身体の健康を維持するためには、

  • ミネラル
  • ビタミン
  • タンパク質

などをバランスよく摂る必要があります。

シリカはミネラルの一種です。

積極的に摂ることで、

などの健康維持に繋がるといわれています。

シリカには2種類あり、それぞれ特徴が異なります。

シリカを摂る方法はたくさんありますが、摂り過ぎないよう注意しましょう。

ここでは、シリカの

  • 種類
  • 摂取方法

などについてご紹介します。

シリカとは

シリカは、ケイ素とも呼ばれ、

  • 鉱物由来の結晶性のもの
  • 植物由来の非結晶性のもの

があります。

このうち、安全性が高いのは植物由来の非結晶性のシリカです。

鉱物由来のシリカには、発がん性があるという指摘があります。

また、人体に投与することも認められています。

植物由来のシリカは

  • 吸収性が高い
  • 不要な物質を吸着して体外へ排出させる

という特徴があります。

 

 

シリカは人体に必要不可欠なミネラル

シリカの不足は老化現象に直結するといわれています。

  • 皮膚

などの健康を維持するために、重要な働きをすることがわかっています。

シリカが不足すると、

  • 爪がボロボロになったり
  • 髪質が低下したり

といった問題が発生する可能性があるのです。

また、コラーゲンの生産をサポートすることで、弾力のある肌を作る役割も果たしています。

コラーゲンが不足すると、

  • 肌が乾燥しやすくなったり
  • たるみやすくなったり

します。

また、外的刺激にも弱くなるため、ニキビや肌荒れなどのリスクも高まるのです。

シリカを身体に溜めておく能力は、20歳をピークに低下していきます。

そのため、20歳を超えたら、意識的にシリカを摂取することが大切なのです。

 

 

シリカを含む食品

シリカは、1日に10~40mg程度消費されるといわれています。

そのため、40mgを目安に摂れば、極端に不足する心配はなくなるでしょう。

以下に、シリカを含む食品をご紹介します。

小麦100g中160mgものシリカが含まれています。
小麦は、お好み焼きや焼きそば、うどん、パスタなどさまざまな食品に使用されています。
1日1回はご飯以外の小麦食品を摂るだけで、シリカを十分に補えますよ。

トウモロコシ

100g中20mgのシリカが含まれています。
トウモロコシを大量に摂る日本人は少ないのではないでしょうか。
サラダにトッピングしたり、炊き込みご飯にしたりして摂りましょう。

玄米

100g中5mgのシリカが含まれています。
うどんやパスタを食べなくても、精白米から玄米に変えるだけで、ある程度のシリカを摂ることができます。

精白米

100g中0.5mgのシリカが含まれています。
精白米だけでは、シリカを十分に補うことができません。

じゃがいも

100g中200mgものシリカが含まれています。
じゃがいもは炭水化物の塊なので、食べ過ぎないように注意しましょう。

アスパラガス

100g中18mgのシリカが含まれています。
アスパラガスを100gも摂ることは現実的ではないので、他の食品からも補う必要があるでしょう。

乾燥わかめ

100g中7mgのシリカが含まれています。
100gも食べることは難しいので、補助程度のものと考えておきましょう。

青海苔

100g中62mgのシリカが含まれています。
ご飯にトッピングするなどして、シリカを摂りましょう。
水にも含まれている
シリカは、
  • 水道水
  • ミネラルウォーター

にも含まれています。

水道水に含まれるシリカの量は自治体によって異なります。

計測していないことも多いですが、自治体のホームページで確認できる場合があります。

ミネラルウォーターには、1リットルあたり約10mgのシリカが含まれています。

普段の飲料水をミネラルウォーターに変えるだけで、ある程度のシリカを摂れるでしょう。

また、シリカの摂取を目的としたミネラルウォーターには、1リットルあたり90mg以上ものシリカが含まれていることがあります。

 

シリカの過剰摂取に注意

シリカだけではなく、ミネラルの摂り過ぎは

  • 下痢
  • むくみ
  • 頭痛
  • 吐き気

などの症状を引き起こします。

シリカを多く含む食品やミネラルウォーターには、シリカ以外にもさまざまなミネラルが含まれています。

そのため、シリカを摂り過ぎると結果的に他のミネラルも摂り過ぎてしまうのです。

また、シリカを摂ろうとミネラルウォーターを飲み過ぎないよう注意しましょう。

水を飲み過ぎると、腎臓が不要な水分をろ過しきれなくなり、血液が薄まってしまいます。

血液中のナトリウムが減少することで、低ナトリウム血症が引き起こされて、重篤な症状が引き起こされるのです。

シリカをたくさん摂ろうとするのではなく、シリカを多く含む食材を献立に加える程度にしておきましょう。

シリカの必要量は少ないので、献立を難しく考えることなく摂取できます。

  • じゃがいも
  • アスパラガス
  • トウモロコシ

のいずれかを1日1回食べるだけでも、かなりのシリカを補えるでしょう。

 

まとめ

ミネラルウォーターでシリカを摂り入れる方法がいちばんお手軽です。

お水でオススメなのがウォーターサーバーのキララの水!

キララの水は、日本で一番標高の高い土地から採水しているため、

他の工場や事業所で汚染されていないとてもキレイで安全な水なんです!

定期的に自宅に水が届くのでわざわざ買いに行く必要がありません!

ウォーターサーバーのキララなら、美味しい水で無糖の炭酸水が作れるので、飲む以外にもスキンケアにも使えますよ!

⇒キララ公式サイト