目元や口元にできるシワは、いつの時代も女性を悩ませる問題のひとつ。

シワができてしまう背景には、コラーゲン不足が大きく影響しているのです。

今回は、シワ対策に役立つコラーゲンの摂取方法についてご紹介していきましょう。

シワの原因はコラーゲン不足?


肌表面の表皮の下にある真皮は、7割をコラーゲンの繊維が占めています。

網目状のコラーゲンをエラスチンがつなぎ合わせ、クッションのように皮膚の弾力を保っているのです。

さらに、その隙間をヒアルロン酸などが埋めています。

シワのすべてが、コラーゲン不足によるものとは限りません。

目尻や口元にできる浅いシワは、一時的な水分不足でできるものがほとんど。

一方で、表情を変えても元にもどらず、深くできたシワは、肌の奥の真皮のコラーゲンやエラスチンが不足してできたと考えられます。

コラーゲンが不足するとどうなる?

コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などの成分を生み出す繊維芽細胞は、加齢や紫外線の影響で少なくなり衰えてきます。

すると肌の弾力やハリがなくなり、肌がどんどんしぼんでたるみやシワが生まれる原因に。

また、コラーゲンは肌の新陳代謝を促進したり、細胞・組織を修復したりする役割も持っています。

コラーゲンが不足することで肌のターンオーバーが乱れ、

  • 乾燥
  • ニキビ

などさまざまなトラブルを引き起こす可能性もあるのです。

 

コラーゲンが不足する原因


では、コラーゲンはなぜ不足してしまうのでしょうか?

生活習慣

肌の新陳代謝には、生活習慣が大きく関わっています。

  • 睡眠不足
  • 偏った食事
  • 寝不足

などは細胞の生まれ変わりを妨げ、コラーゲン不足を引き起こす可能性があります。

紫外線

紫外線にはA波とB波があり、

  • シワの原因となるのがA波
  • メラニンを作ってシミを作り出すのがB波

です。

A波はB波と比べて波長が長く、真皮層までとどいてコラーゲン組織にダメージを与えます。

また、ダメージが蓄積されるほど肌が生まれ変わろうとする力が高まり、より多くのコラーゲンが消費されることに。

さらに、紫外線を浴びることで体内で活性酸素が発生します。

活性酸素は適量であれば体にいい働きをしますが、増えすぎるとさまざまな老化減少を引き起こします。

そのため、紫外線の肌への影響は光老化と言われています。

加齢

コラーゲンが不足するもっとも大きな原因は加齢です。

女性ホルモンには

  • エストロゲン
  • プロゲステロン

の2種類があり、女性は歳をとるにつれてエストロゲンの分泌量が減っていきます。

エストロゲンはコラーゲンの生成に大きく関わっているため、エストロゲンの分泌量の低下に比例して減っていくというわけ。

歳をとるほどシワが増えていくのには、こういう理由があるのです。

コラーゲンの材料不足

コラーゲンが減り続けるだけでなく、新たに作り出せないのも不足する原因のひとつ。

体内でコラーゲンを生成するには、材料となるたんぱく質が必要です。

たんぱく質不足がコラーゲン不足を引き起こしているかもしれません。

 

コラーゲンの効果的な摂取方法


それでは、コラーゲンの効果的な摂取方法について見ていきましょう。

コラーゲンを内側から補給しよう

まずはコラーゲンを内側から補う方法です。

食事

コラーゲンを補給するために、コラーゲンを含む食べ物を食べよう、とはよく言われることです。

しかし、実際はコラーゲンそのものを食べても、体内でコラーゲンに変わることはほぼ望めません。

コラーゲンは胃腸でアミノ酸に分解され、皮膚や筋肉などに変わってしまうからです。

サプリメントやドリンク

食べ物のほかに、サプリメントやドリンクを利用する方法があります。

コラーゲンが低分子化されていれば、吸収率が高く効果が見込めます。

一度に大量に摂るのではなく、毎日適量を継続して飲み続けることが大切です。

なかでもおすすめなのが【FUJIFILM】アスタリフト ドリンクコラーゲン10000
ハリのある毎日をキープするには、コラーゲンを継続して補給しなければなりません。

実はドリンクで簡単に補給できるのです!

コラーゲンのパワーをさらにアップしてくれるオルニチンも配合されているので美人度がアップしますよ!

富士フィルムが独自開発した高純度の低分子コラーゲン「ピュアコラーゲン」は独特の臭みや苦みが少なく、飲みやすいです!

ピーチヨーグルト味なので毎日続けられますね。

コラーゲンはドリンクで手軽に賢く補いましょう!

コラーゲンの生成をうながす化粧品を使う

次に、体の外側からコラーゲンの生成をうながす方法を見ていきましょう。

コラーゲン入りの化粧品を直接使っても浸透率が悪いため、体内の生成を助ける化粧品を使うほうが効果が見込めます。

ビタミンC誘導体

ニキビや毛穴の開き、美白効果などで人気のビタミンC誘導体は、繊維芽細胞を活性化させる作用があります。

コラーゲンやエラスチンがしっかりと働けば、シワの悪化予防や解消に効果的です。

水溶性・油溶性・両性があり、さまざまなタイプの化粧品に配合されています。

レチノール

抗酸化物質でもあるレチノールは、ビタミンAのこと。

繊維芽細胞に働きかけてコラーゲンの生成を助けます。

また、肌のターンオーバーを促す作用もあり、乾燥によるシワの予防にもつながります。

レチノールは油溶性のため、クリームや美容液に配合されます。

ナイアシン

ナイアシンはビタミンB3のことで、コラーゲンの生成を促す作用があります。

シワ対策の化粧品に多く配合される成分のひとつです。

また、強い抗酸化作用があり、活性酸素を抑制して肌の老化を防いでくれます。

水溶性のため、化粧水や水性の美容液に多く配合されます。

その他の成分

その他にも、抗酸化物質と呼ばれる成分はコラーゲン不足に有効です。

代表的なものに

  • カテキン
  • リコピン
  • 甘草エキス
  • アントシアニン

などがあります。

 

コラーゲンによるシワ対策のポイント


最後に、コラーゲンによるシワ対策のポイントについて見ていきましょう。

紫外線予防でコラーゲンを守る

光老化やコラーゲンの消費を抑えるためには、紫外線予防が重要です。

1年を通じて日焼け止めを使うのはもちろん、日傘や帽子でしっかりと対策しましょう。

自己回復タンパク成分を配合した化粧品を使うのもおすすめです。

長期間の継続を目指そう

どんな対策をとるにせよ、コラーゲンは一朝一夕に増えるものではありません。

肌のコラーゲンがすべて入れ替わるには、2年から6年かかるといわれています。

しかし、1ヶ月から2ヶ月も続ければ、肌の弾力やハリのアップ、シワの緩和などは確実に実感できるはず。

諦めずに継続することが大切です。

 

シワ対策にはコラーゲンの上手な摂取が大切


コラーゲンは、黙っていても年齢とともに減っていってしまうもの。

紫外線の予防や毎日の継続などのポイントを押さえつつ、化粧品やサプリメントで上手に補っていくようにしましょう。