筋肥大と体脂肪の減少両方をどうにかしていきたいと思っている人は意外と多いです。

やはり筋肉と体脂肪の関係というのは深いものがあります。

ここではそんな筋肉と体脂肪の関係を紹介しながら、筋肥大と体脂肪の減少の両立についてお伝えします。

 

筋肥大を先に行なうことがおすすめ


筋肥大と体脂肪の減少を同時に行なうのはとても難しく

  • 栄養学的な知識
  • 専門的なトレーニング内容
  • 自己管理能力

が必要とされます。

これは適切な環境が整っていないと非常に難しく、一般の人が行なうことはほぼ無理と考えることもできます。

しかし、一定の条件を揃えていくことができれば、一般の人でも十分可能になりえるのです。

この一定の条件というのは、筋肉を発達させておくことです。

筋肉の発達というのはそのまま脂肪の燃焼につながります。基礎代謝が上がるので、筋肉の発達は同時に消費カロリーを底上げしていくことにもつながります。

しっかりとした筋肉を付ける習慣がついていればいるほど、実は脂肪燃焼はしやすく、ダイエットも成功しやすくなるということは知っておく必要があります。

 

筋肥大を最初に考えておく理由

筋肥大を先に行なうと良い理由は、筋肉をつけていくためには、豊富な栄養がどうしても必要になります。

かりに先に体脂肪の減少を目標にしてしまうと、どうしても炭水化物や脂肪分が不足しがちになり、筋肥大が非常に起こりにくい状況になってしまいます。

カロリーも制限しがちになるので、基本的に筋肉は細くなる傾向にあります。

いくら筋トレをしたとしても、先に筋肥大を引き起こしていないので、運動による消費カロリーも小さくなり、基礎代謝も筋肥大を起こしている時より、低くなります。

そして何より、体脂肪を落としてから筋肥大を目指すというのは非常に効率が悪いです。

結局のところ筋肥大を目指していくと栄養を豊富に摂取をしていくので、いくら激しい運動をしたとしても、体脂肪は蓄積されます。

せっかく体脂肪を極限まで削ったとしても、筋肥大の過程の中で脂肪はついていきます。

先に筋肥大を行なっておけば、筋肥大に必要な栄養を補給し、実際に目で見える形にしてから、体脂肪を落としていくということができます。

この際筋肉を落としてしまわないように栄養補給をしながら、余分な脂肪を蓄積させていかないようトレーニングをしていくことになります。

筋肥大と体脂肪の減少であれば、筋肥大のほうがずっと難易度は高いです。

体脂肪を落とすために栄養を制限した状態から、筋肥大を目指すというのは通常よりずっと難しく、そして効率はあまり良くないと考えておいてください。

 

 

筋肥大を引き起こし、脂肪を削るスタイルは無駄がない


筋肥大を先に引き起こし、身体的な能力を上げておくと、新陳代謝が良くなり、基礎代謝があがるため痩せやすい体にしていくことができます。

多少栄養過多になってしまったとしても、しっかりとトレーニングをしていくことで、栄養過多は「筋力アップ、筋力維持」につながるメリットとなります。

脂肪を先に落としておく場合、脂肪を蓄積させないように注意しながら、筋肥大を目指すのはとても困難な状況に陥るため、栄養面で筋肥大に至るような効率的な補給をすることがしにくくなります。

筋肥大が起こるまで、このような状態を続けなければいけません。

言ってしまえば取り過ぎた栄養を一時的な運動で解消していくか、栄養を取り過ぎないよう我慢しながら、長期的に運動をしていくか・・・という違いになります。

後者のほうがずっと身体的、精神的ストレスは大きくなります。

筋肥大にもつながりにくいのでなおさらです。

それゆえに、筋肥大→脂肪の現象のほうが、心身ともに無駄がないことになります。

 

筋肥大から脂肪減少で辛い点がないということではない

脂肪減少も筋肥大も、どちらもセルフコントロールしていく強い気持ちが必要です。

どちらも楽ではありません。

筋肥大を先にやっておいたほうが、脂肪減少を先に行なうより楽というだけであり、大前提として一定の忍耐力は当然必要です。

筋肥大から脂肪減少をしていこうとする際に、辛い点が少なくとも1つだけあります。

それは、筋肥大を促していたころの食欲が、脂肪減少を考える段階にもしっかり残っているということです。

この点に関してはしっかりと制御をしておかないと、ついついカロリー過多になってしまい、体脂肪を減らすことが難しくなってしまいます。

激しいトレーニングをするから良いと考えていると、筋肥大はできても、体脂肪減少はなかなか難しくなります。