シリカは、生命維持に必要な希少ミネラルの一つです。

実は、水道水にシリカが含まれています

普段から水道水を飲んでいる方は、シリカをある程度摂取できている可能性があるのです。

ここでは、水道水に含まれているシリカの濃度や測定方法をご紹介します。




シリカとは

シリカは、ケイ素とも呼ばれる成分で、

  • 血管
  • 毛髪
  • 細胞壁

などタンパク質があるところに存在しています。

シリカには、

  • 毛髪

の生産を促す働きがあります。

また、

  • 肌の保湿
  • コラーゲンの生産を促す

といった美肌のための効果もあるのです。

肌が乾燥していると外的刺激を受けやすくなるため、

  • ニキビ
  • 肌荒れ

のリスクが高まります。

コラーゲンは肌の弾力を保つものであり、不足すると

  • たるみ
  • しわ

の原因となるのです。

シリカを蓄える能力は、20歳をピークに低下していくといわれています。

そのため、意識的にシリカを摂取することが大切です。

老化現象に大きく関わっているという説もあるので、いつまでも若々しい見た目でありたい場合は、シリカの摂取を心がけましょう。

 

 

シリカを含む食品

シリカは加齢とともに減少するため、積極的に外部から補うことが大切です。

シリカは、

  • ゴボウ
  • 昆布
  • ワカメの茎
  • アサリ
  • 大豆

などに多く含まれています。

この中でも、ワカメの茎には100g中4.8gものシリカが含まれているのですが、シリカの1日の摂取量の目安は約10gであるため、ワカメの茎だけでも200g食べなければ補えません。

しかしながら、これだけのシリカを十分に摂取する必要はないと言えます。

シリカが大きく不足するとさまざまな問題が起こり得ますが、上に挙げた食品をバランスよく摂っていれば、極端な症状が出る心配は少ないでしょう。

毎食、ゴボウを使った総菜を献立に加えたり、納豆を食べるようにすることをおすすめします。

ただし、シリカにはカルシウムの吸収をサポートする働きがあるため、カルシウムをしっかり摂るためにも積極的にシリカを補うようにすることが大切です。

 

 

シリカは水道水にも含まれている

シリカは水道水にも含まれているため、普段から水道水を飲んでいる場合はある程度摂取できていると考えられます。

ただし、シリカの含有量は地域によって異なるため、ほとんどシリカが含まれていない場合もあるのです。

そのため、水道水からシリカを摂れるとは考えない方がよいかもしれません。

地域によっては、水道水に含まれるシリカの濃度が自治体のホームページに記載されていることもありますが、シリカの濃度は任意検査であるため、基本的には記載されていません。

気になる場合は、シリカの濃度を調べる検査キットを購入しましょう。

ただし、検査キットは数千円から数万円程度の値段なので、検査をすることで得られるメリットと値段を比べると、あまり現実的な方法ではありません。




 

水道水の飲みすぎに注意

水道水には、

  • カルキ
  • 微量の重金属

などが含まれています。

多少、飲み過ぎても人体に大きな影響は及ばない水準でありますが、それでも飲み過ぎないことに越したことはありません。

適度に飲む場合であっても、浄水器を使った方がよいでしょう。

浄水器はさまざまなメーカーが販売しており、中にはシリカを除去してしまうものもあります。

シリカを含む希少なミネラルは除去しないタイプの浄水器をおすすめします。

 

 

ミネラルウォーターがおすすめ

シリカを摂りたいのであれば、ミネラルウォーターをおすすめします。

ミネラルウォーターには、

  • カルキ
  • 重金属

などは含まれていません。

放射能など人体に有害と考えられる成分についても、身体に悪影響が及ぶほどではないのです。

ミネラルウォーターには、ミネラルが豊富に含まれています。

飲みすぎは身体を冷やすことになるため、水道水と同様に避けるべきですが、ある程度積極的に飲んでも問題ありません。

ただし、血液が薄まってしまうほどに大量に飲むことのないよう注意してください。

水を飲んで、もういらないと感じたら、飲むのをやめることをおすすめします。

 

水分摂取が大切

シリカを摂ることよりも、十分に水分を摂ることを意識しましょう。

そうすることで、自然にシリカを摂取できます。

水分が不足すると、

  • 便秘になったり
  • 倦怠感がでたり

します。

極度に水分が不足すると、脱水症状を起こし、生命に危険が及ぶ場合もあるのです。

特に、運動をして汗をたくさんかいた後は、しっかりと水分補給してください。

ただし、この場合はミネラルウォーターに

  • 微量の塩
  • 砂糖

を混ぜましょう。

糖質が消費されてエネルギーが作られ、汗によって塩分が排出されます。

つまり、運動をして汗をかいた後は、

  • 糖質
  • 塩分

が不足しているのです。

このような状態で水ばかり飲んでいると、塩分がますます少なくなり、水中毒を起こす恐れがあります。

水中毒は、重症例では死亡するケースもあります。

正しい知識に基づいて、水分補給をしましょう。

シリカを外から摂取することも可能です!