コラーゲンと聞くと「お肌に必要な成分よね」とすぐにピンっと来ますよね。

コラーゲン配合の化粧品やサプリメント、ドリンク、コラーゲンを多く含む食品からコラーゲンそのものを摂取している人も多いことでしょう。

外からの摂取が当たり前のイメージの強いコラーゲンですが、体内で生成されている成分だということを知っていたでしょうか?

今回は体内でのコラーゲン生成のメカニズムを詳しく解説していきます。

 

体内タンパク質の30%を占める!コラーゲンとは


そもそもコラーゲンとはどんな成分なのでしょうか?

お肌には欠かせないもの、それ以外にもわたしたちの体の中で重要な役割を果たしている成分だということが判明しています。

加齢とともに減少する成分の1つ

20~25歳くらいから徐々に減少する成分がコラーゲン。

40歳になると20代の頃と比べて約半分減少する成分です。

なぜ減少するのでしょうか?

それはコラーゲンを生成する線維芽細胞が年齢を重ねるごとに衰えていくからなんです。

また、量が減るのと同時に質も落ちていき、柔軟性に乏しいコラーゲンが残ることとなり、お肌だけでなくコラーゲンを利用している体内パーツで障害が出やすくなってきます。

体内のあらゆる組織に含まれているコラーゲン

皮膚は大きく2層に分かれています。

表皮とその奥にある真皮。

皮膚の大部分を構成している真皮にコラーゲンは70%存在しています。

コラーゲンというとお肌にだけ存在している成分と思われがちですが、実のところコラーゲンは体内を構成しているタンパク質の30%を占め、

  • 関節
  • 髪の毛
  • 筋肉
  • 内臓

など至るところで使われています。

主に細胞と細胞とをつなぎ合わせる働きをしていて、体の中でコラーゲンは重要な役割を担っています。

そうです!

もしコラーゲンがなければ、わたしたち人間の体は成り立たないということなのです。

それだけ必要不可欠な成分だということはわかっていただけるでしょう。

 

原料はアミノ酸!コラーゲン生成のメカニズムを解説


「コラーゲンは体内での生成はできるの?」

そんな疑問を抱いている人も中にはいるのでは?

コラーゲンは外からドリンクなどによって摂取することが多いので、まさか体内で生成されているとは思いもよらないでしょう。

実際コラーゲンは体内での生成ができます。

ここではそのメカニズムについて解説していきます。

コラーゲンはそのまま摂取して生成される?

コラーゲンがたっぷりの豚足や手羽先、うなぎ、魚の煮凝りなどの食品を食べた場合、そのコラーゲンはコラーゲンのまま体内に吸収されるのでしょうか?

答えはNOです。

食品から摂取したときには、コラーゲンが酵素によってゼラチンに変化し、その後コラーゲンペプチドと呼ばれる分子を細かくした状態にされ、吸収率を高めた状態で体内に吸収されるという過程を踏みます。

つまり、コラーゲン食品を食べてもコラーゲンを作る材料になるものの、コラーゲンそのものとして体内吸収されることはないということになります。

タンパク質摂取は必須!原料のアミノ酸を作り出す

コラーゲンとタンパク質、この2つは切っても切り離すことができない関係にあります。

再合成するときに必要になってくるのがタンパク質です。

コラーゲンが生成されるときに原料となるのがアミノ酸。

そのアミノ酸を多く含むのがタンパク質。

しかも

  • リジンと呼ばれる必須アミノ酸
  • プロリンと呼ばれる非必須アミノ酸

を多く含むタンパク質食品でないとコラーゲン生成が上手くいきません。

非必須アミノ酸は体内合成できますが、必須アミノ酸は体内合成ができないため外からの摂取が必要です。

アミノ酸の中でも一番不足しがちになるリジンを多く含む食品には次のようなものがあります。

コラーゲンの生成を促すためにも普段の食事で意識して摂りたいですね。

*リジンを多く含む食品

  • 大豆製品
  • 乳製品

タンパク質が体内で不足しがちになってくると、当然コラーゲン生成に悪影響を及ぼすこととなります。

古く不要になったコラーゲンの分解はおろか、新しいコラーゲンの生成も思うように上手く進みません。

タンパク質の補給、特に必須アミノ酸リジンを多く含む食品の摂取はコラーゲン生成には必須です。

コラーゲン生成に必要不可欠!ビタミンCをプラス

コラーゲン生成にビタミンCは必須の成分。

なぜ必要なのでしょうか?

細胞と細胞との間にある柱のような役割を担っているコラーゲンは、3本のコラーゲン繊維から成り立っています。

ビタミンCはその3本のコラーゲンを三重らせん構造にまとめる大切な役目を果たす存在。

コラーゲンを体内で維持するためにはどうしても必要な成分で、もしビタミンCが不足してしまえば、コラーゲンの維持ができなくなるため、肌荒れが酷くなるなど体に何らかの支障が出てきます。

 

まとめ:コラーゲン生成にはタンパク質×ビタミンCのコンビは必須

コラーゲンが体内生成できること自体、目からうろこだったのではないでしょうか?

体の中でコラーゲンをどんどん作り出したいなら、コラーゲンを多く含む食材を摂ることはもちろん、ビタミンCを多く含む野菜や果物も一緒に摂りましょう。

また、コラーゲンドリンクやサプリメント、コラーゲン配合のゼリーも臨機応変に活用したいですね。

コラーゲンドリンクは手軽に飲めるのでオススメです!

アスタリフト ドリンクコラーゲン10000がオススメ!

ハリのある毎日をキープするには、コラーゲンを継続して補給しなければなりません。

実はドリンクで簡単に補給できるのです!

コラーゲンのパワーをさらにアップしてくれるオルニチンも配合されているので美人度がアップしますよ!

富士フィルムが独自開発した高純度の低分子コラーゲン「ピュアコラーゲン」は独特の臭みや苦みが少なく、飲みやすいです!

ピーチヨーグルト味なので毎日続けられますね。

コラーゲンはドリンクで手軽に賢く補いましょう!

⇒アスタリフト公式サイト

アスコラ