今話題のシリカを摂りたいけれど、食事から補うのは大変!

そんなときは、サプリメントを試してみてください。

簡単にシリカを摂ることができますよ。

しかし、サプリメントは過剰摂取が怖いから飲みたくないという方もいるのではないでしょうか。

ここでは、シリカのサプリメントの摂取方法や注意点などをご紹介します。



シリカとは

シリカは体内で合成できないミネラルの一種です。

  • 皮膚

などの健康維持に関わっており、20歳をピークに減少していきます。

そのため、20歳以降はある程度意識的にシリカを摂るようにすることが大切です。

他にも、次のような働きがあります。

コラーゲンの生産を促すコラーゲンは肌の弾力性を司る成分です。
不足すると肌がたるみやすくなるので、いつまでも若々しくありたい方は、シリカを積極的に摂るようにしましょう。

腸内環境を整える

腸内環境には、多くの免疫細胞が集まっているため、腸内環境を整えることで免疫力を高められるのです。
また、腸のぜん動運動を促すことで、便秘の改善効果も期待できます。

二日酔いの予防

アルコールを分解することで、二日酔いを防ぐ効果が期待できます。
二日酔いは、頭痛や倦怠感によって生活の質が低下する原因になります。
翌日の仕事がうまくいくように、寝る前にシリカのサプリメントやミネラルウォーターを飲みましょう。

抗酸化作用

細胞の酸化を防ぐ抗酸化作用があります。
抗酸化作用によって肌がきれいになるだけではなく、がん予防にも効果を発揮するとされています。
ただし、ビタミンCやビタミンE、βカロテンほどの効果は期待できません。

 

シリカの摂取方法

シリカには、

  • 鉱物由来
  • 植物由来

があります。

鉱物由来のシリカには、発がん性が指摘されており、人体の健康を害する恐れがあるといわれているのです。

植物由来のシリカは身体への吸収率が高く、比較的安全性が高いため、サプリメントに使用されています。

シリカは、

  • 玄米
  • 小麦
  • じゃがいも
  • アスパラガス
  • ゴボウ

などに多く含まれています。

これらの食品には、シリカ以外のミネラルも豊富に含まれているので、意識的に摂ることで健康維持に役立つでしょう。



サプリメントから摂取する

シリカを含む食品を摂ることで、他の栄養素も摂ることができます。

そのため、できるだけ食品からシリカを摂ることが大切です。

シリカを多く含む食材が食べられないのであれば、サプリメントを利用しましょう。

シリカを含むサプリメントは各メーカーが販売しています。

サプリメントから摂るのであれば、過剰摂取に注意しましょう。

シリカに関しては、余分な分は尿中に排出されるので、過剰摂取に関して心配はありません。

しかし、シリカ以外の栄養も添加されているサプリメントの場合、その栄養の過剰摂取によって問題が発生する可能性があります。

サプリメントを購入する際には、シリカしか含まれていないものを選びましょう。

シリカのサプリメントの1粒あたりの含有量は、商品によって異なります。

シリカは1日に10~40mg程度消費されるといわれているので、40mgを目安に摂るとよいでしょう。

 

サプリメントを飲むタイミング

どうせサプリメントを飲むのであれば、一番効果が現れやすいときに飲みたいですよね。

結論から言うと、サプリメントを飲む適切なタイミングというものは存在しません

正確には、学者によって主張が異なるため、どのタイミングが一番よいのか結論が出ていないのです。

起床後すぐに飲むことでサプリメントの吸収が高まるという主張と、毎食後に分けて飲むべきという主張があります。

どちらも試してみて、体調がよいと感じる方法で飲むようにしてはいかがでしょうか。

他にもサプリメントを飲んでいる場合は、毎食後に分けて飲むことをおすすめします。

栄養同士で作用し合うことで、身体にとってよくないことが起こることもあるので、朝はシリカ、昼は別のサプリメントという風に飲むと安心ですね。

 

ミネラルウォーターもおすすめ

ミネラルウォーターには、シリカをはじめとするさまざまなミネラルが豊富に含まれています。

1日1リットル飲むだけで、シリカを補うことができるでしょう。

中には、シリカの摂取を目的としたミネラルウォーターもあります。

1リットルあたり90mg以上ものシリカが含まれていることもあるので、美容目的の場合におすすめです。

実は、水道水にもシリカが含まれています。

しかし、水道水をがぶがぶと飲むことはおすすめできません。

  • カルキ
  • 重金属

などが含まれているため、飲み過ぎるとなんらかの症状が現れる可能性があります。

水道水を飲む場合には、浄水器を通すことをおすすめします。

ただし、シリカまで除去してしまうものもあるので注意してくださいね。

自治体によって水道水に含まれてるシリカの量が異なるので、

  • お住まいの地域の水道局
  • 自治体

のホームページを確認しましょう。

ただし、シリカの含有量の検査は義務ではないため、確認できないことの方が多いです。