンケアのポイントをご紹介します。

これらのポイントにをに気をつければ、肌トラブルを悪化させることなく乗り切れますよ!

 

正しい洗顔+保湿

正しい洗顔とは、刺激のない洗顔料や固形せっけんをふわふわに泡立てて、優しく洗い、しっかりとぬるま湯(32度程度)ですすぐことです。

最もシンプルなケアですが大切なことですね。

その後の保湿も重要です。

肌トラブルがあると美容液は避けてしまいがちですが、保湿成分を補うには美容液が効果的です。

化粧水などで水分を与えても保湿成分がなければ水分は保持できないので、保湿にはセラミドなどの保湿成分を補うようにしましょう。

 

刺激のある化粧品は避ける

美容成分がたくさん入っていたり、合成界面活性剤や合成香料などが含まれていたり、洗浄力のつよいクレンジングやシャンプーは避けるようにしましょう。

普段大丈夫なものでもこの時期は過剰に反応してしまうことがあります。

 

攻めのケアはしない

  • 美顔器
  • ピーリング
  • 酵素洗顔
  • パック

など、もっと美肌になりたいための攻めのケアはしないようにします。

また、新しいスキンケアアイテムなど初めて使う化粧品は避けるようにします。

この時期は敏感肌になり、肌のバリア機能が低下しています。

少しの刺激にも反応して肌荒れを起こしやすいので、刺激になるケアはお休みしておきましょう。

 

クリームなどの油分は避ける

化粧水の後、美容液、そしてクリームという順番でスキンケアをしていますか?

この時期は皮脂の分泌が活発になっています。

皮脂が多くなることで毛穴が詰まりやすく、肌も乾燥してしまいます。

必要に応じて部分的にクリームを塗るのはいいのですが、皮脂が多く出ている部分は避けるようにしましょう。

肌の状態によって使用を加減するのも大切ですね。

 

メイクは油分の少ないパウダーに

リキッドやクリーム状のファンデーションは油分が多く、強いクレンジングが必要だったり、毛穴を詰まらせたりしてしまいます。

この時期は特にパウダーファンデーションやフェイスパウダーなどで、出過ぎた油分を吸ってくれるようなメイクにした方がいいでしょう。

落とす時もクレンジングが必要ないアイテムもあるので肌が敏感な時はおすすめですね。

これらのポイントに気をつけることで生理時も穏やかに過ごせますよ。

 

 

その他生理時に気をつけたいこと

その他にも生理時に肌のために気をつけたいことを紹介しますね。

 

睡眠を十分にとって体を休める

この時期は体も変化についていくのに大変です。

睡眠は体の変化を穏やかにしてくれるので、しっかりと睡眠をとることでスムーズに変化していきます。

体が整うと、肌の修復も進みやすいですね。

 

体を冷やさず、半身浴などで温める

生理時は体温が下がり、血流が悪くなります。

血流が悪くなると肌細胞に栄養が運ばれにくく、ターンオーバーも鈍り、肌トラブルを悪化させてしまいますね。

体を冷やさないようにすると同時に半身浴などで体を温めることで効果がありますよ。

 

低用量ピルはおすすめしません

低用量ピルで女性ホルモンをコントロールし、PMS(生理前の不快症状)や肌荒れを防ぐ方法があります。

症状は改善されてもやはり自然の流れを人工的にコントロールするのは体にはよくありません。

この時期は自然な方法でうまく乗り切ることをおすすめします。

 

 

まとめ

生理時の敏感肌の原因とスキンケアのポイントはお分かり頂けましたか?

毎月生理が来るのが憂うつだなと思っていたあなたも、スキンケアを少し見直すだけでスムーズに乗り切れるかもしれませんよ。

さらに女性ホルモンをうまく活用して、攻めと守りのスキンケアでさらなる美肌を目指しましょう♪