洗顔というと洗顔料を使うのが一般的ですが、そこで問題になるのが洗いすぎで肌荒れやトラブルが起きることです。

そこで、夜は洗顔料を使い、朝はぬるま湯だけで顔を洗うという方法が注目されています。

この方法のメリットや、向いているシチュエーションについてお伝えします。

 

洗顔料を使わないスキンケア方法とは?

夜の洗顔はメイクを落とすという意味でも、一日の汚れを落とすという意味でも洗顔料を使ったほうがいいでしょう。

しかし、朝の洗顔では洗顔料を使う人とそうでない人に分かれる傾向があります。

夜に洗顔料を使えば朝はそこまで汚れていないので洗顔料は必要ないという意見もあれば、朝も洗顔料を使ってしっかり汚れを落とすべきという意見もあります。

一体どちらが正しいのでしょうか。

 

洗いすぎによって肌は痛んでいく

長年肌荒れを繰り返している人は、洗いすぎによって肌を傷めている可能性があります。

肌表面にある表皮は約0.2mmととても薄く、洗浄剤や摩擦の刺激によってすぐに傷ついてしまいます。

これによって肌が持つバリア機能が低下するとさらに刺激を受けやすい状態になり、肌トラブルが起きやすくなるという悪循環に。

すでに刺激に弱くなっている敏感肌の人はもちろん、乾燥肌の人も洗いすぎによって肌本来のうるおいが失われているかもしれません。

また、皮脂分泌が多い脂性肌の人は、ベタつきを抑えたいがために洗顔料を使う人も多いでしょう。

しかし、洗顔料で皮脂を必要以上に奪われてしまうと、肌はうるおいを守ろうとして皮脂を分泌し、更に顔がテカってしまうこともあるのです。

つまり、夜に洗顔料を使って洗顔をして、朝はぬるま湯だけで洗顔して皮脂やうるおいを必要以上にとりすぎないことが、美肌への近道だと言えるのです。

 

ぬるま湯洗顔で汚れは落ちるの?

そこで気になるのは、洗顔料を使わなくても汚れは落ちるのか?ということではないでしょうか。

一日の汚れや皮脂、メイクなどは夜の洗顔で落とします。

朝の洗顔で落とす必要があるのは、寝ている間にかいた汗や分泌された皮脂、ホコリなどの汚れ。日中のように活動していたわけではないので、そこまで汚れ方が激しいわけではありません。

また、せっかく夜に化粧水などでケアをしたのに、朝に洗顔料を使うと落ちてしまうといった面もあります。

皮脂汚れや汗・ホコリは、体温以上(35℃〜36℃)のぬるま湯を使えば十分落とすことができます。

はじめは顔のベタつきが気になるかもしれませんが、1ヶ月前後で肌の状態が落ち着き、違いが感じられるはずです。

 

 

洗顔料を使わないスキンケアのメリット

朝に洗顔料を使わないことで、このような効果が得られます。

洗いすぎを防いで肌本来の力を取り戻す

肌の洗いすぎはバリア機能を弱め、ターンオーバーを乱します。

肌がうるおいを保つためのセラミドや天然保湿成分は、スキンケア用品を使えばすぐに回復するというものではありません。

一度バリア機能が弱まってしまうと、回復までに数日かかると言われています。

弱った肌は、紫外線や乾燥、アレルギーなどに敏感になり、炎症や痛みなどのトラブルが起きやすくなります。

洗いすぎをやめることで、肌が本来持つセラミドや天然保湿成分、皮脂のバランスが整います。肌のターンオーバーが正常化し、それによって過剰な皮脂分泌や乾燥、ニキビといったトラブルが解消されることにつながるのです。

 

敏感肌に負担をかけない

敏感肌は、少しの刺激でもかゆみや炎症を起こしてしまう状態です。

この場合も、洗顔料に含まれる洗浄剤からの刺激を抑えるために、ぬるま湯洗顔がおすすめです。

 

乾燥肌では程度なうるおいを保てる

洗顔料を使った洗顔は皮脂を奪いすぎるだけでなく、古くなった角質を取り除くことで乾燥しやすい状態を作り出します。

皮脂はニキビやテカりの元になるため敬遠されがちですが、外部の刺激から肌を守るためにある程度は必要なもの。

乾燥肌の場合、洗いすぎによって肌に必要な皮脂まで奪ってしまっている可能性があります。

ぬるま湯洗顔で適度なうるおいを保てば、肌の皮脂バランスも自然に整えられるでしょう。

 

コストや手間が減る

1日2回使っていた洗顔料を1日1回に減らすと、単純に使用量もかかる費用も1/2になります。

また、忙しい朝の時間帯に洗顔料を泡立てる手間も省けるため、時間の節約にもなります。

 

洗顔料が必要ないシチュエーションとは?

朝に洗顔料を使うかどうかは、結局は個人の判断です。

状況に応じて使い分けるようにしましょう。

肌の調子や季節に応じて使い分けよう

個人の肌質や環境によって状況はさまざまです。

朝の洗顔料の使用の有無は、そのときの肌の調子や季節に応じて変えるようにしましょう。

睡眠や食事の状態にも肌は大きな影響を受けますし、特に女性は生理に伴うホルモンバランスの変化も関係してきます。

例えば、普段は脂性肌だけど秋冬は乾燥しがち、という人もいるかもしれません。

この場合は夏の間は洗顔料を使い、秋冬は朝はぬるま湯洗顔に切り替えてもいいでしょう。

逆に夏にエアコンや紫外線の影響で乾燥するようなら、ぬるま湯洗顔をすればいのです。

このように、毎朝起きたときの肌の状態によって、朝の洗顔料の使用の有無を決めてもいいでしょう。

 

 

洗いすぎに注意!洗顔料は使いすぎない意識が大切

肌の悩みが気になるあまり、毎日しっかりと洗顔料を使っている人は、かえってトラブルを招いているかもしれません。

与えすぎや洗いすぎが、必ずしも肌にいいとは限らないのです。

乾燥や皮脂分泌が気になったら、朝だけぬるま湯洗顔をして肌本来のバランスを取り戻すことを意識してみてはいかがでしょうか。