飲むと様々な健康・美容の効果がある炭酸水

その効果はタイミングで変わるのです!

特に食前に飲めばダイエットや新陳代謝の改善に効果大なのです!

 

食前に炭酸水を飲む効果あれこれ

炭酸水を食前に飲む大きなメリットはダイエット効果なのですが、それだけではありません。
他にも色々な効果があるのです!

 

ダイエットの効果として

炭酸水自体には痩せる効果はないのですが、
食前に飲むことで炭酸でお腹が膨れて、食べ過ぎを防ぐことができます。

また、間食がわりに炭酸水を飲めば、カロリーを抑えて空腹を紛らわせられます。

 

胃もたれも改善しちゃう!

炭酸水は胃もたれの改善効果もあります。

これは、炭酸が胃の粘膜を刺激して胃液の分泌を活発化するから。
油っこい食事やお酒の前に飲んでいけば、胃もたれ防止になるのです。

 

新陳代謝がアップ!

炭酸水を飲むと血中の二酸化炭素濃度が高まって酸素が不足します。

すると体内で血管を拡張させようとして酸素や血液、栄養分が体内に行き渡り、
新陳代謝がアップします。

代謝があがると脂肪燃焼効果も高まり、痩せやすい体を作ることができるのです。
さらに冷え性やむくみの改善、肌荒れや肩こりの改善にも効果的です。

 

便通にも影響が…!

特に便秘に悩んでいる人は、食前に炭酸水を飲むことで胃腸が刺激され、
ぜん腸運動が促されます。

炭酸水に含まれるマグネシウムなどのミネラルは便秘解消に効果的で、
下腹がポッコリしているような人には効果です。

 

吸収も高めてくれるし!

食前に薬やサプリを飲むなら炭酸水を使うのがオススメ。

炭酸水は胃腸の働きを整えて吸収を高めてくれます。

 

炭酸水を飲む時のポイントとして…

様々な効果のある炭酸水ですが、飲み方にいくつかのポイントがあります。

 

ダイエットなら食前、食事中が基本

ダイエットが目的の場合は、食前に飲むのが最も効果的。

食事前10分から30分の間に飲みましょう。
この時には、一気に飲み干さずに、ゆっくり時間をかけて飲むようにします。

慣れないうちは夕飯前のみ、昼食前のみなどから始めて、
徐々に回数を増やしていきます。
また、食事中の飲み物を炭酸水に変えるとさらに効果的です。

 

1回に飲む量の目安は300ml~500ml

炭酸水は胃腸を刺激するので、
100mlや200ml程度では逆に食欲を増進させてしまいます。

かといって一度に大量に飲むとお腹を壊すことも…。

1回の量は300ml~500mlが適正です。
また、1日に飲む量は2リットルまでにしておきましょう。

 

オススメは無糖タイプ

炭酸水は砂糖が入った“ソーダ”などとは違います。

容器に表示されている内容を確認して、糖分ゼロのものを選びましょう。

 

常温で飲もう!

炭酸水をキンキンに冷やして飲みたいのも解りますが、
冷たいと血流を悪くして内臓を冷やしてしまいます。

常温か温めて飲むほうが、体への負担が少なくて済むので覚えておきましょう。

 

炭酸水を美味しく飲むためのアレンジ

そのままでは味気がない炭酸水は、飽きてしまうことも多いはず。

そこで、少し手を加えてアレンジしてみましょう。
ただし、砂糖やはちみつの使いすぎには注意です!

◆レモンスカッシュ

炭酸水にレモン汁とはちみつを入れてスッキリとした味わいに!
疲労回復効果も高まります。

◆ジンジャーエール

すり下ろしショウガとレモン汁、砂糖を少量加えます。
ショウガは温めると保温作用が高まるので、ホットで飲むとさらに効果的。

◆紅茶ソーダ

濃いめに煮出した紅茶を炭酸水で割ります。
レモンやミルク、スパイスでのアレンジもオススメ。

◆梅干しソーダ

はちみつ梅を浮かべるか、梅干しを潰して一緒に飲みます。
夏バテ予防にはピッタリ。

◆グレープフルーツソーダ

グレープフルーツの果肉を絞り器で絞って炭酸水に入れます。
爽やかな風味がポイント。

◆レッドアイソーダ

炭酸水とトマトジュースを1対1で割るとレッドアイ風のドリンクに。
トマトはアンチエイジング効果があり美容にも最適です。

 

食前に炭酸水を飲んでダイエットに役立てよう!


炭酸水を食前に飲むとダイエットには大きな効果があります。

炭酸水を飲んで食べ過ぎを防ぎ、血行と新陳代謝がよくなることで
エネルギー消費効果も高まるのです。

飲み方のポイントと色々なアレンジで、楽しく炭酸水ダイエットをしましょう!